Wgetの基本的な使い方など(ユーザーエージェントの設定・POSTデータの送信)

wgetはネットからファイルを取得したりするコマンドで、http、https(SSL)、ftpが使えます。
ライセンスはGNU GPL バージョン 3(1.11以降)のフリーソフトウェアで、自由に変更、再配布ができまが、無保証です。
1.13以降はOpenSSLのライセンスが絡んでいます。
初期はGeturlという名称です。

[参考記事] WgetがFTPでダウンロードできない場合
[参考記事] WgetがSSLでダウンロードできない場合
[参考記事] wgetが遅い場合の対処法

インストール
設定ファイル
wgetの基本的な使い方
HTTPのリクエストヘッダー
ユーザーエージェントを変更するには
リファラの設定するには
Basic認証を使用するには
POSTメソッドを利用するには
POSTメソッドでファイルを送信するには
HTTP/1.1を使用するには
Proxyを使用するには
ダウンロードしたファイル名を変更するには
wgetのライセンス情報など
wgetのヘルプ

スポンサーリンク

インストール

yumなら

# yum -y install wget

apt-getなら

# apt-get install wget

ソースからインストールするなら
http://ftp.gnu.org/gnu/wget/wget-1.15.tar.gz
から取得して

# tar zxvf wget-1.15.tar.gz
# cd wget-1.15
# ./configure
# make
# make install

設定ファイル

サーバ全体の設定は

/etc/wgetrc

ユーザごとの個別の設定は

~/.wgetrc

wgetの基本的な使い方

$ wget http://www.example.com/index.html

とすると、カレントディレクトリにindex.htmlというファイルがダウンロードされます。
ほとんどの場合、これだけ知っていれば事足ります。

HTTPのリクエストヘッダー

wgetでのリクエストヘッダーは次のようになっています。

GET / HTTP/1.0
User-Agent: Wget/1.12 (linux-gnu)
Accept: */*
Host: example.com
Connection: Keep-Alive

Apacheのアクセスログには次のように表示されます。

xxx.xxx.xxx.xxx - - [26/Jul/2014:00:23:38 +0900] "GET / HTTP/1.0" 200 9802 0 "-" "Wget/1.12 (linux-gnu)"

ユーザーエージェントを変更するには

$ wget  --user-agent="hogehogeagent" http://example.com/

リファラの設定するには

$ wget --referer="http://example.com/example.html" http://example.com/

Basic認証を使用するには

$ wget --http-user="userName" --http-passwd="password" http://example.com/

POSTメソッドを利用するには

$ wget --post-data="val1=hoge&val2=hogehoge" http://example.com/

name属性名と値を『 = 』で結び、複数ある場合は『 & 』でさらに結びます。
値に『 & 』が含まれる場合は『 %26 』、『 = 』が含まれる場合は『 %3d 』でエスケープします。

POSTメソッドでファイルを送信するには

$ wget --post-file=【ファイルのパス】 http://example.com/

HTTP/1.1を使用するには

バージョン1.13からHTTP/1.1に対応しています。
(バージョン1.12以下はHTTP/1.0です。)
HTTP/1.0でも拡張ヘッダーでHostがつくのでネームベースのバーチャルホストでも問題なく使用できます。

バージョン1.13以降のリクエストヘッダーは次のようになります。

GET / HTTP/1.1
User-Agent: Wget/1.13.4 (mingw32)
Accept: */*
Host: example.com
Connection: Keep-Alive

Proxyを使用するには

/etc/wgetrc にProxyの設定を書きます。

http_proxy = http://xxx.xxx.xxx.xxx:port/
ftp_proxy = http://xxx.xxx.xxx.xxx:port/
https_proxy = http://xxx.xxx.xxx.xxx:port/

逆にプロキシを経由したくない場合には

$ wget --no-proxy http://example.com/

ダウンロードしたファイル名を変更するには

『-O』オプションで指定できます。

$ wget -O test http://example.com/

wgetのライセンス情報など

$ wget --version
GNU Wget 1.12 built on linux-gnu.

+digest +ipv6 +nls +ntlm +opie +md5/openssl +https -gnutls +openssl 
-iri 

Wgetrc: 
    /etc/wgetrc (system)
ロケール: /usr/share/locale 
コンパイル: gcc -DHAVE_CONFIG_H -DSYSTEM_WGETRC="/etc/wgetrc" 
    -DLOCALEDIR="/usr/share/locale" -I. -I../lib -O2 -g -pipe -Wall 
    -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector 
    --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic -fno-strict-aliasing 
リンク: gcc -O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions 
    -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic 
    -fno-strict-aliasing -Wl,-z,relro -lssl -lcrypto 
    /usr/lib64/libssl.so /usr/lib64/libcrypto.so -ldl -lrt ftp-opie.o 
    openssl.o http-ntlm.o gen-md5.o ../lib/libgnu.a 

Copyright (C) 2009 Free Software Foundation, Inc.
ライセンス GPLv3+: GNU GPL バージョン 3 あるいはそれ以降のバージョン
.
このソフトウェアはフリーソフトウェアです。自由に変更、再配布ができます。
法律が許すかぎり、全くの無保証です。

wgetのヘルプ

$ wget -h
GNU Wget 1.12, 非対話的ネットワーク転送ソフト
使い方: wget [オプション]... [URL]...

長いオプションで不可欠な引数は短いオプションでも不可欠です。

スタートアップ:
  -V,  --version           バージョン情報を表示して終了する
  -h,  --help              このヘルプを表示する
  -b,  --background        スタート後にバックグラウンドに移行する
  -e,  --execute=COMMAND   `.wgetrc'形式のコマンドを実行する

ログと入力ファイル:
  -o,  --output-file=FILE    ログを FILE に出力する
  -a,  --append-output=FILE  メッセージを FILE に追記する
  -d,  --debug               デバッグ情報を表示する
  -q,  --quiet               何も出力しない
  -v,  --verbose             冗長な出力をする (デフォルト)
  -nv, --no-verbose          冗長ではなくする
  -i,  --input-file=FILE     FILE の中に指定された URL をダウンロードする
  -F,  --force-html          入力ファイルを HTML として扱う
  -B,  --base=URL            HTML で入力されたファイル(-i -F)のリンクを
                             指定した URL の相対 URL として扱う

ダウンロード:
  -t,  --tries=NUMBER            リトライ回数の上限を指定 (0 は無制限).
       --retry-connrefused       接続を拒否されてもリトライする
  -O,  --output-document=FILE    FILE に文書を書きこむ
  -nc, --no-clobber              存在しているファイルをダウンロードで上書きしない
  -c,  --continue                部分的にダウンロードしたファイルの続きから始める
       --progress=TYPE           進行表示ゲージの種類を TYPE に指定する
  -N,  --timestamping            ローカルにあるファイルよりも新しいファイルだけ取得する
  -S,  --server-response         サーバの応答を表示する
       --spider                  何もダウンロードしない
  -T,  --timeout=SECONDS         全てのタイムアウトを SECONDS 秒に設定する
       --dns-timeout=SECS        DNS 問い合わせのタイムアウトを SECS 秒に設定する
       --connect-timeout=SECS    接続タイムアウトを SECS 秒に設定する
       --read-timeout=SECS       読み込みタイムアウトを SECS 秒に設定する
  -w,  --wait=SECONDS            ダウンロード毎に SECONDS 秒待つ
       --waitretry=SECONDS       リトライ毎に 1?SECONDS 秒待つ
       --random-wait             ダウンロード毎に 0?2*WAIT 秒待つ
       --no-proxy                プロクシを使わない
  -Q,  --quota=NUMBER            ダウンロードするバイト数の上限を指定する
       --bind-address=ADDRESS    ローカルアドレスとして ADDRESS (ホスト名か IP) を使う
       --limit-rate=RATE         ダウンロード速度を RATE に制限する
       --no-dns-cache            DNS の問い合わせ結果をキャッシュしない
       --restrict-file-names=OS  OS が許しているファイル名に制限する
       --ignore-case             ファイル名/ディレクトリ名の比較で大文字小文字を無視する
  -4,  --inet4-only              IPv4 だけを使う
  -6,  --inet6-only              IPv6 だけを使う
       --prefer-family=FAMILY    指定したファミリ(IPv6, IPv4, none)で最初に接続する
       --user=USER               ftp, http のユーザ名を指定する
       --password=PASS           ftp, http のパスワードを指定する
       --ask-password            パスワードを別途入力する
       --no-iri                  IRI サポートを使わない
       --local-encoding=ENC      指定した ENC を IRI のローカルエンコーディングにする
       --remote-encoding=ENC     指定した ENC をデフォルトのリモートエンコーディングにする

ディレクトリ:
  -nd, --no-directories           ディレクトリを作らない
  -x,  --force-directories        ディレクトリを強制的に作る
  -nH, --no-host-directories      ホスト名のディレクトリを作らない
       --protocol-directories     プロトコル名のディレクトリを作る
  -P,  --directory-prefix=PREFIX  ファイルを PREFIX/ 以下に保存する
       --cut-dirs=NUMBER          リモートディレクトリ名の NUMBER 階層分を無視する

HTTP オプション:
       --http-user=USER        http ユーザ名として USER を使う
       --http-password=PASS    http パスワードとして PASS を使う
       --no-cache              サーバがキャッシュしたデータを許可しない
       --default-page=NAME     デフォルトのページ名を NAME に変更します
                               通常は `index.html' です
  -E,  --adjust-extension        HTML/CSS 文書は適切な拡張子で保存する
       --ignore-length         `Content-Length' ヘッダを無視する
       --header=STRING         送信するヘッダに STRING を追加する
       --max-redirect          ページで許可する最大転送回数
       --proxy-user=USER       プロクシユーザ名として USER を使う
       --proxy-password=PASS   プロクシパスワードとして PASS を使う
       --referer=URL           Referer を URL に設定する
       --save-headers          HTTP のヘッダをファイルに保存する
  -U,  --user-agent=AGENT      User-Agent として Wget/VERSION ではなく AGENT を使う
       --no-http-keep-alive    HTTP の keep-alive (持続的接続) 機能を使わない
       --no-cookies            クッキーを使わない
       --load-cookies=FILE     クッキーを FILE から読みこむ
       --save-cookies=FILE     クッキーを FILE に保存する
       --keep-session-cookies  セッションだけで用いるクッキーを保持する
       --post-data=STRING      POST メソッドを用いて STRING を送信する
       --post-file=FILE        POST メソッドを用いて FILE の中味を送信する
       --content-disposition   Content-Disposition ヘッダがあれば
                               ローカルのファイル名として用いる (実験的)
       --auth-no-challenge     サーバからのチャレンジを待たずに、
                               Basic認証の情報を送信します。

HTTPS (SSL/TLS) オプション:
       --secure-protocol=PR     セキュアプロトコルを選択する (auto, SSLv2, SSLv3, TLSv1)
       --no-check-certificate   サーバ証明書を検証しない
       --certificate=FILE       クライアント証明書として FILE を使う
       --certificate-type=TYPE  クライアント証明書の種類を TYPE (PEM, DER) に設定する
       --private-key=FILE       秘密鍵として FILE を使う
       --private-key-type=TYPE  秘密鍵の種類を TYPE (PEM, DER) に設定する
       --ca-certificate=FILE    CA 証明書として FILE を使う
       --ca-directory=DIR       CA のハッシュリストが保持されているディレクトリを指定する
       --random-file=FILE       SSL PRNG の初期化データに使うファイルを指定する
       --egd-file=FILE          EGD ソケットとして FILE を使う

FTP オプション:
       --ftp-user=USER         ftp ユーザとして USER を使う
       --ftp-password=PASS     ftp パスワードとして PASS を使う
       --no-remove-listing     `.listing' ファイルを削除しない
       --no-glob               FTP ファイル名のグロブを無効にする
       --no-passive-ftp        "passive" 転送モードを使わない
       --retr-symlinks         再帰取得中に、シンボリックリンクでリンクされた先のファイルを取得する

再帰ダウンロード:
  -r,  --recursive          再帰ダウンロードを行う
  -l,  --level=NUMBER       再帰時の階層の最大の深さを NUMBER に設定する (0 で無制限)
       --delete-after       ダウンロード終了後、ダウンロードしたファイルを削除する
  -k,  --convert-links      HTML や CSS 中のリンクをローカルを指すように変更する
  -K,  --backup-converted   リンク変換前のファイルを .orig として保存する
  -m,  --mirror             -N -r -l 0 --no-remove-listing の省略形
  -p,  --page-requisites    HTML を表示するのに必要な全ての画像等も取得する
       --strict-comments    HTML 中のコメントの処理を厳密にする

再帰ダウンロード時のフィルタ:
  -A,  --accept=LIST               ダウンロードする拡張子をコンマ区切りで指定する
  -R,  --reject=LIST               ダウンロードしない拡張子をコンマ区切りで指定する
  -D,  --domains=LIST              ダウンロードするドメインをコンマ区切りで指定する
       --exclude-domains=LIST      ダウンロードしないドメインをコンマ区切りで指定する
       --follow-ftp                HTML 文書中の FTP リンクも取得対象にする
       --follow-tags=LIST          取得対象にするタグ名をコンマ区切りで指定する
       --ignore-tags=LIST          取得対象にしないタグ名をコンマ区切りで指定する
  -H,  --span-hosts                再帰中に別のホストもダウンロード対象にする
  -L,  --relative                  相対リンクだけ取得対象にする
  -I,  --include-directories=LIST  取得対象にするディレクトリを指定する
  --trust-server-names  use the name specified by the redirection url last component.
  -X,  --exclude-directories=LIST  取得対象にしないディレクトリを指定する
  -np, --no-parent                 親ディレクトリを取得対象にしない

関連記事

スポンサーリンク

@mediaで括ったスタイル指定が無効になる

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る