Windowsで音楽CDをmp3形式に変換する方法

音楽CDから吸い出した音声データをWAVEファイルに書き出さずに直接エンコーダーに渡して、 mp3ファイルに直接変換するような作業を「オンザフライ(On the fly)」や「オンザフライ エンコード(On the fly encode)」といいます。

Windowsには標準でWindows Media Playerが入っていますが、バージョン10からMP3ファイルへの変換機能が標準搭載されました。

「取り込み」タブをクリックします。


音楽CDをパソコンのCD-ROMドライブにセットするとトラック情報が表示されます。
この段階では、曲の再生時間の情報が読み込まれるだけで、まだ音声データは取り込まれません。
インターネットへの接続環境があればCDDB機能によりアーティスト、タイトル、曲名などの情報が自動的に受信され以下のように表示されます。
ここで再生が開始された場合は、一旦停止してください。

トラック情報の中から、取り込みたいトラック(mp3ファイルに変換したい曲)を選択します。
各トラックのチェックボックスをクリックして下さい、チェックが入った状態が選択された状態です。
全曲をmp3ファイルに変換したい場合は、リスト一番上のチェックボックスをクリックします。

取り込み後のファイル形式などは、『取り込み』タブの下の▽をクリックし、形式を選ぶと変更することができます。


音質(ビットレート)も形式によっては変更可能です。


ファイルの保存先などの、それ以外の設定については、取り込みタブ以下の『その他のオプション』→『音楽の取り込み』で変更することができます。




「音楽の取り込み」ボタンをクリックすると、取り込みが始まります。


初回のみ『取り込みオプション』が開きます。
「取り込んだ音楽にコピー防止を追加しない」を選択、下の「CDから取り込む音楽が、米国及び・・・」の項目にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

この後に保存先、変換形式を聞かれることがあります。

これでしばらく待っていると、取り込みは完了しますが、終了のメッセージは特に表示されませんし、完了音もなりません。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Ruby on Railsをバージョンを指定してインストールする方法

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る