Mercurialクライアント Eclipseプラグイン(MercurialEclipse)

[参考記事]Eclipse (統合開発環境)
[参考記事]TortoiseHg MercurialのGUIクライアント

Eclipseで分散型バージョン管理システムMercurialを使用するにはMercurialEclipseプラグインをインストールします。
この場合、プラグインの動作に必要なMercurialのバイナリもプラグインとしてインストール可能できます。

このMercurialクライアントプラグインは更新マネージャからインストールすることができます。

Bitbucketでも入手できます。

ヒストリーはこのように見ることができます。

インストール方法

バージョン1.4.1286にはバグがあります。

ヘルプ → ソフトウェア更新 → 検索及びインストール






更新サイトに http://cbes.javaforge.com/update を追加します。
更新サイトに http://www.vectrace.com/eclipse-update/ を追加します。


追加したサイトにチェックが入っていることを確認して、『終了』をクリックします。










プラグインの反映にはEclipseの再起動が必要になります。

コミットエラー

更新マネージャよりインストールしたMercurialクライアントではコミットの際にエラーが出ることがあります。
確認したバージョンは1.4.1286です。

Refresh status..
/ by zero


ゼロで数字を割ろうとしたことによるエラーということです。

このときには古いバージョンのMercurialクライアントをインストールします。

別のバージョンのMercurialクライアントプラグインは削除しておきます。

ダウンロード

com.vectrace.MercurialEclipse_1.3.1125.jar
なりをダウンロードし、eclipseのインストールディレクトリ以下にあるpluginsに保存します。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

PostgreSQLのインストール

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る