Eclipseで『Java heap space』と出て処理が止まるときの対処法

Eclipseで『Java heap space』と出て、SVN(Subversion)などの処理が止まるときにはEclipseのJavaVMに割り当てられているヒープメモリが不足しています。
この場合はJavaVMのヒープメモリの最大値を変更する必要があります。


SVN(Subversion)では、ダウンロードされるファイルなどは一旦ヒープメモリに蓄えられた後にファイルとして保存されるため、ダウンロードファイルより大きなメモリ領域が必要です。

[参考記事] Subclipse Eclipse用のSVNクライアントプラグイン
[参考記事] subclipseの操作をするとEclipseが閉じてしまう
[参考記事] Eclipseの.projectファイルやThumbs.dbをコミットしないようにする設定
[参考記事] Mercurialクライアント Eclipseプラグイン

対処方法

起動コマンドで指定する方法

起動コマンドにJavaVMへの引数オプションを追加します。

-vmargs -Xmx1024M

ショートカットなどだと

C:\eclipse.exe -vmargs -Xmx1024M

のようにします。

eclipse.iniに記述する方法

eclipse.iniに次のものを追記します。

-vmargs
-Xmx1024M

引数の説明

-vmargs

これ以降に書かれるものはJavaVMへの引数として渡されます。
このため最大値の指定などは、この指定以降に書きます。

-Xmx1024M

ヒープメモリ領域の最大値
この場合、1024MB = 1GB
最大値なので、この値全てが常に確保されるわけではありません。

ヒープメモリ領域の最小値は

-Xms40M

のようにして渡します。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

yum パッケージを取得してインストール/アップデートをする

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る