Java標準以外のライブラリ(パッケージ)を読み込む方法 jarファイルを追加する

標準で用意されているAPIなどでは実装が不十分なとき、自分でライブラリを作るということも手段としてありますが、他の人が作成したライブラリを読み込んで使用するという方法もあります。
また自身で作成したライブラリを使いまわすということも可能です。

ライブラリを読み込むには、Eclipseだと次のようにします。
library用に『 lib 』フォルダを作成し、jarファイルを配置します。


プロジェクトのプロパティより『Javaのビルド・パス』内の『ライブラリー』タブを選択し、『Jar追加』ボタンをクリックします。


追加するjarファイルを選択します。


そうするとライブラリの一覧に追加されます。


追加されたライブラリはプロジェクトツリーの中の『参照ライブラリー』で確認することができるようになります。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

vipw passwdファイルを編集する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る