facebook APIを使用する時にfacebook Appsでアプリを登録するまでの流れ

[参考記事] PHPでのfacebookアプリの認証処理(APIを使うユーザー認証)
[参考記事] PHPでfacebookのフィード(ウォール)に投稿する方法
[参考記事] PHPで複数の画像をfacebookに投稿する方法
[参考記事] PHPでfacebook投稿時に公開範囲を指定する方法

facebook APIを使用するには、facebook Appsのサイトからアプリを登録するする必要があります。

facebook developersサイト(開発者向けfacebookサイト)にアクセスします。
https://developers.facebook.com/

上にあるAppsを開きます。


ログインしていなければログインします。


開発者向けサイトのトップは下のようなページです。

スポンサーリンク

Developer登録(開発者登録)

Developer登録をしていなければ、Appsを作ることができないので登録します。


ポリシーに同意して次に進みます。


携帯電話のメールアドレスなどで認証を行います。
このメールは場合によっては届くまでに5分ぐらいかかります。


届いたメールに記載されている確認コードを入力して次に進みます。


開発者の情報を登録します。


これで開発者登録の完了です。

アプリの作成

開発者登録が終わると、開発者サイトのAppsページに『新しいアプリを作成』というボタンができるので、ここからアプリを作成する画面に進みます。
https://developers.facebook.com/apps


アプリの名前などを登録します。


CAPTCHA認証をします。


そうするとアプリが作成されます。


アプリを運用するために必要な情報は、App IDApp Secretです。


アプリを作成した直後はSandbox Modeになっています。
これはテスト用の状態なので、公開運用するときにはSandbox Modeを無効にして公開します。


アプリ管理画面から『アプリをfacebookに統合する方法を選択』からドメインの設定をします。



アプリを公開して、ユーザーがアプリ認証を行うときに次のように出る場合は、アプリ管理画面でのドメインなどの許可設定ができていないか、アプリ認証をするドメインが登録されているURLと異なっています。

指定されたURLは、アプリケーションの設定で許可されていません。指定されたURLの中にアプリの設定で認められないものが含まれています。
ウェブサイトまたはキャンパスのURLと一致しているか、ドメインがアプリのドメインのサブドメインである必要があります。


正しく設定ができていれば、アプリの承認画面が使えるようになります。

関連記事

スポンサーリンク

コマンドプロンプトの文字コードを変える方法

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る