revert

NAME

git-revert - Revert some existing commitsgit-revert - 既存のコミットを元に戻す

SYNOPSIS概要

git revert [--[no-]edit] [-n] [-m parent-number] [-s] [-S[<keyid>]] <commit>…​
git revert --continue
git revert --quit
git revert --abort

DESCRIPTION説明

Given one or more existing commits, revert the changes that the related patches introduce, and record some new commits that record them. This requires your working tree to be clean (no modifications from the HEAD commit).1つ以上の既存のコミットがある場合、関連するパッチによって導入された変更を元に戻し、それらを記録するいくつかの新しいコミットを記録します。これはあなたの作業ツリーがきれいであることを必要とします(HEADコミットからの変更なし)。

Note: git revert is used to record some new commits to reverse the effect of some earlier commits (often only a faulty one). If you want to throw away all uncommitted changes in your working directory, you should see git-reset[1], particularly the --hard option. If you want to extract specific files as they were in another commit, you should see git-checkout[1], specifically the git checkout <commit> -- <filename> syntax. Take care with these alternatives as both will discard uncommitted changes in your working directory.注意:git revertは、いくつかの新しいコミットを記録して、以前のいくつかのコミットの効果を元に戻すために使用されます(多くの場合、欠陥のあるコミットのみ)。作業ディレクトリ内のコミットされていない変更をすべて捨てたい場合は、git-reset [1]、特に--hardオプションを見てください。特定のファイルを別のコミットのときと同じように抽出したい場合は、git-checkout [1]、特にgit checkout <commit> -- <filename>構文を参照してください。どちらも作業ディレクトリ内のコミットされていない変更を破棄するため、これらの代替方法には注意してください。

OPTIONSオプション

<commit>…​ <コミット>…

Commits to revert. For a more complete list of ways to spell commit names, see gitrevisions[7]. Sets of commits can also be given but no traversal is done by default, see git-rev-list[1] and its --no-walk option.元に戻すことをコミットします。コミット名をつづる方法のより完全なリストはgitrevisions [7]を参照してください。コミットのセットも指定できますが、デフォルトではトラバースは行われません。git-rev-list [1]とその--no-walkオプションを参照してください。

-e
--edit - 編集

With this option, git revert will let you edit the commit message prior to committing the revert. This is the default if you run the command from a terminal.このオプションを指定すると、git revert復帰をコミットする前にコミットメッセージを編集させます。端末からコマンドを実行した場合、これがデフォルトになります。

-m parent-number -m親番号
--mainline parent-number - メインラインの親番号

Usually you cannot revert a merge because you do not know which side of the merge should be considered the mainline. This option specifies the parent number (starting from 1) of the mainline and allows revert to reverse the change relative to the specified parent.マージのどちら側をメインラインと見なすべきかわからないため、通常はマージを元に戻すことはできません。このオプションはメインラインの(1から始まる)親番号を指定し、指定された親に対する変更を元に戻すことを可能にします。

Reverting a merge commit declares that you will never want the tree changes brought in by the merge. As a result, later merges will only bring in tree changes introduced by commits that are not ancestors of the previously reverted merge. This may or may not be what you want.マージコミットを元に戻すと、マージによってツリーの変更が反映されることは決してないと宣言されます。その結果、後のマージでは、以前に戻されたマージの先祖ではないコミットによって導入されたツリーの変更のみが反映されます。これはあなたが望むものかもしれません。

See the revert-a-faulty-merge How-To for more details.詳細については、revert-a-faulty-mergeの使い方を参照してください。

--no-edit

With this option, git revert will not start the commit message editor.このオプションを指定すると、git revertはコミットメッセージエディタを起動しません。

-n
--no-commit

Usually the command automatically creates some commits with commit log messages stating which commits were reverted. This flag applies the changes necessary to revert the named commits to your working tree and the index, but does not make the commits. In addition, when this option is used, your index does not have to match the HEAD commit. The revert is done against the beginning state of your index.通常、このコマンドは、どのコミットが元に戻されたかを示すコミットログメッセージを使用して、いくつかのコミットを自動的に作成します。このフラグは、指定したコミットを作業ツリーとインデックスに戻すために必要な変更を適用しますが、コミットはしません。さらに、このオプションを使用すると、インデックスはHEADコミットと一致する必要はありません。元に戻すは、インデックスの最初の状態に対して行われます。

This is useful when reverting more than one commits' effect to your index in a row.これは、複数のコミットの効果を連続してインデックスに戻すときに便利です。

-S[<keyid>] -S [<keyid>]
--gpg-sign[=<keyid>] --gpg-sign [= <keyid>]

GPG-sign commits. The keyid argument is optional and defaults to the committer identity; if specified, it must be stuck to the option without a space.GPG-signがコミットします。keyid引数はコミッターのアイデンティティオプションで、デフォルトです。指定した場合は、スペースなしでオプションに固定する必要があります。

-s
--signoff - サインオフ

Add Signed-off-by line at the end of the commit message. See the signoff option in git-commit[1] for more information.コミットメッセージの最後にサインオフラインを追加します。詳細についてはgit-commit [1]のsignoffオプションを参照してください。

--strategy=<strategy> --strategy = <strategy>

Use the given merge strategy. Should only be used once. See the MERGE STRATEGIES section in git-merge[1] for details.与えられたマージ戦略を使います。一度だけ使用されるべきです。詳細はgit-merge [1]のMERGE STRATEGIESセクションを参照してください。

-X<option> -X <オプション>
--strategy-option=<option> --strategy-option = <オプション>

Pass the merge strategy-specific option through to the merge strategy. See git-merge[1] for details.マージストラテジ固有のオプションをマージストラテジに渡します。詳細はgit-merge [1]を見てください。

SEQUENCER SUBCOMMANDSシーケンササブコマンド

--continue - 持続する

Continue the operation in progress using the information in .git/sequencer. Can be used to continue after resolving conflicts in a failed cherry-pick or revert..git / sequencerの情報を使用して進行中の操作を続行してください。失敗したチェリーピックまたは元に戻すことで競合を解決した後に続行するために使用できます。

--quit - 終了する

Forget about the current operation in progress. Can be used to clear the sequencer state after a failed cherry-pick or revert.進行中の現在の操作を忘れます。チェリーピックまたは復帰に失敗した後にシーケンサーの状態をクリアするために使用できます。

--abort - アボート

Cancel the operation and return to the pre-sequence state.操作をキャンセルしてシーケンス前の状態に戻ります。

EXAMPLES

git revert HEAD~3

Revert the changes specified by the fourth last commit in HEAD and create a new commit with the reverted changes.HEAD内の最後の4番目のコミットで指定された変更を元に戻し、元に戻した変更を使用して新しいコミットを作成します。

git revert -n master~5..master~2

Revert the changes done by commits from the fifth last commit in master (included) to the third last commit in master (included), but do not create any commit with the reverted changes. The revert only modifies the working tree and the index.最後の5番目のコミット(含まれる)から最後の3番目のコミット(含まれる)までのコミットによって行われた変更を元に戻しますが、元に戻された変更を含むコミットを作成しないでください。復帰は作業ツリーとインデックスを変更するだけです。

SEE ALSO関連項目

git-cherry-pick[1]git-cherry-pick [1]

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

1枚のNIC(ネットワークカード)に複数のIPアドレスを設定する方法(Windows)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る