rev-parse

NAME

git-rev-parse - Pick out and massage parametersgit-rev-parse - パラメータの取り出しとマッサージ

SYNOPSIS概要

git rev-parse [<options>] <args>…​

DESCRIPTION説明

Many Git porcelainish commands take mixture of flags (i.e. parameters that begin with a dash -) and parameters meant for the underlying git rev-list command they use internally and flags and parameters for the other commands they use downstream of git rev-list. This command is used to distinguish between them.(ダッシュで始まるすなわちパラメータの多くのGit porcelainishコマンドは、フラグの混合物を取る- )とパラメータは、基礎となるために意味のgit REV-リスト彼らが下流の使用他のコマンドのために内部とフラグとパラメータを使用するコマンドはgit revのリスト。このコマンドはそれらを区別するために使用されます。

OPTIONSオプション

Operation Modes動作モード

Each of these options must appear first on the command line.これらの各オプションは、コマンドラインの先頭になければなりません。

--parseopt

Use git rev-parse in option parsing mode (see PARSEOPT section below).オプション解析モードでgit rev-parseを使用してください(下記のPARSEOPTセクションを参照)。

--sq-quote

Use git rev-parse in shell quoting mode (see SQ-QUOTE section below). In contrast to the --sq option below, this mode does only quoting. Nothing else is done to command input.シェル引用モードでgit rev-parseを使用してください(下記のSQ-QUOTEセクションを参照)。--sq以下のオプションとは対照的に、このモードでは引用符のみが付けられます。コマンド入力に対して他に何もしません。

Options for --parseopt--parseoptのオプション

--keep-dashdash

Only meaningful in --parseopt mode. Tells the option parser to echo out the first -- met instead of skipping it.--parseoptモードでのみ意味があります。--スキップするのではなく、最初のmet をエコーアウトするようにオプションパーサーに指示します。

--stop-at-non-option

Only meaningful in --parseopt mode. Lets the option parser stop at the first non-option argument. This can be used to parse sub-commands that take options themselves.--parseoptモードでのみ意味があります。オプションパーサーを最初の非オプション引数で停止させます。これはオプション自身を取るサブコマンドを解析するために使用することができます。

--stuck-long - 立ち往生

Only meaningful in --parseopt mode. Output the options in their long form if available, and with their arguments stuck.--parseoptモードでのみ意味があります。利用可能であれば、引数を付けずにオプションを長い形式で出力します。

Options for Filteringフィルタリングのオプション

--revs-only

Do not output flags and parameters not meant for git rev-list command.git rev-listコマンド以外のフラグやパラメータを出力しないでください。

--no-revs

Do not output flags and parameters meant for git rev-list command.git rev-listコマンド用のフラグやパラメータを出力しません。

--flags - フラグ

Do not output non-flag parameters.フラグ以外のパラメータを出力しません。

--no-flags

Do not output flag parameters.フラグパラメータを出力しません。

Options for Output出力オプション

--default <arg>

If there is no parameter given by the user, use <arg> instead.ユーザーが指定したパラメータがない場合は、<arg>代わりにを使用してください。

--prefix <arg>

Behave as if git rev-parse was invoked from the <arg> subdirectory of the working tree. Any relative filenames are resolved as if they are prefixed by <arg> and will be printed in that form.git rev-parse<arg>作業ツリーのサブディレクトリから起動されたかのように振る舞います。相対ファイル名は接頭辞が付いたものとして解決<arg>され、その形式で出力されます。

This can be used to convert arguments to a command run in a subdirectory so that they can still be used after moving to the top-level of the repository. For example:これは、引数をサブディレクトリで実行されるコマンドに変換して、リポジトリの最上位レベルに移動した後でも使用できるようにするために使用できます。例えば:

prefix=$(git rev-parse --show-prefix)
cd "$(git rev-parse --show-toplevel)"
# rev-parse provides the -- needed for 'set'
eval "set $(git rev-parse --sq --prefix "$prefix" -- "$@")"
--verify - 確認する

Verify that exactly one parameter is provided, and that it can be turned into a raw 20-byte SHA-1 that can be used to access the object database. If so, emit it to the standard output; otherwise, error out.正確に1つのパラメーターが指定されていること、およびそれをオブジェクト・データベースへのアクセスに使用できる生の20バイトのSHA-1に変換できることを確認してください。もしそうなら、それを標準出力に出力します。そうでなければ、エラーになります。

If you want to make sure that the output actually names an object in your object database and/or can be used as a specific type of object you require, you can add the ^{type} peeling operator to the parameter. For example, git rev-parse "$VAR^{commit}" will make sure $VAR names an existing object that is a commit-ish (i.e. a commit, or an annotated tag that points at a commit). To make sure that $VAR names an existing object of any type, git rev-parse "$VAR^{object}" can be used.出力が実際にオブジェクトデータベース内のオブジェクトを指定していること、および/または必要な特定の種類のオブジェクトとして使用できることを確認したい場合は^{type}、パラメータにピーリング演算子を追加できます。たとえば、コミットに似た既存のオブジェクト(つまり、コミット、またはコミットを指す注釈付きタグ)git rev-parse "$VAR^{commit}"を確実に指定し$VARます。$VAR名前が既存のオブジェクトであることを確認するために、git rev-parse "$VAR^{object}"を使用できます。

-q
--quiet - 静か

Only meaningful in --verify mode. Do not output an error message if the first argument is not a valid object name; instead exit with non-zero status silently. SHA-1s for valid object names are printed to stdout on success.--verifyモードでのみ意味があります。最初の引数が有効なオブジェクト名でない場合はエラーメッセージを出力しません。代わりに、ゼロ以外のステータスで黙って終了します。有効なオブジェクト名のSHA-1は成功すると標準出力に出力されます。

--sq

Usually the output is made one line per flag and parameter. This option makes output a single line, properly quoted for consumption by shell. Useful when you expect your parameter to contain whitespaces and newlines (e.g. when using pickaxe -S with git diff-*). In contrast to the --sq-quote option, the command input is still interpreted as usual.通常、出力はフラグとパラメータごとに1行になります。このオプションは、シェルによる消費のために適切に引用された、出力を単一行にします。パラメータに空白や改行が含まれると予想される場合(たとえば、git diff- *-Sと共にpickaxe を使用する場合)に便利です。--sq-quoteオプションとは対照的に、コマンド入力は依然として通常通りに解釈されます。

--short[=length] --short [= length]

Same as --verify but shortens the object name to a unique prefix with at least length characters. The minimum length is 4, the default is the effective value of the core.abbrev configuration variable (see git-config[1]).と同じ--verifyですが、オブジェクト名を、少なくともlength文字を含む固有の接頭部に短縮します。最小の長さは4です、デフォルトはcore.abbrev設定変数の有効値です(git-config [1]を参照)。

--not - じゃない

When showing object names, prefix them with ^ and strip ^ prefix from the object names that already have one.オブジェクト名を表示するときは、それらの前に^を付けて、すでにあるオブジェクト名の前に^を付けます。

--abbrev-ref[=(strict|loose)] --abbrev-ref [=(strict | loose)]

A non-ambiguous short name of the objects name. The option core.warnAmbiguousRefs is used to select the strict abbreviation mode.オブジェクト名のあいまいさのない短い名前。オプションcore.warnAmbiguousRefsは、厳密な省略形モードを選択するために使用されます。

--symbolic - シンボリック

Usually the object names are output in SHA-1 form (with possible ^ prefix); this option makes them output in a form as close to the original input as possible.通常、オブジェクト名はSHA-1形式(^接頭辞を付けて)で出力されます。このオプションは、できるだけ元の入力に近い形式で出力するようにします。

--symbolic-full-name

This is similar to --symbolic, but it omits input that are not refs (i.e. branch or tag names; or more explicitly disambiguating "heads/master" form, when you want to name the "master" branch when there is an unfortunately named tag "master"), and show them as full refnames (e.g. "refs/heads/master").これは--symbolicに似ていますが、参照ではない入力(ブランチ名やタグ名、あるいは残念ながら名前が "master"になっている場合は "head / master"形式を明確にする)を省略します。 "master"タグを付け、それらを完全なrefnameとして表示します(例: "refs / heads / master")。

Options for Objectsオブジェクトのオプション

--all - すべて

Show all refs found in refs/.で見つかったすべての文献を表示しrefs/ます。

--branches[=pattern] --branches [= pattern]
--tags[=pattern] --tags [= pattern]
--remotes[=pattern] --remotes [=パターン]

Show all branches, tags, or remote-tracking branches, respectively (i.e., refs found in refs/heads, refs/tags, or refs/remotes, respectively).(すなわち、参照文献がで見つかった、それぞれ、すべてのブランチ、タグ、またはリモート追跡ブランチを表示refs/headsrefs/tagsまたはrefs/remotesそれぞれ)。

If a pattern is given, only refs matching the given shell glob are shown. If the pattern does not contain a globbing character (?, *, or [), it is turned into a prefix match by appending /*.a patternが与えられると、与えられたシェルグロブにマッチする参照だけが表示されます。パターンはグロブ文字が含まれていない場合は(?*、または[)、それを追加することによって、プレフィックス一致になっています/*

--glob=pattern --glob = pattern

Show all refs matching the shell glob pattern pattern. If the pattern does not start with refs/, this is automatically prepended. If the pattern does not contain a globbing character (?, *, or [), it is turned into a prefix match by appending /*.シェルのglobパターンに一致するすべての参照を表示しますpattern。パターンがで始まらない場合はrefs/、これが自動的に追加されます。パターンはグロブ文字が含まれていない場合は(?*、または[)、それを追加することによって、プレフィックス一致になっています/*

--exclude=<glob-pattern> --exclude = <グローバルパターン>

Do not include refs matching <glob-pattern> that the next --all, --branches, --tags, --remotes, or --glob would otherwise consider. Repetitions of this option accumulate exclusion patterns up to the next --all, --branches, --tags, --remotes, or --glob option (other options or arguments do not clear accumulated patterns).一致REFS含めないでください<グロブパターン>次のことを--all--branches--tags--remotes、または--globそれ以外の場合は検討します。次回まで、このオプションは累積除外パターンの繰り返し--all--branches--tags--remotes、または--globオプション(他のオプションや引数蓄積パターンをクリアしないでください)。

The patterns given should not begin with refs/heads, refs/tags, or refs/remotes when applied to --branches, --tags, or --remotes, respectively, and they must begin with refs/ when applied to --glob or --all. If a trailing /* is intended, it must be given explicitly.始めるべきではない与えられたパターンはrefs/headsrefs/tags、またはrefs/remotesに適用された場合--branches--tagsまたは--remotes、それぞれ、と彼らはで始まる必要がありますrefs/に適用されたとき--glob--all。末尾の/ *を意図している場合は、明示的に指定する必要があります。

--disambiguate=<prefix> --disambiguate = <prefix>

Show every object whose name begins with the given prefix. The <prefix> must be at least 4 hexadecimal digits long to avoid listing each and every object in the repository by mistake.与えられた接頭辞で名前が始まるすべてのオブジェクトを表示します。<prefix>は、リポジトリ内のすべてのオブジェクトを誤ってリストしないようにするために、少なくとも4桁の16進数でなければなりません。

Options for Filesファイルのオプション

--local-env-vars

List the GIT_* environment variables that are local to the repository (e.g. GIT_DIR or GIT_WORK_TREE, but not GIT_EDITOR). Only the names of the variables are listed, not their value, even if they are set.リポジトリに対してローカルなGIT_ *環境変数をリストします(GIT_DIRまたはGIT_WORK_TREE、ただしGIT_EDITORは含みません)。設定されていても、変数の名前だけが表示され、値は表示されません。

--git-dir

Show $GIT_DIR if defined. Otherwise show the path to the .git directory. The path shown, when relative, is relative to the current working directory.$GIT_DIR定義されていれば表示します。それ以外の場合は、.gitディレクトリへのパスを表示します。相対パスの場合、表示されているパスは現在の作業ディレクトリからの相対パスです。

If $GIT_DIR is not defined and the current directory is not detected to lie in a Git repository or work tree print a message to stderr and exit with nonzero status.$GIT_DIRが定義されておらず、現在のディレクトリがGitリポジトリまたはワークツリーにあることが検出されない場合は、メッセージをstderrに出力し、ゼロ以外のステータスで終了します。

--absolute-git-dir

Like --git-dir, but its output is always the canonicalized absolute path.に似て--git-dirいますが、その出力は常に正規化された絶対パスです。

--git-common-dir

Show $GIT_COMMON_DIR if defined, else $GIT_DIR.$GIT_COMMON_DIR定義されていれば表示し、そうでなければ表示します$GIT_DIR

--is-inside-git-dir

When the current working directory is below the repository directory print "true", otherwise "false".現在の作業ディレクトリがリポジトリディレクトリの下にある場合は "true"、それ以外の場合は "false"を出力します。

--is-inside-work-tree

When the current working directory is inside the work tree of the repository print "true", otherwise "false".現在の作業ディレクトリがリポジトリの作業ツリー内にある場合は "true"、それ以外の場合は "false"を出力します。

--is-bare-repository

When the repository is bare print "true", otherwise "false".リポジトリが裸で印刷されている場合は "true"、それ以外の場合は "false"。

--is-shallow-repository

When the repository is shallow print "true", otherwise "false".リポジトリが浅い場合は "true"、それ以外の場合は "false"。

--resolve-git-dir <path> --resolve-git-dir <パス>

Check if <path> is a valid repository or a gitfile that points at a valid repository, and print the location of the repository. If <path> is a gitfile then the resolved path to the real repository is printed.<path>が有効なリポジトリまたは有効なリポジトリを指すgitfileであるかどうかを確認し、そのリポジトリの場所を印刷します。<path>がgitfileの場合、実際のリポジトリへの解決されたパスが表示されます。

--git-path <path> --git-path <パス>

Resolve "$GIT_DIR/<path>" and takes other path relocation variables such as $GIT_OBJECT_DIRECTORY, $GIT_INDEX_FILE…​ into account. For example, if $GIT_OBJECT_DIRECTORY is set to /foo/bar then "git rev-parse --git-path objects/abc" returns /foo/bar/abc."$ GIT_DIR / <path>"を解決し、$ GIT_OBJECT_DIRECTORY、$ GIT_INDEX_FILEなどの他のパス再配置変数を考慮に入れます。たとえば、$ GIT_OBJECT_DIRECTORYが/ foo / barに設定されている場合、 "git rev-parse --git-path objects / abc"は/ foo / bar / abcを返します。

--show-cdup

When the command is invoked from a subdirectory, show the path of the top-level directory relative to the current directory (typically a sequence of "../", or an empty string).コマンドがサブディレクトリから呼び出されたときは、現在のディレクトリを基準とした最上位ディレクトリのパスを表示します(通常は "../"のシーケンス、または空の文字列)。

--show-prefix

When the command is invoked from a subdirectory, show the path of the current directory relative to the top-level directory.コマンドがサブディレクトリから呼び出されたときは、最上位ディレクトリを基準とした現在のディレクトリのパスを表示します。

--show-toplevel

Show the absolute path of the top-level directory.最上位ディレクトリの絶対パスを表示します。

--show-superproject-working-tree

Show the absolute path of the root of the superproject’s working tree (if exists) that uses the current repository as its submodule. Outputs nothing if the current repository is not used as a submodule by any project.現在のリポジトリをそのサブモジュールとして使用する、スーパープロジェクトの作業ツリー(存在する場合)のルートの絶対パスを表示します。現在のリポジトリがどのプロジェクトによってもサブモジュールとして使用されていない場合は、何も出力されません。

--shared-index-path

Show the path to the shared index file in split index mode, or empty if not in split-index mode.共有インデックスファイルへのパスを分割インデックスモードで表示するか、分割インデックスモードでない場合は空にします。

Other Options別のオプション

--since=datestring --since = datestring
--after=datestring --after = datestring

Parse the date string, and output the corresponding --max-age= parameter for git rev-list.日付文字列を解析し、git rev-listに対応する--max-age =パラメータを出力します。

--until=datestring --until = datestring
--before=datestring --before = datestring

Parse the date string, and output the corresponding --min-age= parameter for git rev-list.日付文字列を解析し、git rev-listに対応する--min-age =パラメータを出力します。

<args>…​ <引数>…

Flags and parameters to be parsed.解析するフラグとパラメータ

SPECIFYING REVISIONS改訂の指定

A revision parameter <rev> typically, but not necessarily, names a commit object. It uses what is called an extended SHA-1 syntax. Here are various ways to spell object names. The ones listed near the end of this list name trees and blobs contained in a commit.リビジョンパラメータ<rev>は通常、必ずというわけではありませんが、コミットオブジェクトを指定します。これは、いわゆる拡張SHA-1構文を使用しています。これはオブジェクト名をつづる様々な方法です。このリストの末尾近くにリストされているものは、コミットに含まれるツリーとBLOBに名前を付けます。

Note This document shows the "raw" syntax as seen by git. The shell and other UIs might require additional quoting to protect special characters and to avoid word splitting. この文書はgitから見た「生の」構文を示しています。シェルや他のUIでは、特殊文字を保護し単語の分割を避けるために追加の引用符が必要になる場合があります。
<sha1>, e.g. dae86e1950b1277e545cee180551750029cfe735, dae86e <sha1>、例:dae86e1950b1277e545cee180551750029cfe735dae86e

The full SHA-1 object name (40-byte hexadecimal string), or a leading substring that is unique within the repository. E.g. dae86e1950b1277e545cee180551750029cfe735 and dae86e both name the same commit object if there is no other object in your repository whose object name starts with dae86e.完全なSHA-1オブジェクト名(40バイトの16進数ストリング)、またはリポジトリー内で固有の先行サブストリング。たとえば、dae86e1950b1277e545cee180551750029cfe735とdae86eは、オブジェクト名がdae86eで始まる他のオブジェクトがリポジトリにない場合、どちらも同じコミットオブジェクトを指定します。

<describeOutput>, e.g. v1.7.4.2-679-g3bee7fb <describeOutput>、例:v1.7.4.2-679-g3bee7fb

Output from git describe; i.e. a closest tag, optionally followed by a dash and a number of commits, followed by a dash, a g, and an abbreviated object name.からの出力git describe。つまり、最も近いタグ、オプションでダッシュとコミット数、ダッシュ、g、および省略形のオブジェクト名が続きます。

<refname>, e.g. master, heads/master, refs/heads/master <refname>、例えばmasterheads / masterrefs / heads / master

A symbolic ref name. E.g. master typically means the commit object referenced by refs/heads/master. If you happen to have both heads/master and tags/master, you can explicitly say heads/master to tell Git which one you mean. When ambiguous, a <refname> is disambiguated by taking the first match in the following rules:シンボリック参照名 例えばmasterは通常refs / heads / masterによって参照されるコミットオブジェクトを意味します。あなたは両方持ってしまった場合、ヘッド/マスタータグ/マスターを、明示的に言うことができるヘッド/マスターあなたが意味どちらのGitを伝えるために。あいまいな場合、<refname>は次の規則の最初の一致を取ることによって曖昧さがなくなります。

  1. If $GIT_DIR/<refname> exists, that is what you mean (this is usually useful only for HEAD, FETCH_HEAD, ORIG_HEAD, MERGE_HEAD and CHERRY_PICK_HEAD);場合は$ GIT_DIR / <もしrefname>が存在している、それはあなたが(これはのみのために、通常は有益であることを意味するものであるHEADFETCH_HEADORIG_HEADMERGE_HEADおよびCHERRY_PICK_HEAD)。

  2. otherwise, refs/<refname> if it exists;それ以外の場合は、存在する場合は/ <refname>を参照します。

  3. otherwise, refs/tags/<refname> if it exists;そうでなければ、/ tags / <refname>があればそれを参照します。

  4. otherwise, refs/heads/<refname> if it exists;それ以外の場合は、存在する場合は/ head / <refname>を参照します。

  5. otherwise, refs/remotes/<refname> if it exists;それ以外の場合は、存在する場合は/ remotes / <refname>を参照します。

  6. otherwise, refs/remotes/<refname>/HEAD if it exists.それ以外の場合は、存在する場合は/ remotes / <refname> / HEADを参照します。

    HEAD names the commit on which you based the changes in the working tree. FETCH_HEAD records the branch which you fetched from a remote repository with your last git fetch invocation. ORIG_HEAD is created by commands that move your HEAD in a drastic way, to record the position of the HEAD before their operation, so that you can easily change the tip of the branch back to the state before you ran them. MERGE_HEAD records the commit(s) which you are merging into your branch when you run git merge. CHERRY_PICK_HEAD records the commit which you are cherry-picking when you run git cherry-pick.HEAD作業ツリーの変更に基づいたコミットを指定します。FETCH_HEAD前回のgit fetch呼び出しでリモートリポジトリから取得したブランチを記録します。操作前の位置を記録するために劇的な方法でORIG_HEADあなたを動かすコマンドによって作成されるので、あなたはそれらを実行する前の状態にブランチの先端を簡単に戻すことができます。実行したときにブランチにマージしているコミットを記録します。実行したときにチェリーピッキングしているコミットを記録します。HEADHEADMERGE_HEADgit mergeCHERRY_PICK_HEADgit cherry-pick

    Note that any of the refs/* cases above may come either from the $GIT_DIR/refs directory or from the $GIT_DIR/packed-refs file. While the ref name encoding is unspecified, UTF-8 is preferred as some output processing may assume ref names in UTF-8.上記のrefs / *のケースはすべて、$ GIT_DIR / refsディレクトリまたは$ GIT_DIR / packed-refsファイルのどちらからでも得られることに注意してください。参照名のエンコードは指定されていませんが、出力処理によっては参照名がUTF-8であると想定される可能性があるため、UTF-8が推奨されます。

@

@ alone is a shortcut for HEAD.@だけがショートカットですHEAD

<refname>@{<date>}, e.g. master@{yesterday}, HEAD@{5 minutes ago} <refname> @ {<date>}、例:master @ {昨日}HEAD @ {5分前}

A ref followed by the suffix @ with a date specification enclosed in a brace pair (e.g. {yesterday}, {1 month 2 weeks 3 days 1 hour 1 second ago} or {1979-02-26 18:30:00}) specifies the value of the ref at a prior point in time. This suffix may only be used immediately following a ref name and the ref must have an existing log ($GIT_DIR/logs/<ref>). Note that this looks up the state of your local ref at a given time; e.g., what was in your local master branch last week. If you want to look at commits made during certain times, see --since and --until.refに続けて、中かっこで囲まれた日付指定付きの接尾辞@(例:{昨日}{1ヶ月2週間3日1時間1秒前}または{1979-02-26 18:30:00})前の時点でのrefの値 この接尾辞は、参照名の直後にのみ使用でき、参照には既存のログが必要です($ GIT_DIR / logs / <ref>)。これは与えられた時間にあなたの地元の refの状態を調べることに注意してください。例えば、先週あなたの地元のマスターブランチにあったものなどです。あなたが特定の時間中に行われたコミットを見たい場合は、参照--sinceして--until

<refname>@{<n>}, e.g. master@{1} <refname> @ {<n>}、例master @ {1}

A ref followed by the suffix @ with an ordinal specification enclosed in a brace pair (e.g. {1}, {15}) specifies the n-th prior value of that ref. For example master@{1} is the immediate prior value of master while master@{5} is the 5th prior value of master. This suffix may only be used immediately following a ref name and the ref must have an existing log ($GIT_DIR/logs/<refname>).refの後に、波括弧のペアで囲まれた序数指定を伴う接尾辞@が続くもの(例:{1}{15})は、そのrefのn番目の前の値を指定します。例えば、マスター@ {1}の直前の値であるマスタながらマスター@は{5}の5日前の値であるマスタ。この接尾辞は、参照名の直後にのみ使用でき、参照には既存のログが必要です($ GIT_DIR / logs / <refname>)。

@{<n>}, e.g. @{1} @ {<n>}、例えば@ {1}

You can use the @ construct with an empty ref part to get at a reflog entry of the current branch. For example, if you are on branch blabla then @{1} means the same as blabla@{1}.現在のブランチのreflogエントリを取得するには、空のref部分を指定して@構文を使用します。たとえば、blablaブランチにいる場合@ {1}blabla @ {1}と同じ意味です。

@{-<n>}, e.g. @{-1} @ { - <n>}、例えば@ { - 1}

The construct @{-<n>} means the <n>th branch/commit checked out before the current one.コンストラクト@ { - <n>}は、現在のブランチの前にチェックアウトされたn番目のブランチ/コミットを意味します。

<branchname>@{upstream}, e.g. master@{upstream}, @{u} <branchname> @ {upstream}、例:master @ {upstream}@ {u}

The suffix @{upstream} to a branchname (short form <branchname>@{u}) refers to the branch that the branch specified by branchname is set to build on top of (configured with branch.<name>.remote and branch.<name>.merge). A missing branchname defaults to the current one. These suffixes are also accepted when spelled in uppercase, and they mean the same thing no matter the case.支店名の接尾辞@ {upstream}(省略形<branchname> @ {u})は、branchnameで指定された支店が(branch.<name>.remoteandで構成された)上に構築するように設定されている支店を表しますbranch.<name>.merge。不足している支店名は、デフォルトで現在のものになります。これらの接尾辞は大文字でつづられるときも受け入れられます、そして、それらは大文字小文字を問わず同じことを意味します。

<branchname>@{push}, e.g. master@{push}, @{push} <branchname> @ {push}、例えばmaster @ {push}@ {push}

The suffix @{push} reports the branch "where we would push to" if git push were run while branchname was checked out (or the current HEAD if no branchname is specified). Since our push destination is in a remote repository, of course, we report the local tracking branch that corresponds to that branch (i.e., something in refs/remotes/).接尾辞@ {push}は、チェックアウトされているgit pushbranchnameに実行HEADされた場合(または、分岐名が指定されていない場合は現在の)、分岐先「プッシュ先」を報告します。プッシュ先はリモートリポジトリにあるので、もちろん、そのブランチに対応するローカルトラッキングブランチを報告します(すなわち、refs / remotes /の中の何か)。

Here’s an example to make it more clear:これを明確にするための例を示します。

$ git config push.default current
$ git config remote.pushdefault myfork
$ git checkout -b mybranch origin/master
$ git rev-parse --symbolic-full-name @{upstream}
refs/remotes/origin/master
$ git rev-parse --symbolic-full-name @{push}
refs/remotes/myfork/mybranch

Note in the example that we set up a triangular workflow, where we pull from one location and push to another. In a non-triangular workflow, @{push} is the same as @{upstream}, and there is no need for it.この例では、ある場所からプルして別の場所にプッシュする三角形のワークフローを設定したことに注意してください。非三角形のワークフローでは、@ {push}@ {upstream}と同じであり、必要ありません。

This suffix is also accepted when spelled in uppercase, and means the same thing no matter the case.この接尾辞は大文字で綴られている場合にも受け入れられ、大文字小文字を問わず同じことを意味します。

<rev>^, e.g. HEAD^, v1.5.1^0 <rev> ^、例えばHEAD ^、v1.5.1 ^ 0

A suffix ^ to a revision parameter means the first parent of that commit object. ^<n> means the <n>th parent (i.e. <rev>^ is equivalent to <rev>^1). As a special rule, <rev>^0 means the commit itself and is used when <rev> is the object name of a tag object that refers to a commit object.リビジョンパラメータの接尾辞^は、そのコミットオブジェクトの最初の親を意味します。^ <n>はn番目の親を意味します(つまり、<rev> ^<rev> ^ 1と同じです)。特別な規則として、<rev> ^ 0はコミット自体を意味し、<rev>がコミットオブジェクトを参照するタグオブジェクトのオブジェクト名である場合に使用されます。

<rev>~<n>, e.g. master~3 <rev>〜<n>、例:master〜3

A suffix ~<n> to a revision parameter means the commit object that is the <n>th generation ancestor of the named commit object, following only the first parents. I.e. <rev>~3 is equivalent to <rev>^^^ which is equivalent to <rev>^1^1^1. See below for an illustration of the usage of this form.リビジョンパラメータの接尾辞〜<n>は、最初の親のみに続く、名前付きコミットオブジェクトの<n>世代の祖先であるコミットオブジェクトを意味します。すなわち<REV>〜3に相当します<REV> ^^^に相当する<REV> ^ 1 ^ 1 ^ 1。このフォームの使用方法については、以下を参照してください。

<rev>^{<type>}, e.g. v0.99.8^{commit} <rev> ^ {<type>}、例えばv0.99.8 ^ {commit}

A suffix ^ followed by an object type name enclosed in brace pair means dereference the object at <rev> recursively until an object of type <type> is found or the object cannot be dereferenced anymore (in which case, barf). For example, if <rev> is a commit-ish, <rev>^{commit} describes the corresponding commit object. Similarly, if <rev> is a tree-ish, <rev>^{tree} describes the corresponding tree object. <rev>^0 is a short-hand for <rev>^{commit}.サフィックス^ブレース対で囲まれたオブジェクトタイプ名が続くが、あるオブジェクトを間接参照を意味する<REV>再帰型のオブジェクトまで<タイプ>見出されるまたはオブジェクトが(その場合、BARFに)もはや間接参照することはできません。たとえば、<rev>がコミット風の場合、<rev> ^ {commit}は対応するコミットオブジェクトを表します。同様に、<rev>がツリー状の場合、<rev> ^ {tree}は対応するツリーオブジェクトを表します。<rev> ^ 0<rev> ^ {commit}の省略形です。

rev^{object} can be used to make sure rev names an object that exists, without requiring rev to be a tag, and without dereferencing rev; because a tag is already an object, it does not have to be dereferenced even once to get to an object.REV ^ {目的は}を確認するために使用することができるREVを必要とせず、名前存在するオブジェクトをREVをタグであること、及び間接参照せずに回転します。タグはすでにオブジェクトであるため、オブジェクトに到達するためにタグを1回でも参照解除する必要はありません。

rev^{tag} can be used to ensure that rev identifies an existing tag object.rev ^ {tag}は、revが既存のタグオブジェクトを識別するようにするために使用できます。

<rev>^{}, e.g. v0.99.8^{} <rev> ^ {}、例:v0.99.8 ^ {}

A suffix ^ followed by an empty brace pair means the object could be a tag, and dereference the tag recursively until a non-tag object is found.空の中括弧のペアが後に続く接尾辞^は、そのオブジェクトがタグである可能性があることを意味し、タグではないオブジェクトが見つかるまでタグを再帰的に参照解除します。

<rev>^{/<text>}, e.g. HEAD^{/fix nasty bug} <rev> ^ {/ <text>}、例えばHEAD ^ {/厄介なバグを修正}

A suffix ^ to a revision parameter, followed by a brace pair that contains a text led by a slash, is the same as the :/fix nasty bug syntax below except that it returns the youngest matching commit which is reachable from the <rev> before ^.リビジョンパラメータの接尾辞^の後にスラッシュが付いたテキストを含む中括弧のペアは、<rev>から到達可能な最も若い一致コミットを返すことを除いて、以下の:/ fix厄介なバグ構文と同じです。前^

:/<text>, e.g. :/fix nasty bug :/ <テキスト>、例:/厄介なバグを修正

A colon, followed by a slash, followed by a text, names a commit whose commit message matches the specified regular expression. This name returns the youngest matching commit which is reachable from any ref, including HEAD. The regular expression can match any part of the commit message. To match messages starting with a string, one can use e.g. :/^foo. The special sequence :/! is reserved for modifiers to what is matched. :/!-foo performs a negative match, while :/!!foo matches a literal ! character, followed by foo. Any other sequence beginning with :/! is reserved for now. Depending on the given text, the shell’s word splitting rules might require additional quoting.コロン、それに続くスラッシュ、それに続くテキストは、コミットメッセージが指定された正規表現に一致するコミットを指定します。この名前は、HEADを含むどの参照からも到達可能な最も若いマッチングコミットを返します。正規表現はコミットメッセージのどの部分にも一致できます。文字列で始まるメッセージにマッチさせるためには、例えば:/ ^ fooを使うことができます。特別なシーケンス:/!一致するものに対する修飾子のために予約されています。:/! - fooは否定一致を実行しますが、:/ !! fooはリテラルに一致しますその後にfooが続きます。:/!で始まるその他のシーケンス今のところ予約されています。与えられたテキストによっては、シェルの単語分割規則で追加の引用符が必要になる場合があります。

<rev>:<path>, e.g. HEAD:README, :README, master:./README <rev>:<path>、例:HEAD:README:READMEmaster:./ README

A suffix : followed by a path names the blob or tree at the given path in the tree-ish object named by the part before the colon. :path (with an empty part before the colon) is a special case of the syntax described next: content recorded in the index at the given path. A path starting with ./ or ../ is relative to the current working directory. The given path will be converted to be relative to the working tree’s root directory. This is most useful to address a blob or tree from a commit or tree that has the same tree structure as the working tree.接尾辞:の後にパスを続けると、コロンの前の部分で指定されたツリー風のオブジェクト内の指定されたパスにあるBLOBまたはツリーを指定します。:path(コロンの前に空の部分がある)は、次に説明する構文の特殊なケースです。contentは、指定されたパスのインデックスに記録されます。./または../で始まるパスは、現在の作業ディレクトリからの相対パスです。与えられたパスは作業ツリーのルートディレクトリからの相対パスに変換されます。これは、作業ツリーと同じツリー構造を持つコミットまたはツリーからBLOBまたはツリーをアドレス指定するのに最も役立ちます。

:<n>:<path>, e.g. :0:README, :README :<n>:<path>、例:0:README:README

A colon, optionally followed by a stage number (0 to 3) and a colon, followed by a path, names a blob object in the index at the given path. A missing stage number (and the colon that follows it) names a stage 0 entry. During a merge, stage 1 is the common ancestor, stage 2 is the target branch’s version (typically the current branch), and stage 3 is the version from the branch which is being merged.コロンの後にステージ番号(0から3)、コロンの後にパスが続くと、インデックス内の指定されたパスのBLOBオブジェクトに名前が付けられます。欠落しているステージ番号(およびそれに続くコロン)は、ステージ0エントリーを指定します。マージ中、ステージ1は共通の先祖、ステージ2はターゲットブランチのバージョン(通常は現在のブランチ)、そしてステージ3はマージされているブランチのバージョンです。

Here is an illustration, by Jon Loeliger. Both commit nodes B and C are parents of commit node A. Parent commits are ordered left-to-right.これはJon Loeligerによるイラストです。コミットノードBとCはどちらもコミットノードAの親です。親コミットは左から右に並べられます。

G   H   I   J
 \ /     \ /
  D   E   F
   \  |  / \
    \ | /   |
     \|/    |
      B     C
       \   /
        \ /
         A
A =      = A^0
B = A^   = A^1     = A~1
C = A^2  = A^2
D = A^^  = A^1^1   = A~2
E = B^2  = A^^2
F = B^3  = A^^3
G = A^^^ = A^1^1^1 = A~3
H = D^2  = B^^2    = A^^^2  = A~2^2
I = F^   = B^3^    = A^^3^
J = F^2  = B^3^2   = A^^3^2

SPECIFYING RANGES範囲を指定する

History traversing commands such as git log operate on a set of commits, not just a single commit.git log単一のコミットだけでなく、一連のコミットを操作するなどの履歴トラバースコマンド。

For these commands, specifying a single revision, using the notation described in the previous section, means the set of commits reachable from the given commit.これらのコマンドでは、前のセクションで説明した表記を使用して単一のリビジョンを指定することは、特定のコミットreachableからのコミットのセットを意味します。

A commit’s reachable set is the commit itself and the commits in its ancestry chain.コミットの到達可能なセットは、コミット自体とその祖先チェーン内のコミットです。

Commit Exclusions除外をコミット

^<rev> (caret) Notation ^ <rev>(キャレット)表記

To exclude commits reachable from a commit, a prefix ^ notation is used. E.g. ^r1 r2 means commits reachable from r2 but exclude the ones reachable from r1 (i.e. r1 and its ancestors).コミットから到達可能なコミットを除外するために、接頭辞^表記が使用されます。例えば^ R1 R2の手段から到達可能なコミットR2しかしから到達可能なもの除外するR1(すなわちR1とその祖先が)。

Dotted Range Notations点線範囲表記

The .. (two-dot) Range Notation ...(2点)範囲表記

The ^r1 r2 set operation appears so often that there is a shorthand for it. When you have two commits r1 and r2 (named according to the syntax explained in SPECIFYING REVISIONS above), you can ask for commits that are reachable from r2 excluding those that are reachable from r1 by ^r1 r2 and it can be written as r1..r2.^ R1 R2の集合演算は、それほど頻繁にそれのための速記があることが表示されます。あなたは2つのコミットしていた場合、R1R2(構文に従って名前が上記のリビジョンを指定で説明)を、次の方法でR1から到達可能であるものを除くR2から到達可能なコミットを求めることができます^ R1 R2と、それは次のように書くことができR1。 .r2

The …​ (three-dot) Symmetric Difference Notation ...(3ドット)対称差表記

A similar notation r1...r2 is called symmetric difference of r1 and r2 and is defined as r1 r2 --not $(git merge-base --all r1 r2). It is the set of commits that are reachable from either one of r1 (left side) or r2 (right side) but not from both.同様の表記r1 ... r2は、r1r2の対称差と呼ばれ、r1 r2 --not $(git merge-base --all r1 r2)と定義されます。r1(左側)またはr2(右側)のどちらか一方から到達可能ですが、両方からは到達できないコミットのセットです。

In these two shorthand notations, you can omit one end and let it default to HEAD. For example, origin.. is a shorthand for origin..HEAD and asks "What did I do since I forked from the origin branch?" Similarly, ..origin is a shorthand for HEAD..origin and asks "What did the origin do since I forked from them?" Note that .. would mean HEAD..HEAD which is an empty range that is both reachable and unreachable from HEAD.これら2つの簡略表記では、片方の端を省略してデフォルトのHEADにすることができます。たとえば、origin ..origin..HEADの省略形で、「originブランチから分岐した後はどうしましたか?」と尋ねます。同様に、..originはの省略形ですHEAD..originと尋ねる「私は彼らからフォークので、起源は何をしましたの?」..はHEADから到達可能で到達不可能な空の範囲であるHEAD..HEADを意味することに注意してください。

Other <rev>^ Parent Shorthand Notationsその他の<rev> ^親の簡略表記

Three other shorthands exist, particularly useful for merge commits, for naming a set that is formed by a commit and its parent commits.コミットとその親コミットによって形成されるセットの命名に、マージコミットに特に便利な3つの他の短縮形があります。

The r1^@ notation means all parents of r1.^ @ r1の表記は、すべての親を意味R1を

The r1^! notation includes commit r1 but excludes all of its parents. By itself, this notation denotes the single commit r1.R1 ^!記法はcommit r1を含みますが、その親をすべて除外します。それ自体では、この表記は単一のコミットr1を表します。

The <rev>^-<n> notation includes <rev> but excludes the <n>th parent (i.e. a shorthand for <rev>^<n>..<rev>), with <n> = 1 if not given. This is typically useful for merge commits where you can just pass <commit>^- to get all the commits in the branch that was merged in merge commit <commit> (including <commit> itself).<REVは> ^ - <N>表記は、<REVを>が、<n>は親番目(すなわち用速記除外<REV> ^ <N> .. <REV>で)<N> = 1与えられていない場合。これは通常、merge commit <commit><commit>自体を含む)でマージされたブランチ内のすべてのコミットを取得するために<commit> ^ -を渡すことができるマージコミットに役立ちます。

While <rev>^<n> was about specifying a single commit parent, these three notations also consider its parents. For example you can say HEAD^2^@, however you cannot say HEAD^@^2.しばらく<REV> ^ <n>は、これら三つの表記は、また、その両親を考える一つのコミットの親の指定についてでした。たとえば、HEAD ^ 2 ^ @と言うことはできますが、HEAD ^ @ ^ 2と言うことはできません。

Revision Range Summary改訂範囲のまとめ

<rev>

Include commits that are reachable from <rev> (i.e. <rev> and its ancestors).<rev>から到達可能なコミット(すなわち<rev>とその先祖)を含めます。

^<rev> ^ <rev>

Exclude commits that are reachable from <rev> (i.e. <rev> and its ancestors).<rev>から到達可能なコミット(すなわち<rev>とその先祖)を除外します。

<rev1>..<rev2> <rev1> .. <rev2>

Include commits that are reachable from <rev2> but exclude those that are reachable from <rev1>. When either <rev1> or <rev2> is omitted, it defaults to HEAD.<rev2>から到達可能なコミットを含めますが、<rev1>から到達可能なコミットは除外します。<rev1>または<rev2>のどちらかが省略された場合、デフォルトはになりHEADます。

<rev1>...<rev2> <rev1> ... <rev2>

Include commits that are reachable from either <rev1> or <rev2> but exclude those that are reachable from both. When either <rev1> or <rev2> is omitted, it defaults to HEAD.<rev1>または<rev2>から到達可能なコミットを含めますが、両方から到達可能なコミットは除外します。<rev1>または<rev2>のどちらかが省略された場合、デフォルトはになりHEADます。

<rev>^@, e.g. HEAD^@ <rev> ^ @、例えばHEAD ^ @

A suffix ^ followed by an at sign is the same as listing all parents of <rev> (meaning, include anything reachable from its parents, but not the commit itself).接尾辞^の後にアットマークが続くことは、<rev>のすべての親をリストするのと同じです(つまり、その親から到達可能なものはすべて含みますが、コミット自体は含みません)。

<rev>^!, e.g. HEAD^! <rev> ^!例えばHEAD ^!

A suffix ^ followed by an exclamation mark is the same as giving commit <rev> and then all its parents prefixed with ^ to exclude them (and their ancestors).感嘆符が後に続く接尾辞^は、commit <rev>を与え、それからそれらを除外するために^を前に付けてその親すべて(およびその先祖)を与えるのと同じです。

<rev>^-<n>, e.g. HEAD^-, HEAD^-2 <rev> ^ - <n>、例:HEAD ^ - 、HEAD ^ -2

Equivalent to <rev>^<n>..<rev>, with <n> = 1 if not given.相当<REV> ^ <N> .. <REV>で、<n>は = 1であれば与えられていません。

Here are a handful of examples using the Loeliger illustration above, with each step in the notation’s expansion and selection carefully spelt out:上記のLoeligerの図を使用した一握りの例を以下に示します。表記法の展開と選択の各ステップは、慎重に説明します。

   Args   Expanded arguments    Selected commits
   D                            G H D
   D F                          G H I J D F
   ^G D                         H D
   ^D B                         E I J F B
   ^D B C                       E I J F B C
   C                            I J F C
   B..C   = ^B C                C
   B...C  = B ^F C              G H D E B C
   B^-    = B^..B
	  = ^B^1 B              E I J F B
   C^@    = C^1
	  = F                   I J F
   B^@    = B^1 B^2 B^3
	  = D E F               D G H E F I J
   C^!    = C ^C^@
	  = C ^C^1
	  = C ^F                C
   B^!    = B ^B^@
	  = B ^B^1 ^B^2 ^B^3
	  = B ^D ^E ^F          B
   F^! D  = F ^I ^J D           G H D F

PARSEOPT

In --parseopt mode, git rev-parse helps massaging options to bring to shell scripts the same facilities C builtins have. It works as an option normalizer (e.g. splits single switches aggregate values), a bit like getopt(1) does.では--parseoptモード、GitのREV-解析は、スクリプトにCの組み込みコマンドが持っている同じ施設をシェルにもたらすためにオプションをマッサージするのに役立ちます。これは、オプション正規化(シングルスイッチの集約値の分割など)として機能しますが、これは少し似てgetopt(1)います。

It takes on the standard input the specification of the options to parse and understand, and echoes on the standard output a string suitable for sh(1) eval to replace the arguments with normalized ones. In case of error, it outputs usage on the standard error stream, and exits with code 129.これは標準入力に解析し理解するオプションの指定を取り、標準出力sh(1) evalに引数を正規化されたものに置き換えるのに適した文字列をエコーバックします。エラーが発生した場合、標準エラーストリームに使用方法を出力し、コード129で終了します。

Note: Make sure you quote the result when passing it to eval. See below for an example.注意:に渡すときは必ず結果を引用してくださいeval。例については以下を参照してください。

Input Format入力フォーマット

git rev-parse --parseopt input format is fully text based. It has two parts, separated by a line that contains only --. The lines before the separator (should be one or more) are used for the usage. The lines after the separator describe the options.git rev-parse --parseopt入力フォーマットは完全にテキストベースです。それは2つの部分を持ち、それだけを含む行で区切られています--。区切り文字の前の行(1つ以上にする必要があります)が使用に使用されます。区切り文字の後の行はオプションを表します。

Each line of options has this format:オプションの各行は次の形式です。

<opt-spec><flags>*<arg-hint>? SP+ help LF
<opt-spec>

its format is the short option character, then the long option name separated by a comma. Both parts are not required, though at least one is necessary. May not contain any of the <flags> characters. h,help, dry-run and f are examples of correct <opt-spec>.その形式は短いオプション文字であり、次に長いオプション名がコンマで区切られています。両方とも必須ではありませんが、少なくとも1つは必要です。<flags>文字が含まれていない可能性があります。h,helpdry-runなどfが正しい例です<opt-spec>

<flags>

<flags> are of *, =, ? or !.<flags>である*=?または!

  • Use = if the option takes an argument.=オプションが引数を取る場合に使用します。

  • Use ? to mean that the option takes an optional argument. You probably want to use the --stuck-long mode to be able to unambiguously parse the optional argument.?オプションがオプションの引数を取ることを意味するために使用します。--stuck-longオプションの引数を明確に解析できるようにするには、おそらくモードを使用したいでしょう。

  • Use * to mean that this option should not be listed in the usage generated for the -h argument. It’s shown for --help-all as documented in gitcli[7].使用*このオプションは、生成のために使用方法に記載されているべきではないことを意味する-h引数。gitcliに--help-all記載されているように表示されます[7]

  • Use ! to not make the corresponding negated long option available.!対応するnegated longオプションを使用可能にしないために使用します。

<arg-hint>

<arg-hint>, if specified, is used as a name of the argument in the help output, for options that take arguments. <arg-hint> is terminated by the first whitespace. It is customary to use a dash to separate words in a multi-word argument hint.<arg-hint>引数が指定された場合、引数を取るオプションのために、ヘルプ出力で引数の名前として使用されます。<arg-hint>最初の空白文字で終了します。複数ワードの引数ヒントでは、ダッシュを使って単語を区切るのが一般的です。

The remainder of the line, after stripping the spaces, is used as the help associated to the option.スペースを削除した後の行の残りの部分は、オプションに関連したヘルプとして使用されます。

Blank lines are ignored, and lines that don’t match this specification are used as option group headers (start the line with a space to create such lines on purpose).空白行は無視され、この指定に一致しない行はオプショングループヘッダーとして使用されます(意図的にそのような行を作成するためにスペースで行を始めます)。

Example

OPTS_SPEC="\
some-command [<options>] <args>...
some-command does foo and bar!
--
h,help    show the help
foo       some nifty option --foo
bar=      some cool option --bar with an argument
baz=arg   another cool option --baz with a named argument
qux?path  qux may take a path argument but has meaning by itself
  An option group Header
C?        option C with an optional argument"
eval "$(echo "$OPTS_SPEC" | git rev-parse --parseopt -- "$@" || echo exit $?)"

Usage text使用法テキスト

When "$@" is -h or --help in the above example, the following usage text would be shown:場合"$@"である-hか、--help上記の例では、次の使用テキストが表示されることになります。

usage: some-command [<options>] <args>...
    some-command does foo and bar!
    -h, --help            show the help
    --foo                 some nifty option --foo
    --bar ...             some cool option --bar with an argument
    --baz <arg>           another cool option --baz with a named argument
    --qux[=<path>]        qux may take a path argument but has meaning by itself
An option group Header
    -C[...]               option C with an optional argument

SQ-QUOTE

In --sq-quote mode, git rev-parse echoes on the standard output a single line suitable for sh(1) eval. This line is made by normalizing the arguments following --sq-quote. Nothing other than quoting the arguments is done.--sq-quoteモード、GitのREV-解析は、標準出力に適した単一のラインをエコーsh(1) eval。この行は以下の引数を正規化することによって作られています--sq-quote。引数を引用する以外のことは何もしません。

If you want command input to still be interpreted as usual by git rev-parse before the output is shell quoted, see the --sq option.出力がシェル引用符で囲まれる前に、git rev-parseによって通常どおりコマンド入力を解釈させたい場合は、--sqオプションを参照してください。

Example

$ cat >your-git-script.sh <<\EOF
#!/bin/sh
args=$(git rev-parse --sq-quote "$@")   # quote user-supplied arguments
command="git frotz -n24 $args"          # and use it inside a handcrafted
					# command line
eval "$command"
EOF
$ sh your-git-script.sh "a b'c"

EXAMPLES

  • Print the object name of the current commit:現在のコミットのオブジェクト名を表示します。

    $ git rev-parse --verify HEAD
  • Print the commit object name from the revision in the $REV shell variable:$ REVシェル変数のリビジョンからコミットオブジェクト名を出力します。

    $ git rev-parse --verify $REV^{commit}

    This will error out if $REV is empty or not a valid revision.$ REVが空か、有効なリビジョンでない場合、これはエラーになります。

  • Similar to above:上記と同じ

    $ git rev-parse --default master --verify $REV

    but if $REV is empty, the commit object name from master will be printed.しかし、$ REVが空の場合、masterからのコミットオブジェクト名が表示されます。

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ゼロ埋めする方法 printfの代替

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る