rev-list

NAME

git-rev-list - Lists commit objects in reverse chronological ordergit-rev-list - コミットオブジェクトを時系列の逆順に一覧表示する

SYNOPSIS概要

git rev-list [ --max-count=<number> ]
	     [ --skip=<number> ]
	     [ --max-age=<timestamp> ]
	     [ --min-age=<timestamp> ]
	     [ --sparse ]
	     [ --merges ]
	     [ --no-merges ]
	     [ --min-parents=<number> ]
	     [ --no-min-parents ]
	     [ --max-parents=<number> ]
	     [ --no-max-parents ]
	     [ --first-parent ]
	     [ --remove-empty ]
	     [ --full-history ]
	     [ --not ]
	     [ --all ]
	     [ --branches[=<pattern>] ]
	     [ --tags[=<pattern>] ]
	     [ --remotes[=<pattern>] ]
	     [ --glob=<glob-pattern> ]
	     [ --ignore-missing ]
	     [ --stdin ]
	     [ --quiet ]
	     [ --topo-order ]
	     [ --parents ]
	     [ --timestamp ]
	     [ --left-right ]
	     [ --left-only ]
	     [ --right-only ]
	     [ --cherry-mark ]
	     [ --cherry-pick ]
	     [ --encoding=<encoding> ]
	     [ --(author|committer|grep)=<pattern> ]
	     [ --regexp-ignore-case | -i ]
	     [ --extended-regexp | -E ]
	     [ --fixed-strings | -F ]
	     [ --date=<format>]
	     [ [ --objects | --objects-edge | --objects-edge-aggressive ]
	       [ --unpacked ]
	       [ --filter=<filter-spec> [ --filter-print-omitted ] ] ]
	     [ --missing=<missing-action> ]
	     [ --pretty | --header ]
	     [ --bisect ]
	     [ --bisect-vars ]
	     [ --bisect-all ]
	     [ --merge ]
	     [ --reverse ]
	     [ --walk-reflogs ]
	     [ --no-walk ] [ --do-walk ]
	     [ --count ]
	     [ --use-bitmap-index ]
	     <commit>…​ [ -- <paths>…​ ]

DESCRIPTION説明

List commits that are reachable by following the parent links from the given commit(s), but exclude commits that are reachable from the one(s) given with a ^ in front of them. The output is given in reverse chronological order by default.parent与えられたコミットからのリンクをたどることによって到達可能なコミットを一覧表示しますが、それらの前に^を付けて与えられたコミットから到達可能なコミットを除外します。デフォルトでは、出力は時系列の逆順になります。

You can think of this as a set operation. Commits given on the command line form a set of commits that are reachable from any of them, and then commits reachable from any of the ones given with ^ in front are subtracted from that set. The remaining commits are what comes out in the command’s output. Various other options and paths parameters can be used to further limit the result.これは集合演算と考えることができます。コマンドラインで与えられたコミットは、それらのどれからでも到達可能なコミットのセットを形成し、次に^で前に与えられたコミットのいずれかから到達可能なコミットがそのセットから差し引かれます。残りのコミットは、コマンドの出力に出てくるものです。結果をさらに制限するために、他のさまざまなオプションおよびパスパラメータを使用できます。

Thus, the following command:したがって、次のコマンド

	$ git rev-list foo bar ^baz

means "list all the commits which are reachable from foo or bar, but not from baz".foobarからは到達可能だが、bazからは到達できないすべてのコミットを一覧表示する」という意味です。

A special notation "<commit1>..<commit2>" can be used as a short-hand for "^'<commit1>' <commit2>". For example, either of the following may be used interchangeably:特別な表記法 " <commit1> .. <commit2> "は "^ '<commit1>' <commit2> "の省略形として使うことができます。例えば、以下のいずれかを互換的に使用することができます。

	$ git rev-list origin..HEAD
	$ git rev-list HEAD ^origin

Another special notation is "<commit1>…​<commit2>" which is useful for merges. The resulting set of commits is the symmetric difference between the two operands. The following two commands are equivalent:別の特別な表記法は「<commit1> ... <commit2>マージのために有用です」。結果として得られる一連のコミットは、2つのオペランド間の対称的な違いです。次の2つのコマンドは同等です。

	$ git rev-list A B --not $(git merge-base --all A B)
	$ git rev-list A...B

rev-list is a very essential Git command, since it provides the ability to build and traverse commit ancestry graphs. For this reason, it has a lot of different options that enables it to be used by commands as different as git bisect and git repack.rev-listはコミット先祖グラフを構築してトラバースする能力を提供するので、非常に重要なGitコマンドです。このため、git bisectgit repackとは異なるコマンドで使用できるようにするためのさまざまなオプションがあります。

OPTIONSオプション

Commit Limitingコミット制限

Besides specifying a range of commits that should be listed using the special notations explained in the description, additional commit limiting may be applied.説明で説明されている特別な表記法を使用してリストされるべきコミットの範囲を指定することに加えて、追加のコミット制限が適用されるかもしれません。

Using more options generally further limits the output (e.g. --since=<date1> limits to commits newer than <date1>, and using it with --grep=<pattern> further limits to commits whose log message has a line that matches <pattern>), unless otherwise noted.出力は、(例えば、一般的にさらに多くのオプションを制限する使用--since=<date1>制限がより新しいコミットするために<date1>、およびでそれを使用して--grep=<pattern>、そのログメッセージと一致する行を有するコミットするためにさらに制限<pattern>)特に断りのない限り、。

Note that these are applied before commit ordering and formatting options, such as --reverse.これらは、コミットの順序付けおよびフォーマットオプション(たとえば)の前に適用されることに注意してください--reverse

-<number> - <番号>
-n <number> -n <番号>
--max-count=<number> --max-count = <番号>

Limit the number of commits to output.出力するコミット数を制限します。

--skip=<number> --skip = <番号>

Skip number commits before starting to show the commit output.コミットの出力を表示し始める前にnumberのコミットをスキップします。

--since=<date> --since = <日付>
--after=<date> --after = <日付>

Show commits more recent than a specific date.特定の日付より最近のコミットを表示します。

--until=<date> --until = <日付>
--before=<date> --before = <日付>

Show commits older than a specific date.特定の日付よりも古いコミットを表示します。

--max-age=<timestamp> --max-age = <タイムスタンプ>
--min-age=<timestamp> --min-age = <タイムスタンプ>

Limit the commits output to specified time range.コミット出力を指定された時間範囲に制限します。

--author=<pattern> --author = <パターン>
--committer=<pattern> --committer = <パターン>

Limit the commits output to ones with author/committer header lines that match the specified pattern (regular expression). With more than one --author=<pattern>, commits whose author matches any of the given patterns are chosen (similarly for multiple --committer=<pattern>).指定されたパターン(正規表現)に一致する作成者/コミッターヘッダー行を持つものにコミット出力を制限します。複数の場合--author=<pattern>は、与えられたパターンのいずれかに一致する作者のコミットが選択されます(複数の場合も同様--committer=<pattern>)。

--grep-reflog=<pattern> --grep-reflog = <パターン>

Limit the commits output to ones with reflog entries that match the specified pattern (regular expression). With more than one --grep-reflog, commits whose reflog message matches any of the given patterns are chosen. It is an error to use this option unless --walk-reflogs is in use.指定したパターン(正規表現)に一致するreflogエントリを持つコミット出力にコミット出力を制限します。複数の場合--grep-reflogは、reflogメッセージが任意のパターンに一致するコミットが選択されます。使用していない限り--walk-reflogs、このオプションを使用するとエラーになります。

--grep=<pattern> --grep = <パターン>

Limit the commits output to ones with log message that matches the specified pattern (regular expression). With more than one --grep=<pattern>, commits whose message matches any of the given patterns are chosen (but see --all-match).指定されたパターン(正規表現)に一致するログメッセージを持つコミット出力にコミット出力を制限します。複数ある場合--grep=<pattern>は、指定されたパターンのいずれかに一致するメッセージを持つコミットが選択されます(ただし参照--all-match)。

--all-match

Limit the commits output to ones that match all given --grep, instead of ones that match at least one.コミット出力を--grep、少なくとも1つに一致するものではなく、指定されたすべてに一致するものに制限します。

--invert-grep

Limit the commits output to ones with log message that do not match the pattern specified with --grep=<pattern>.で指定されたパターンと一致しないログメッセージを持つものにコミット出力を制限します--grep=<pattern>

-i -私
--regexp-ignore-case

Match the regular expression limiting patterns without regard to letter case.大文字と小文字を区別せずに正規表現制限パターンを一致させます。

--basic-regexp

Consider the limiting patterns to be basic regular expressions; this is the default.制限パターンを基本的な正規表現と見なします。これがデフォルトです。

-E
--extended-regexp

Consider the limiting patterns to be extended regular expressions instead of the default basic regular expressions.制限パターンをデフォルトの基本正規表現ではなく拡張正規表現にすることを検討してください。

-F
--fixed-strings - 固定文字列

Consider the limiting patterns to be fixed strings (don’t interpret pattern as a regular expression).制限パターンを固定文字列とみなします(patternを正規表現として解釈しないでください)。

-P
--perl-regexp

Consider the limiting patterns to be Perl-compatible regular expressions.制限パターンがPerl互換の正規表現であると考えてください。

Support for these types of regular expressions is an optional compile-time dependency. If Git wasn’t compiled with support for them providing this option will cause it to die.これらの種類の正規表現のサポートは、オプションのコンパイル時の依存関係です。Gitがそれらをサポートするようにコンパイルされていない場合、このオプションを提供することでそれは死にます。

--remove-empty

Stop when a given path disappears from the tree.与えられたパスがツリーから消えたら停止します。

--merges - マージ

Print only merge commits. This is exactly the same as --min-parents=2.マージコミットのみを表示します。これはとまったく同じ--min-parents=2です。

--no-merges - いいえマージ

Do not print commits with more than one parent. This is exactly the same as --max-parents=1.複数の親とコミットを印刷しません。これはとまったく同じ--max-parents=1です。

--min-parents=<number> --min-保護者= <番号>
--max-parents=<number> --max-保護者= <番号>
--no-min-parents - no-min-両親
--no-max-parents --no-max-両親

Show only commits which have at least (or at most) that many parent commits. In particular, --max-parents=1 is the same as --no-merges, --min-parents=2 is the same as --merges. --max-parents=0 gives all root commits and --min-parents=3 all octopus merges.少なくとも(または多くても)その親のコミットがあるコミットのみを表示します。具体的には、--max-parents=1同じであり--no-merges--min-parents=2同じです--merges--max-parents=0すべてのルートコミットと--min-parents=3すべてのタコのマージを行います。

--no-min-parents and --no-max-parents reset these limits (to no limit) again. Equivalent forms are --min-parents=0 (any commit has 0 or more parents) and --max-parents=-1 (negative numbers denote no upper limit).--no-min-parentsそして--no-max-parentsこれらの制限を(制限なしに)再度設定します。同等の形式は--min-parents=0(任意のコミットが0個以上の親を持つ)および--max-parents=-1(負数は上限なしを意味します)です。

--first-parent - 最初の親

Follow only the first parent commit upon seeing a merge commit. This option can give a better overview when viewing the evolution of a particular topic branch, because merges into a topic branch tend to be only about adjusting to updated upstream from time to time, and this option allows you to ignore the individual commits brought in to your history by such a merge. Cannot be combined with --bisect.マージコミットを見て最初の親コミットのみをたどります。トピックブランチへのマージは時々更新されたアップストリームに調整することについてのみである傾向があるのでこのオプションは特定のトピックブランチの展開を見るときより良い概観を与えることができます、そしてこのオプションはあなたにもたらされた個々のコミットを無視することを可能にしますそのようなマージによるあなたの歴史。--bisectと組み合わせることはできません。

--not - じゃない

Reverses the meaning of the ^ prefix (or lack thereof) for all following revision specifiers, up to the next --not.後続のすべてのリビジョン指定子の^接頭辞の意味(またはその欠如)を、次の意味まで逆にします--not

--all - すべて

Pretend as if all the refs in refs/, along with HEAD, are listed on the command line as <commit>.refs/と一緒に、すべての参照が<commit>HEADとしてコマンドラインにリストされているかのようにふりをします。

--branches[=<pattern>] --branches [= <パターン>]

Pretend as if all the refs in refs/heads are listed on the command line as <commit>. If <pattern> is given, limit branches to ones matching given shell glob. If pattern lacks ?, *, or [, /* at the end is implied.すべての参照refs/headsがコマンドラインに<commit>としてリストされているかのようにふりをします。<pattern>が与えられた場合、与えられたシェルグロブにマッチするものに分岐を制限します。パターンが足りない末尾の、*、または[/ *が暗黙的に指定されています。

--tags[=<pattern>] --tags [= <パターン>]

Pretend as if all the refs in refs/tags are listed on the command line as <commit>. If <pattern> is given, limit tags to ones matching given shell glob. If pattern lacks ?, *, or [, /* at the end is implied.すべての参照refs/tagsがコマンドラインに<commit>としてリストされているかのようにふりをします。<pattern>が与えられた場合、タグを与えられたシェルグロブにマッチするものに制限します。パターンが足りない末尾の、*、または[/ *が暗黙的に指定されています。

--remotes[=<pattern>] --remotes [= <パターン>]

Pretend as if all the refs in refs/remotes are listed on the command line as <commit>. If <pattern> is given, limit remote-tracking branches to ones matching given shell glob. If pattern lacks ?, *, or [, /* at the end is implied.すべての参照refs/remotesがコマンドラインに<commit>としてリストされているかのようにふりをします。<pattern>が与えられた場合、リモートトラッキングブランチを与えられたシェルグロブにマッチするものに制限します。パターンが足りない末尾の、*、または[/ *が暗黙的に指定されています。

--glob=<glob-pattern> --glob = <グロブパターン>

Pretend as if all the refs matching shell glob <glob-pattern> are listed on the command line as <commit>. Leading refs/, is automatically prepended if missing. If pattern lacks ?, *, or [, /* at the end is implied.シェルglob <glob-pattern>に一致するすべての参照が<commit>としてコマンドラインにリストされているかのようにふりをします。先行参照/は、見つからない場合は自動的に先頭に追加されます。パターンが足りない末尾の、*、または[/ *が暗黙的に指定されています。

--exclude=<glob-pattern> --exclude = <グローバルパターン>

Do not include refs matching <glob-pattern> that the next --all, --branches, --tags, --remotes, or --glob would otherwise consider. Repetitions of this option accumulate exclusion patterns up to the next --all, --branches, --tags, --remotes, or --glob option (other options or arguments do not clear accumulated patterns).一致REFS含めないでください<グロブパターン>次のことを--all--branches--tags--remotes、または--globそれ以外の場合は検討します。次回まで、このオプションは累積除外パターンの繰り返し--all--branches--tags--remotes、または--globオプション(他のオプションや引数蓄積パターンをクリアしないでください)。

The patterns given should not begin with refs/heads, refs/tags, or refs/remotes when applied to --branches, --tags, or --remotes, respectively, and they must begin with refs/ when applied to --glob or --all. If a trailing /* is intended, it must be given explicitly.始めるべきではない与えられたパターンはrefs/headsrefs/tags、またはrefs/remotesに適用された場合--branches--tagsまたは--remotes、それぞれ、と彼らはで始まる必要がありますrefs/に適用されたとき--glob--all。末尾の/ *を意図している場合は、明示的に指定する必要があります。

--reflog

Pretend as if all objects mentioned by reflogs are listed on the command line as <commit>.reflogsによって言及されたすべてのオブジェクトがコマンドライン上にリストされているかのようにふりをします<commit>

--single-worktree - シングルワークツリー

By default, all working trees will be examined by the following options when there are more than one (see git-worktree[1]): --all, --reflog and --indexed-objects. This option forces them to examine the current working tree only.デフォルトでは、すべての作業の木が2つ以上が存在するとき(参照、以下のオプションによって検討されるのgit-worktreeを[1] ):--all--reflog--indexed-objects。このオプションは、現在の作業ツリーのみを調べるように強制します。

--ignore-missing

Upon seeing an invalid object name in the input, pretend as if the bad input was not given.入力に無効なオブジェクト名が表示されたら、悪い入力が与えられていないように見せかける。

--stdin

In addition to the <commit> listed on the command line, read them from the standard input. If a -- separator is seen, stop reading commits and start reading paths to limit the result.コマンドラインにリストされている<commit>に加えて、標準入力からそれらを読みます。--区切り文字が表示された場合は、結果を制限するためにコミットの読み取りを停止してパスの読み取りを開始します。

--quiet - 静か

Don’t print anything to standard output. This form is primarily meant to allow the caller to test the exit status to see if a range of objects is fully connected (or not). It is faster than redirecting stdout to /dev/null as the output does not have to be formatted.標準出力には何も表示しません。このフォームは主に、呼び出し元が終了ステータスをテストして、ある範囲のオブジェクトが完全に接続されているかどうかを確認できるようにすることを目的としています。出力を/dev/nullフォーマットする必要がないため、stdoutをにリダイレクトするよりも高速です。

--cherry-mark - キャリーマーク

Like --cherry-pick (see below) but mark equivalent commits with = rather than omitting them, and inequivalent ones with +.同様に--cherry-pick(下記参照)が、と同等のコミットをマーク=ではなく、それらを省略比べ、および非等価もの+

--cherry-pick - チェリーピック

Omit any commit that introduces the same change as another commit on the “other side” when the set of commits are limited with symmetric difference.一連のコミットが対称的な違いで制限されている場合は、「反対側」の別のコミットと同じ変更を導入するコミットを省略します。

For example, if you have two branches, A and B, a usual way to list all commits on only one side of them is with --left-right (see the example below in the description of the --left-right option). However, it shows the commits that were cherry-picked from the other branch (for example, “3rd on b” may be cherry-picked from branch A). With this option, such pairs of commits are excluded from the output.例えば、2つのブランチがあり、AそしてBその片側だけにすべてのコミットをリストする通常の方法--left-rightがあり--left-rightます(オプションの説明の下の例を参照してください)。ただし、他のブランチから選択されたコミットが表示されます(たとえば、「3rd on b」はブランチAから選択されたチェックです)。このオプションを使用すると、そのようなコミットのペアは出力から除外されます。

--left-only
--right-only - ライトのみ

List only commits on the respective side of a symmetric difference, i.e. only those which would be marked < resp. > by --left-right.対称的な違いのそれぞれの側、すなわちそれぞれマークされるものだけをリストし<ます。>によって--left-right

For example, --cherry-pick --right-only A...B omits those commits from B which are in A or are patch-equivalent to a commit in A. In other words, this lists the + commits from git cherry A B. More precisely, --cherry-pick --right-only --no-merges gives the exact list.たとえば、--cherry-pick --right-only A...BコミットされBているコミットAまたはパッチと同等のコミットを削除しAます。言い換えれば、これは+からのコミットをリストしますgit cherry A B。より正確に--cherry-pick --right-only --no-mergesは、正確なリストを与えます。

--cherry - チェリー

A synonym for --right-only --cherry-mark --no-merges; useful to limit the output to the commits on our side and mark those that have been applied to the other side of a forked history with git log --cherry upstream...mybranch, similar to git cherry upstream mybranch.の同義語--right-only --cherry-mark --no-mergesgit log --cherry upstream...mybranchと同様に、出力を私たちの側のコミットに限定し、分岐した履歴の反対側に適用されたものをマークするのに便利ですgit cherry upstream mybranch

-g
--walk-reflogs

Instead of walking the commit ancestry chain, walk reflog entries from the most recent one to older ones. When this option is used you cannot specify commits to exclude (that is, ^commit, commit1..commit2, and commit1...commit2 notations cannot be used).コミット祖先チェーンを歩く代わりに、最新のものから古いものへとreflogエントリを歩きます。このオプションを使用すると、除外するコミットを指定できません(つまり、^ commitcommit1..commit2、およびcommit1 ... commit2の表記は使用できません)。

With --pretty format other than oneline (for obvious reasons), this causes the output to have two extra lines of information taken from the reflog. The reflog designator in the output may be shown as ref@{Nth} (where Nth is the reverse-chronological index in the reflog) or as ref@{timestamp} (with the timestamp for that entry), depending on a few rules:では--pretty以外の形式oneline(明白な理由のために)、これは出力がREFLOGから取られた情報の2本の余分なラインを持つようになります。出力REFLOG指示子は以下のように示すことができるref@{Nth}(ここでNthREFLOGで逆時系列のインデックスである)またはref@{timestamp}(そのエントリのタイムスタンプを有する)、いくつかのルールに応じて:

  1. If the starting point is specified as ref@{Nth}, show the index format.開始点がに指定されているref@{Nth}場合は、索引フォーマットを表示します。

  2. If the starting point was specified as ref@{now}, show the timestamp format.開始点がとして指定されているref@{now}場合は、タイムスタンプの形式を表示します。

  3. If neither was used, but --date was given on the command line, show the timestamp in the format requested by --date.どちらも使用されずに--dateコマンドラインで指定された場合は、で要求された形式でタイムスタンプを表示し--dateます。

  4. Otherwise, show the index format.そうでなければ、インデックスフォーマットを表示します。

Under --pretty=oneline, the commit message is prefixed with this information on the same line. This option cannot be combined with --reverse. See also git-reflog[1].の下--pretty=onelineで、コミットメッセージは同じ行のこの情報で始まります。このオプションと組み合わせることはできません--reversegit-reflog [1]もご覧ください。

--merge - マージ

After a failed merge, show refs that touch files having a conflict and don’t exist on all heads to merge.マージが失敗した後、touchファイルが競合していて、マージするすべてのヘッドに存在しないことを示します。

--boundary - 境界

Output excluded boundary commits. Boundary commits are prefixed with -.除外された境界コミットを出力します。境界コミットにはプレフィックスが付き-ます。

--use-bitmap-index

Try to speed up the traversal using the pack bitmap index (if one is available). Note that when traversing with --objects, trees and blobs will not have their associated path printed.パックビットマップインデックス(利用可能な場合)を使ってトラバースを速くするようにしてください。でトラバースするときことに注意してください--objects、木々や塊がそれに関連するパスが印刷されていません。

--progress=<header> --progress = <ヘッダー>

Show progress reports on stderr as objects are considered. The <header> text will be printed with each progress update.オブジェクトが考慮されるときに標準エラーに関する進捗レポートを表示します。<header>テキストは、それぞれの進捗状況を更新して印刷されます。

History Simplification履歴の簡素化

Sometimes you are only interested in parts of the history, for example the commits modifying a particular <path>. But there are two parts of History Simplification, one part is selecting the commits and the other is how to do it, as there are various strategies to simplify the history.時々、あなたは歴史の一部、例えば特定の<path>を修正するコミットにだけ興味を持っています。しかし、履歴簡略化には2つの部分があります。1つはコミットを選択することで、もう1つは履歴を簡略化するためのさまざまな戦略があるため、その方法です。

The following options select the commits to be shown:以下のオプションは表示されるコミットを選択します。

<paths> <パス>

Commits modifying the given <paths> are selected.与えられた<paths>を変更するコミットが選択されています。

--simplify-by-decoration - 単純化による装飾

Commits that are referred by some branch or tag are selected.ブランチまたはタグによって参照されているコミットが選択されています。

Note that extra commits can be shown to give a meaningful history.意味のある歴史を与えるために追加のコミットを示すことができることに注意してください。

The following options affect the way the simplification is performed:以下のオプションは、単純化の実行方法に影響します。

Default mode デフォルトモード

Simplifies the history to the simplest history explaining the final state of the tree. Simplest because it prunes some side branches if the end result is the same (i.e. merging branches with the same content)履歴をツリーの最終状態を説明する最も単純な履歴に単純化します。最も単純なのは、最終結果が同じであればいくつかのサイドブランチを整理する(つまり、同じ内容のブランチをマージする)ためです。

--full-history

Same as the default mode, but does not prune some history.デフォルトモードと同じですが、履歴を削除しません。

--dense - 濃い

Only the selected commits are shown, plus some to have a meaningful history.選択されたコミットだけが表示され、さらにいくつかは意味のある履歴を持つために表示されます。

--sparse - スパース

All commits in the simplified history are shown.簡略化された履歴内のすべてのコミットが表示されます。

--simplify-merges

Additional option to --full-history to remove some needless merges from the resulting history, as there are no selected commits contributing to this merge.--full-historyこのマージに貢献する選択されたコミットがないため、結果の履歴から不要なマージを削除するための追加オプション。

--ancestry-path

When given a range of commits to display (e.g. commit1..commit2 or commit2 ^commit1), only display commits that exist directly on the ancestry chain between the commit1 and commit2, i.e. commits that are both descendants of commit1, and ancestors of commit2.表示するコミットの範囲が与えられたとき(例えばcommit1..commit2又はcommit2 ^ commit1)との間の祖先鎖上に直接存在する、唯一の表示コミットcommit1commit2、すなわちの子孫共にコミットcommit1、との祖先commit2

A more detailed explanation follows.より詳細な説明は以下の通りです。

Suppose you specified foo as the <paths>. We shall call commits that modify foo !TREESAME, and the rest TREESAME. (In a diff filtered for foo, they look different and equal, respectively.)foo<paths>として指定したとします。foo!TREESAMEと残りのTREESAME を変更するコミットを呼び出します。(フィルタ処理されたdiff fooでは、それらはそれぞれ違って等しく見えます。)

In the following, we will always refer to the same example history to illustrate the differences between simplification settings. We assume that you are filtering for a file foo in this commit graph:以下では、単純化設定の違いを説明するために、常に同じ例の履歴を参照します。fooこのコミットグラフでファイルをフィルタリングしていると仮定します。

	  .-A---M---N---O---P---Q
	 /     /   /   /   /   /
	I     B   C   D   E   Y
	 \   /   /   /   /   /
	  `-------------'   X

The horizontal line of history A---Q is taken to be the first parent of each merge. The commits are:履歴の水平線A --- Qは、各マージの最初の親と見なされます。コミットは次のとおりです。

  • I is the initial commit, in which foo exists with contents “asdf”, and a file quux exists with contents “quux”. Initial commits are compared to an empty tree, so I is !TREESAME.I初期コミットで、foo内容 "asdf" quuxが存在し、ファイルが内容 "quux"で存在します。初期コミットは空のツリーと比較されるのでI、!TREESAMEもそうです。

  • In A, foo contains just “foo”.Afoo「foo」だけが含まれています。

  • B contains the same change as A. Its merge M is trivial and hence TREESAME to all parents.Bと同じ変更が含まれていAます。そのマージMは簡単なので、すべての親にとってTREESAMEです。

  • C does not change foo, but its merge N changes it to “foobar”, so it is not TREESAME to any parent.C変更されませんfooが、マージNによって“ foobar”に変更されるため、どの親にとってもTREESAMEにはなりません。

  • D sets foo to “baz”. Its merge O combines the strings from N and D to “foobarbaz”; i.e., it is not TREESAME to any parent.Dfoo「baz」に設定します。そのマージOは"foobarbaz" からのNそしてDへの文字列を結合します。つまり、どの親にとってもTREESAMEではありません。

  • E changes quux to “xyzzy”, and its merge P combines the strings to “quux xyzzy”. P is TREESAME to O, but not to E.Equux「xyzzy」に変更され、マージPによって文字列が「quux xyzzy」に結合されます。PTREESAMEはですがO、はしませんE

  • X is an independent root commit that added a new file side, and Y modified it. Y is TREESAME to X. Its merge Q added side to P, and Q is TREESAME to P, but not to Y.X新しいファイルを追加し、それsideY修正した独立したルートコミットです。YにTREESAME Xです。そのマージはQ追加さsidePQTREESAMEになりますが、にはなりPませんY

rev-list walks backwards through history, including or excluding commits based on whether --full-history and/or parent rewriting (via --parents or --children) are used. The following settings are available.rev-list--full-history--parentsまたは経由で--children)親のリライトが使用されているかどうかに基づいてコミットを含めたり除外したりして、履歴を逆方向に歩きます。以下の設定が可能です。

Default mode デフォルトモード

Commits are included if they are not TREESAME to any parent (though this can be changed, see --sparse below). If the commit was a merge, and it was TREESAME to one parent, follow only that parent. (Even if there are several TREESAME parents, follow only one of them.) Otherwise, follow all parents.コミットがどの親にとってもTREESAMEではない場合は、コミットも含まれます(これは変更可能ですが、下記を--sparse参照)。コミットがマージであり、それが一方の親へのTREESAMEであった場合は、その親のみに従ってください。(TREESAMEの親が複数いる場合でも、そのうちの1つだけを守ってください。)それ以外の場合は、すべての親を守ってください。

This results in:これは次のようになります。

	  .-A---N---O
	 /     /   /
	I---------D

Note how the rule to only follow the TREESAME parent, if one is available, removed B from consideration entirely. C was considered via N, but is TREESAME. Root commits are compared to an empty tree, so I is !TREESAME.TREESAMEの親のみに従うという規則がある場合は、それBを考慮から完全に削除することに注意してください。C経由Nで検討されましたが、TREESAMEです。ルートコミットは空のツリーと比較されるのでI、!TREESAMEもそうです。

Parent/child relations are only visible with --parents, but that does not affect the commits selected in default mode, so we have shown the parent lines.親子関係はでのみ表示--parentsされますが、これはデフォルトモードで選択されたコミットには影響しませんので、親ラインを表示しました。

--full-history without parent rewriting 親の書き換えなしの--full-history

This mode differs from the default in one point: always follow all parents of a merge, even if it is TREESAME to one of them. Even if more than one side of the merge has commits that are included, this does not imply that the merge itself is! In the example, we getこのモードは1つの点でデフォルトとは異なります。たとえそれがそれらのうちの1つに対するTREESAMEであっても、常にマージのすべての親に従うことです。マージの片側以上にコミットが含まれていても、マージ自体がコミットされているとは限りません。この例では、

	I  A  B  N  D  O  P  Q

M was excluded because it is TREESAME to both parents. E, C and B were all walked, but only B was !TREESAME, so the others do not appear.M両親にはTREESAMEなので除外しました。ECそしてBすべてが歩いたが、唯一のB!TREESAMEだったので、他の人は現れない。

Note that without parent rewriting, it is not really possible to talk about the parent/child relationships between the commits, so we show them disconnected.親の書き換えがなければ、コミット間の親子関係について話すことは実際には不可能であるため、それらを切断して示します。

--full-history with parent rewriting 親の書き換えを伴う--full-history

Ordinary commits are only included if they are !TREESAME (though this can be changed, see --sparse below).通常のコミットは!TREESAMEである場合にのみ含まれます(これは変更可能ですが、下記を--sparse参照)。

Merges are always included. However, their parent list is rewritten: Along each parent, prune away commits that are not included themselves. This results inマージは常に含まれています。ただし、その親リストは書き換えられています。各親に沿って、自分自身に含まれていないコミットを削除します。これは

	  .-A---M---N---O---P---Q
	 /     /   /   /   /
	I     B   /   D   /
	 \   /   /   /   /
	  `-------------'

Compare to --full-history without rewriting above. Note that E was pruned away because it is TREESAME, but the parent list of P was rewritten to contain E's parent I. The same happened for C and N, and X, Y and Q.--full-history上記と書き換えずに比較してください。EそれがTREESAMEであるので剪定されたことに注意してください、しかしPの親リストはEの親を含むように書き直されましたICand N、and XYand についても同じことが起こりましたQ

In addition to the above settings, you can change whether TREESAME affects inclusion:上記の設定に加えて、TREESAMEが包含に影響するかどうかを変更できます。

--dense - 濃い

Commits that are walked are included if they are not TREESAME to any parent.それらがどの親にとってもTREESAMEではない場合、ウォークされたコミットは含まれます。

--sparse - スパース

All commits that are walked are included.実行されたすべてのコミットが含まれています。

Note that without --full-history, this still simplifies merges: if one of the parents is TREESAME, we follow only that one, so the other sides of the merge are never walked.それがなければ--full-history、これはやはりマージを単純化することに注意してください。もし親のうちの1人がTREESAMEであるならば、私たちはその1つだけに従うので、マージの反対側は決して歩かれません。

--simplify-merges

First, build a history graph in the same way that --full-history with parent rewriting does (see above).最初に、--full-history親の書き換えと同じ方法で履歴グラフを作成します(上記を参照)。

Then simplify each commit C to its replacement C' in the final history according to the following rules:次に、以下の規則に従って、各履歴を最終履歴でC置き換えることを単純化しC'ます。

  • Set C' to C.に設定C'Cます。

  • Replace each parent P of C' with its simplification P'. In the process, drop parents that are ancestors of other parents or that are root commits TREESAME to an empty tree, and remove duplicates, but take care to never drop all parents that we are TREESAME to.の各親PC'単純化して置き換えますP'。その過程で、他の親の先祖であるか、またはrootである親を空のツリーにドロップし、重複を削除します。ただし、TREESAMEであるすべての親をドロップしないように注意してください。

  • If after this parent rewriting, C' is a root or merge commit (has zero or >1 parents), a boundary commit, or !TREESAME, it remains. Otherwise, it is replaced with its only parent.この親の書き換え後にC'、ルートコミットまたはマージコミット(0個以上の親を持つ)、境界コミット、または!TREESAMEであれば、そのまま残ります。それ以外の場合は、唯一の親に置き換えられます。

The effect of this is best shown by way of comparing to --full-history with parent rewriting. The example turns into:この効果は--full-history、親の書き換えとの比較によって最もよく示されます。例は次のようになります。

	  .-A---M---N---O
	 /     /       /
	I     B       D
	 \   /       /
	  `---------'

Note the major differences in N, P, and Q over --full-history:主要な相違点に注意してくださいNPQオーバー--full-history

  • N's parent list had I removed, because it is an ancestor of the other parent M. Still, N remained because it is !TREESAME.Nの親リストはIもう一方の親の祖先であるため削除されましたM。それでも、まだN残っています!TREESAME。

  • P's parent list similarly had I removed. P was then removed completely, because it had one parent and is TREESAME.Pの親リストも同様にI削除されました。Pそれは完全に削除されました、なぜならそれは1つの親を持ち、TREESAMEだからです。

  • Q's parent list had Y simplified to X. X was then removed, because it was a TREESAME root. Q was then removed completely, because it had one parent and is TREESAME.Qの親リストはにY整理されましたXXそれはTREESAMEルートだったので、その後削除されました。Qそれは完全に削除されました、なぜならそれは1つの親を持ち、TREESAMEだからです。

Finally, there is a fifth simplification mode available:最後に、利用可能な5番目の単純化モードがあります。

--ancestry-path

Limit the displayed commits to those directly on the ancestry chain between the “from” and “to” commits in the given commit range. I.e. only display commits that are ancestor of the “to” commit and descendants of the “from” commit.表示されたコミットを、指定されたコミット範囲内の「from」と「to」のコミットの間の祖先チェーン上のコミットに直接制限します。つまり、「to」コミットの先祖であり、「from」コミットの子孫であるコミットのみを表示します。

As an example use case, consider the following commit history:使用例として、次のコミット履歴を考えます。

	    D---E-------F
	   /     \       \
	  B---C---G---H---I---J
	 /                     \
	A-------K---------------L--M

A regular D..M computes the set of commits that are ancestors of M, but excludes the ones that are ancestors of D. This is useful to see what happened to the history leading to M since D, in the sense that “what does M have that did not exist in D”. The result in this example would be all the commits, except A and B (and D itself, of course).通常のD..MM、の先祖であるコミットのセットを計算しますが、の先祖であるコミットは除外しますD。「これには何が存在しなかったのか」という意味で、これはMそれ以来の歴史に何が起こったのかを見るのに役立ちます。この例の結果は、and (およびもちろんそれ自体)以外のすべてのコミットになります。DMDABD

When we want to find out what commits in M are contaminated with the bug introduced by D and need fixing, however, we might want to view only the subset of D..M that are actually descendants of D, i.e. excluding C and K. This is exactly what the --ancestry-path option does. Applied to the D..M range, it results in:私たちがコミット何を知りたいときMにより導入されたバグで汚染されD、定着必要、しかし、我々はのサブセットだけを表示したい場合がありますD..M実際の子孫であるD、すなわちを除く、CK。これはまさにその--ancestry-pathオプションが行うことです。D..Mの範囲に適用すると、次のようになります。

		E-------F
		 \       \
		  G---H---I---J
			       \
				L--M

The --simplify-by-decoration option allows you to view only the big picture of the topology of the history, by omitting commits that are not referenced by tags. Commits are marked as !TREESAME (in other words, kept after history simplification rules described above) if (1) they are referenced by tags, or (2) they change the contents of the paths given on the command line. All other commits are marked as TREESAME (subject to be simplified away).この--simplify-by-decorationオプションを使用すると、タグで参照されていないコミットを省略して、履歴のトポロジの全体像のみを表示できます。(1)タグで参照されている場合、または(2)コマンドラインで指定されたパスの内容が変更されている場合、コミットは!TREESAMEとしてマークされます(つまり、上記の履歴単純化規則に従って保持されます)。他のすべてのコミットはTREESAMEとしてマークされています(簡略化することがあります)。

Bisection Helpers二分ヘルパー

--bisect - 二等分

Limit output to the one commit object which is roughly halfway between included and excluded commits. Note that the bad bisection ref refs/bisect/bad is added to the included commits (if it exists) and the good bisection refs refs/bisect/good-* are added to the excluded commits (if they exist). Thus, supposing there are no refs in refs/bisect/, if含まれるコミットと除外されるコミットのほぼ中間にある1つのコミットオブジェクトに出力を制限します。悪い二等分参照refs/bisect/badが含まれているコミットに存在する場合は追加され、良い二等分参照refs/bisect/good-*は除外されたコミットに存在する場合は追加されます。したがって、に参照がないと仮定するとrefs/bisect/

	$ git rev-list --bisect foo ^bar ^baz

outputs midpoint, the output of the two commands出力中間点、二つのコマンドの出力

	$ git rev-list foo ^midpoint
	$ git rev-list midpoint ^bar ^baz

would be of roughly the same length. Finding the change which introduces a regression is thus reduced to a binary search: repeatedly generate and test new 'midpoint’s until the commit chain is of length one. Cannot be combined with --first-parent.ほぼ同じ長さになります。そのため、回帰を引き起こす変更を見つけることは、バイナリ検索になります。コミットチェーンの長さが1になるまで、新しい 'midpoint'を繰り返し生成してテストします。--first-parentと組み合わせることはできません。

--bisect-vars

This calculates the same as --bisect, except that refs in refs/bisect/ are not used, and except that this outputs text ready to be eval’ed by the shell. These lines will assign the name of the midpoint revision to the variable bisect_rev, and the expected number of commits to be tested after bisect_rev is tested to bisect_nr, the expected number of commits to be tested if bisect_rev turns out to be good to bisect_good, the expected number of commits to be tested if bisect_rev turns out to be bad to bisect_bad, and the number of commits we are bisecting right now to bisect_all.--bisectrefs in refs/bisect/が使用されていないことと、これがシェルによって評価される準備ができているテキストを出力することを除いて、これはと同じように計算します。これらの行は、変数への中間点改正の名前が割り当てられますbisect_rev、そして後に、試験するコミットの予想数bisect_revにテストされbisect_nrた場合、コミット数の期待値は、テストするbisect_revには良いことが判明しbisect_good、コミットへの期待数それbisect_revが悪いことが判明したかどうかbisect_bad、および現在2つに分割しているコミットの数をテストしbisect_allます。

--bisect-all

This outputs all the commit objects between the included and excluded commits, ordered by their distance to the included and excluded commits. Refs in refs/bisect/ are not used. The farthest from them is displayed first. (This is the only one displayed by --bisect.)これは、含まれているコミットと除外されているコミットとの間の距離の順に、含まれているコミットと除外されているコミットの間のコミットオブジェクトをすべて出力します。参照refs/bisect/は使用されていません。それらから最も遠いものが最初に表示されます。(これが表示されるのはこれだけ--bisectです。)

This is useful because it makes it easy to choose a good commit to test when you want to avoid to test some of them for some reason (they may not compile for example).何らかの理由でそれらのうちのいくつかをテストしたくない場合(たとえばコンパイルできない可能性がある場合)は、テストに適切なコミットを選択するのが簡単になるため、これは便利です。

This option can be used along with --bisect-vars, in this case, after all the sorted commit objects, there will be the same text as if --bisect-vars had been used alone.このオプションは--bisect-vars、この場合、ソートされたすべてのコミットオブジェクトの後に、--bisect-vars単独で使用されていた場合と同じテキストが表示されます。

Commit Orderingコミット注文

By default, the commits are shown in reverse chronological order.デフォルトでは、コミットは新しい順に表示されます。

--date-order - 日付順

Show no parents before all of its children are shown, but otherwise show commits in the commit timestamp order.すべての子が表示される前に親を表示しませんが、それ以外の場合はコミットのタイムスタンプ順にコミットを表示します。

--author-date-order

Show no parents before all of its children are shown, but otherwise show commits in the author timestamp order.すべての子が表示される前に親を表示しませんが、それ以外の場合は作成者のタイムスタンプ順にコミットを表示します。

--topo-order - 予約注文

Show no parents before all of its children are shown, and avoid showing commits on multiple lines of history intermixed.すべての子が表示される前に親を表示しないでください。また、複数行の履歴でコミットが混在して表示されないようにしてください。

For example, in a commit history like this:たとえば、次のようなコミット履歴では、

    ---1----2----4----7
	\	       \
	 3----5----6----8---

where the numbers denote the order of commit timestamps, git rev-list and friends with --date-order show the commits in the timestamp order: 8 7 6 5 4 3 2 1.数字はコミットのタイムスタンプの順序を表し、git rev-list友達はタイムスタンプの順序でコミットを--date-order表示します。8 7 6 5 4 3 2 1。

With --topo-order, they would show 8 6 5 3 7 4 2 1 (or 8 7 4 2 6 5 3 1); some older commits are shown before newer ones in order to avoid showing the commits from two parallel development track mixed together.では--topo-order、8 6 5 3 7 4 2 1(または8 7 4 2 6 5 3 1)と表示されます。2つの並行した開発トラックからのコミットが混在して表示されないようにするために、いくつかの古いコミットを新しいコミットの前に表示します。

--reverse - 逆

Output the commits chosen to be shown (see Commit Limiting section above) in reverse order. Cannot be combined with --walk-reflogs.表示されるように選択されたコミットを出力します(上記のコミット制限のセクションを参照)。と組み合わせることはできません--walk-reflogs

Object Traversalオブジェクトトラバーサル

These options are mostly targeted for packing of Git repositories.これらのオプションは、主にGitリポジトリのパッキングを対象としています。

--objects - オブジェクト

Print the object IDs of any object referenced by the listed commits. --objects foo ^bar thus means “send me all object IDs which I need to download if I have the commit object bar but not foo”.リストされているコミットによって参照されている任意のオブジェクトのオブジェクトIDを印刷します。--objects foo ^barしたがって、「コミットオブジェクトバーがあるがfooがない場合は、ダウンロードする必要があるすべてのオブジェクトIDを送付する」という意味です。

--in-commit-order - コミット順

Print tree and blob ids in order of the commits. The tree and blob ids are printed after they are first referenced by a commit.コミット順にツリーIDとBLOB IDを表示します。ツリーIDとBLOB IDは、コミットによって最初に参照された後に出力されます。

--objects-edge

Similar to --objects, but also print the IDs of excluded commits prefixed with a “-” character. This is used by git-pack-objects[1] to build a “thin” pack, which records objects in deltified form based on objects contained in these excluded commits to reduce network traffic.に似て--objectsいますが、除外されたコミットのIDに接頭辞「 - 」を付けて印刷します。これはgit-pack-objects [1]によって使われ、ネットワークトラフィックを減らすために、これらの除外されたコミットに含まれるオブジェクトに基づいてオブジェクトを細分化された形式で記録します。

--objects-edge-aggressive

Similar to --objects-edge, but it tries harder to find excluded commits at the cost of increased time. This is used instead of --objects-edge to build “thin” packs for shallow repositories.と似て--objects-edgeいますが、時間がかかるという犠牲を払って除外されたコミットを見つけるのは困難です。これは--objects-edge、浅いリポジトリ用の「薄い」パックを構築する代わりに使用されます。

--indexed-objects

Pretend as if all trees and blobs used by the index are listed on the command line. Note that you probably want to use --objects, too.インデックスで使用されているすべてのツリーとBLOBがコマンドラインにリストされているように見せかける。あなたもおそらく使いたいことに注意してください--objects

--unpacked - アンパック

Only useful with --objects; print the object IDs that are not in packs.とだけ有効です--objects。パックに入っていないオブジェクトIDを印刷します。

--filter=<filter-spec> --filter = <filter-spec>

Only useful with one of the --objects*; omits objects (usually blobs) from the list of printed objects. The <filter-spec> may be one of the following:のいずれかでのみ有用です--objects*。印刷オブジェクトのリストからオブジェクト(通常はblob)を省略します。<フィルタ仕様>以下のいずれかであってもよいです。

The form --filter=blob:none omits all blobs.--filter = blob:noneの形式は、すべてのBLOBを省略します。

The form --filter=blob:limit=<n>[kmg] omits blobs larger than n bytes or units. n may be zero. The suffixes k, m, and g can be used to name units in KiB, MiB, or GiB. For example, blob:limit=1k is the same as blob:limit=1024.--filter = blob:limit = <n> [kmg]の形式では、nバイトまたは単位よりも大きいBLOBが省略されます。nはゼロでもよい。接尾辞k、m、およびgは、KiB、MiB、またはGiBの単位を指定するために使用できます。たとえば、blob:limit = 1kは、blob:limit = 1024と同じです。

The form --filter=sparse:oid=<blob-ish> uses a sparse-checkout specification contained in the blob (or blob-expression) <blob-ish> to omit blobs that would not be not required for a sparse checkout on the requested refs.--filter = sparse:oid = <blob-ish>の形式は、blob(またはblob-expression)<blob-ish>に含まれているsparse-checkoutの指定を使用して、sparse checkoutに不要なblobを省略します。要求された参照

The form --filter=sparse:path=<path> similarly uses a sparse-checkout specification contained in <path>.--filter = sparse:path = <path>の形式も同様に<path>に含まれるsparse-checkout指定を使用します。

The form --filter=tree:<depth> omits all blobs and trees whose depth from the root tree is >= <depth> (minimum depth if an object is located at multiple depths in the commits traversed). <depth>=0 will not include any trees or blobs unless included explicitly in the command-line (or standard input when --stdin is used). <depth>=1 will include only the tree and blobs which are referenced directly by a commit reachable from <commit> or an explicitly-given object. <depth>=2 is like <depth>=1 while also including trees and blobs one more level removed from an explicitly-given commit or tree.--filter = tree:<depth>の形式では、ルートツリーからの深さが> = <depth>(トラバースされたコミット内でオブジェクトが複数の深さにある場合の最小深さ)になるすべてのBLOBおよびツリーが省略されます。<depth> = 0は、コマンドライン(または--stdinが使用されている場合は標準入力)に明示的に含まれていない限り、ツリーやBLOBを含みません。<depth> = 1は、<commit>から到達可能なコミット、または明示的に与えられたオブジェクトによって直接参照されるツリーとBLOBのみを含みます。<depth> = 2は<depth> = 1に似ていますが、明示的に指定されたコミットまたはツリーからもう1つ上のレベルのツリーおよびBLOBも含まれます。

--no-filter

Turn off any previous --filter= argument.前の--filter=引数をすべてオフにします。

--filter-print-omitted --filter-print-省略

Only useful with --filter=; prints a list of the objects omitted by the filter. Object IDs are prefixed with a “~” character.とだけ有効です--filter=。フィルタによって省略されたオブジェクトのリストを表示します。オブジェクトIDの先頭には「〜」文字が付いています。

--missing=<missing-action> --missing = <missing-action>

A debug option to help with future "partial clone" development. This option specifies how missing objects are handled.将来の "パーシャルクローン"開発に役立つデバッグオプション。このオプションは、足りないオブジェクトをどのように処理するかを指定します。

The form --missing=error requests that rev-list stop with an error if a missing object is encountered. This is the default action.--missing = errorの形式は、見つからないオブジェクトが見つかった場合にrev-listがエラーで停止するように要求します。これがデフォルトの動作です。

The form --missing=allow-any will allow object traversal to continue if a missing object is encountered. Missing objects will silently be omitted from the results.--missing = allow-anyという形式は、見つからないオブジェクトが見つかった場合にオブジェクトのトラバースを続行することを許可します。行方不明のオブジェクトは黙って結果から除外されます。

The form --missing=allow-promisor is like allow-any, but will only allow object traversal to continue for EXPECTED promisor missing objects. Unexpected missing objects will raise an error.--missing = allow-promisorの形式はallow-anyに似ています、期待されるpromisorが見つからないオブジェクトに対してのみオブジェクトトラバースを続行することを許可します。予期しないオブジェクトが見つからないとエラーが発生します。

The form --missing=print is like allow-any, but will also print a list of the missing objects. Object IDs are prefixed with a “?” character.--missing = printの形式はallow-anyに似ていますが、足りないオブジェクトのリストも表示します。オブジェクトIDの前には「?」文字が付きます。

--exclude-promisor-objects

(For internal use only.) Prefilter object traversal at promisor boundary. This is used with partial clone. This is stronger than --missing=allow-promisor because it limits the traversal, rather than just silencing errors about missing objects.(内部使用のみ。)promisor境界でのプレフィルターオブジェクトトラバース。これは部分クローンで使用されます。これは--missing=allow-promisor、足りないオブジェクトに関するエラーを黙らせるのではなく、走査を制限するためよりも強力です。

--no-walk[=(sorted|unsorted)] --no-walk [=(ソート済み|ソートなし)]

Only show the given commits, but do not traverse their ancestors. This has no effect if a range is specified. If the argument unsorted is given, the commits are shown in the order they were given on the command line. Otherwise (if sorted or no argument was given), the commits are shown in reverse chronological order by commit time. Cannot be combined with --graph.与えられたコミットのみを表示しますが、それらの先祖を横断しません。範囲が指定されている場合、これは効果がありません。引数unsortedが与えられると、コミットはコマンドラインで与えられた順番で表示されます。それ以外の場合(sorted引数が指定されていない場合、または引数が指定されていない場合)、コミット時刻の新しい順にコミットが表示されます。と組み合わせることはできません--graph

--do-walk - ウォーキング

Overrides a previous --no-walk.前を上書きし--no-walkます。

Commit Formattingコミットフォーマット

Using these options, git-rev-list[1] will act similar to the more specialized family of commit log tools: git-log[1], git-show[1], and git-whatchanged[1]これらのオプションを使用すると、git-rev-list [1]は、コミットログツールのより専門的なファミリ:git-log [1]git-show [1]、およびgit-whatchanged [1]と同様に機能します。

--pretty[=<format>] --pretty [= <フォーマット>]
--format=<format> --format = <フォーマット>

Pretty-print the contents of the commit logs in a given format, where <format> can be one of oneline, short, medium, full, fuller, email, raw, format:<string> and tformat:<string>. When <format> is none of the above, and has %placeholder in it, it acts as if --pretty=tformat:<format> were given.コミットログの内容を特定のフォーマットできれい表示します<フォーマット>は、オンラインショートミディアムフルフル電子メール未加工フォーマット:<文字列>およびt フォーマット:<文字列>のいずれかです。場合<フォーマット>上記のいずれでもない、と有し%プレースホルダをその中にいるかのように、それが作用する<形式>:--pretty = TFORMAT与えました。

See the "PRETTY FORMATS" section for some additional details for each format. When =<format> part is omitted, it defaults to medium.各形式の詳細については、「形式の設定」を参照してください。= <フォーマット>に一部が省略され、それはデフォルトの媒体

Note: you can specify the default pretty format in the repository configuration (see git-config[1]).注:リポジトリ設定でデフォルトのプリティフォーマットを指定できます(git-config [1]を参照)。

--abbrev-commit

Instead of showing the full 40-byte hexadecimal commit object name, show only a partial prefix. Non default number of digits can be specified with "--abbrev=<n>" (which also modifies diff output, if it is displayed).全40バイトの16進コミット・オブジェクト名を表示する代わりに、部分的な接頭部のみを表示してください。デフォルト以外の桁数は "--abbrev = <n>"で指定できます(表示されている場合はdiff出力も変更されます)。

This should make "--pretty=oneline" a whole lot more readable for people using 80-column terminals.これは "--pretty = oneline"を80桁の端末を使っている人にとってずっと読みやすくするはずです。

--no-abbrev-commit

Show the full 40-byte hexadecimal commit object name. This negates --abbrev-commit and those options which imply it such as "--oneline". It also overrides the log.abbrevCommit variable.全40バイトの16進コミット・オブジェクト名を表示します。これは否定され--abbrev-commit、それを意味する "--oneline"のようなオプションもあります。log.abbrevCommit変数も上書きされます。

--oneline

This is a shorthand for "--pretty=oneline --abbrev-commit" used together.これは、 "--pretty = oneline --abbrev-commit"を一緒に使用した場合の省略形です。

--encoding=<encoding> --encoding = <encoding>

The commit objects record the encoding used for the log message in their encoding header; this option can be used to tell the command to re-code the commit log message in the encoding preferred by the user. For non plumbing commands this defaults to UTF-8. Note that if an object claims to be encoded in X and we are outputting in X, we will output the object verbatim; this means that invalid sequences in the original commit may be copied to the output.コミットオブジェクトは、ログメッセージに使用されているエンコーディングをエンコーディングヘッダに記録します。このオプションを使用して、コミットログメッセージをユーザーが希望するエンコーディングで再コーディングするようにコマンドに指示できます。非配管コマンドの場合、これはデフォルトのUTF-8になります。オブジェクトがエンコードされているXと主張していて、出力しようとしている場合、Xそのオブジェクトをそのまま出力します。これは、元のコミットの無効なシーケンスが出力にコピーされる可能性があることを意味します。

--expand-tabs=<n> --expand-tabs = <n>
--expand-tabs
--no-expand-tabs

Perform a tab expansion (replace each tab with enough spaces to fill to the next display column that is multiple of <n>) in the log message before showing it in the output. --expand-tabs is a short-hand for --expand-tabs=8, and --no-expand-tabs is a short-hand for --expand-tabs=0, which disables tab expansion.出力に表示する前に、ログメッセージでタブ展開(各タブを<n>の倍数である次の表示列を埋めるのに十分なスペースで置き換えてください)を実行します。--expand-tabs以下のための短い手で--expand-tabs=8、と--no-expand-tabsのための短い手で--expand-tabs=0タブ拡張を無効にします。

By default, tabs are expanded in pretty formats that indent the log message by 4 spaces (i.e. medium, which is the default, full, and fuller).デフォルトでは、タブはログメッセージを4スペースインデントするきれいなフォーマットで展開されています(つまり、medium、これがデフォルト、full、およびfullerです)。

--show-signature

Check the validity of a signed commit object by passing the signature to gpg --verify and show the output.署名を渡して署名付きコミットオブジェクトの有効性を確認しgpg --verify、出力を表示します。

--relative-date - 相対日付

Synonym for --date=relative.の同義語--date=relative

--date=<format> --date = <フォーマット>

Only takes effect for dates shown in human-readable format, such as when using --pretty. log.date config variable sets a default value for the log command’s --date option. By default, dates are shown in the original time zone (either committer’s or author’s). If -local is appended to the format (e.g., iso-local), the user’s local time zone is used instead.使用時など、人間が読める形式で表示された日付に対してのみ有効です--prettylog.dateconfig変数は、logコマンドの--dateオプションのデフォルト値を設定します。デフォルトでは、日付は元のタイムゾーン(コミッタまたは作成者)で表示されます。-localが形式(たとえばiso-local)に追加されている場合は、代わりにユーザーのローカルタイムゾーンが使用されます。

--date=relative shows dates relative to the current time, e.g. “2 hours ago”. The -local option has no effect for --date=relative.--date=relative現在の時刻を基準にした日付を表示します(例:2時間前)。この-localオプションはには効果がありません--date=relative

--date=local is an alias for --date=default-local.--date=localのエイリアスです--date=default-local

--date=iso (or --date=iso8601) shows timestamps in a ISO 8601-like format. The differences to the strict ISO 8601 format are:--date=iso(または--date=iso8601)は、ISO 8601のような形式でタイムスタンプを表示します。厳密なISO 8601フォーマットとの違いは次のとおりです。

  • a space instead of the T date/time delimiterT日付/時刻区切り文字の代わりにスペース

  • a space between time and time zone時間とタイムゾーンの間のスペース

  • no colon between hours and minutes of the time zoneタイムゾーンの時間と分の間にコロンがない

--date=iso-strict (or --date=iso8601-strict) shows timestamps in strict ISO 8601 format.--date=iso-strict(または--date=iso8601-strict)は厳密なISO 8601形式でタイムスタンプを表示します。

+ --date=rfc (or --date=rfc2822) shows timestamps in RFC 2822 format, often found in email messages.+ --date=rfc(または--date=rfc2822)は、RFC 2822形式のタイムスタンプを示し、電子メールメッセージによく見られます。

+ --date=short shows only the date, but not the time, in YYYY-MM-DD format.+ --date=shortは日付のみを表示し、時刻は表示しませんYYYY-MM-DD

+ --date=raw shows the date as seconds since the epoch (1970-01-01 00:00:00 UTC), followed by a space, and then the timezone as an offset from UTC (a + or - with four digits; the first two are hours, and the second two are minutes). I.e., as if the timestamp were formatted with strftime("%s %z")). Note that the -local option does not affect the seconds-since-epoch value (which is always measured in UTC), but does switch the accompanying timezone value.+は、--date=rawUTCからのオフセットとして空間続くエポック秒として日付(1970-01-01 00:00:00)、その後タイムゾーンを(示し+、または-4桁と、最初の二つは時間であり、そして次の2つは分です)。つまり、タイムスタンプが)でフォーマットされているかのようにstrftime("%s %z")。この-localオプションはエポックからの秒数(常にUTCで測定される)には影響しませんが、付随するタイムゾーンの値を切り替えます。

+ --date=human shows the timezone if the timezone does not match the current time-zone, and doesn’t print the whole date if that matches (ie skip printing year for dates that are "this year", but also skip the whole date itself if it’s in the last few days and we can just say what weekday it was). For older dates the hour and minute is also omitted.+ --date=humanは、タイムゾーンが現在のタイムゾーンと一致しない場合はタイムゾーンを表示し、一致する場合は日付全体を表示しません(つまり、 "今年"の日付の場合は年の表示をスキップします。ここ数日で、私たちはちょうどそれが何曜日だったかを言うことができます)。それより古い日付では、時分も省略されます。

+ --date=unix shows the date as a Unix epoch timestamp (seconds since 1970). As with --raw, this is always in UTC and therefore -local has no effect.+ --date=unixは、UNIXエポックタイムスタンプとして日付を表示します(1970年からの秒数)。と同様に--raw、これは常にUTCであり、したがって-local効果はありません。

+ --date=format:... feeds the format ... to your system strftime, except for %z and %Z, which are handled internally. Use --date=format:%c to show the date in your system locale’s preferred format. See the strftime manual for a complete list of format placeholders. When using -local, the correct syntax is --date=format-local:....+ は内部的に処理される%zと%Zを除いて--date=format:...、フォーマット...をシステムに送りますstrftime--date=format:%cシステムロケールの優先形式で日付を表示するために使用します。strftimeフォーマットプレースホルダの完全なリストについてはマニュアルを参照してください。使用する-local場合、正しい構文は--date=format-local:...です。

+ --date=default is the default format, and is similar to --date=rfc2822, with a few exceptions:+ --date=defaultがデフォルトのフォーマットであり--date=rfc2822、いくつかの例外がありますが、に似ています。

  • there is no comma after the day-of-week曜日の後にコンマはありません

  • the time zone is omitted when the local time zone is usedローカルタイムゾーンが使用されている場合、タイムゾーンは省略されます。

--header - ヘッダ

Print the contents of the commit in raw-format; each record is separated with a NUL character.コミットの内容をrawフォーマットで表示します。各レコードはNUL文字で区切られています。

--parents - 親

Print also the parents of the commit (in the form "commit parent…​"). Also enables parent rewriting, see History Simplification above.コミットの親も印刷します( "commit parent…"の形式で)。親の書き換えも可能にします。上の履歴の簡略化を参照してください。

--children - 子供

Print also the children of the commit (in the form "commit child…​"). Also enables parent rewriting, see History Simplification above.コミットの子も印刷します( "commit child…"の形式で)。また、親の書き換えを有効にします。上記の履歴の簡略化を参照してください。

--timestamp - タイムスタンプ

Print the raw commit timestamp.生のコミットタイムスタンプを表示します。

--left-right - 左右

Mark which side of a symmetric difference a commit is reachable from. Commits from the left side are prefixed with < and those from the right with >. If combined with --boundary, those commits are prefixed with -.対称的な違いのどちら側からコミットに到達できるかをマークします。左側からのコミットは先頭に<、右側からのコミットは先頭に付き>ます。と組み合わせると--boundary、それらのコミットには接頭辞が付き-ます。

For example, if you have this topology:たとえば、次のトポロジがあるとします。

	     y---b---b  branch B
	    / \ /
	   /   .
	  /   / \
	 o---x---a---a  branch A

you would get an output like this:あなたはこのような出力を得るでしょう:

	$ git rev-list --left-right --boundary --pretty=oneline A...B
	>bbbbbbb... 3rd on b
	>bbbbbbb... 2nd on b
	<aaaaaaa... 3rd on a
	<aaaaaaa... 2nd on a
	-yyyyyyy... 1st on b
	-xxxxxxx... 1st on a
--graph - グラフ

Draw a text-based graphical representation of the commit history on the left hand side of the output. This may cause extra lines to be printed in between commits, in order for the graph history to be drawn properly. Cannot be combined with --no-walk.コミット履歴のテキストベースのグラフィック表示を出力の左側に描画します。これにより、グラフ履歴を正しく描画するために、コミットの間に余分な行が表示されることがあります。と組み合わせることはできません--no-walk

This enables parent rewriting, see History Simplification above.これは親の書き換えを可能にします。上の履歴の簡略化を見てください。

This implies the --topo-order option by default, but the --date-order option may also be specified.これは--topo-orderデフォルトでオプションを意味しますが、--date-orderオプションを指定することもできます。

--show-linear-break[=<barrier>] --show-linear-break [= <barrier>]

When --graph is not used, all history branches are flattened which can make it hard to see that the two consecutive commits do not belong to a linear branch. This option puts a barrier in between them in that case. If <barrier> is specified, it is the string that will be shown instead of the default one.--graphが使用されていない場合、すべての履歴ブランチはフラット化され、2つの連続したコミットが線形ブランチに属していないことがわかりにくくなります。この場合、このオプションはそれらの間に障壁を置きます。<barrier>を指定した場合は、デフォルトの文字列ではなく表示される文字列です。

--count - カウント

Print a number stating how many commits would have been listed, and suppress all other output. When used together with --left-right, instead print the counts for left and right commits, separated by a tab. When used together with --cherry-mark, omit patch equivalent commits from these counts and print the count for equivalent commits separated by a tab.リストされていたコミットの数を記載した数字を印刷し、他のすべての出力を抑制します。と組み合わせて使用??する場合は--left-right、代わりにタブで区切って左右のコミットの件数を表示します。とともに使用する場合--cherry-markは、これらのカウントからpatchの等価コミットを省略し、タブで区切られた等価コミットのカウントを出力します。

PRETTY FORMATSプリティフォーマット

If the commit is a merge, and if the pretty-format is not oneline, email or raw, an additional line is inserted before the Author: line. This line begins with "Merge: " and the sha1s of ancestral commits are printed, separated by spaces. Note that the listed commits may not necessarily be the list of the direct parent commits if you have limited your view of history: for example, if you are only interested in changes related to a certain directory or file.コミットがマージで、プリティフォーマットがオンラインでも電子メールででもない場合Author:行の前に追加の行が挿入されます。この行は "Merge:"で始まり、先祖のコミットのsha1がスペースで区切られて表示されます。履歴の表示を制限している場合、リストされているコミットが必ずしも直接の親コミットのリストであるとは限らないことに注意してください。

There are several built-in formats, and you can define additional formats by setting a pretty.<name> config option to either another format name, or a format: string, as described below (see git-config[1]). Here are the details of the built-in formats:いくつかの組み込みフォーマットがあり、下記で説明されているように、pretty。<name> configオプションを他のフォーマット名かformat:文字列に設定することで追加フォーマットを定義することができます(git-config [1]参照)。組み込みフォーマットの詳細は以下のとおりです。

  • oneline一人ぼっち

    <sha1> <title line>

    This is designed to be as compact as possible.これはできるだけコンパクトになるように設計されています。

  • shortショート

    commit <sha1>
    Author: <author>
    <title line>
  • medium

    commit <sha1>
    Author: <author>
    Date:   <author date>
    <title line>
    <full commit message>
  • fullいっぱい

    commit <sha1>
    Author: <author>
    Commit: <committer>
    <title line>
    <full commit message>
  • fullerより充実した

    commit <sha1>
    Author:     <author>
    AuthorDate: <author date>
    Commit:     <committer>
    CommitDate: <committer date>
    <title line>
    <full commit message>
  • emailEメール

    From <sha1> <date>
    From: <author>
    Date: <author date>
    Subject: [PATCH] <title line>
    <full commit message>
  • raw

    The raw format shows the entire commit exactly as stored in the commit object. Notably, the SHA-1s are displayed in full, regardless of whether --abbrev or --no-abbrev are used, and parents information show the true parent commits, without taking grafts or history simplification into account. Note that this format affects the way commits are displayed, but not the way the diff is shown e.g. with git log --raw. To get full object names in a raw diff format, use --no-abbrev.生の形式全体がコミットオブジェクトに格納されているとおりにコミット示します。特に、SHA-1は--abbrevまたは--no-abbrevが使用されているかどうかにかかわらず完全に表示されます。また、保護者の情報は、移植や履歴の簡略化を考慮せずに、実際の親のコミットを示します。このフォーマットはコミットの表示方法には影響しますが、diffの表示方法には影響しませんgit log --raw。生の差分形式で完全なオブジェクト名を取得するには、を使用します--no-abbrev

  • format:<string>フォーマット:<文字列>

    The format:<string> format allows you to specify which information you want to show. It works a little bit like printf format, with the notable exception that you get a newline with %n instead of \n.フォーマットは:<文字列>の形式を使用すると、表示したいどの情報を指定することができます。printfフォーマットに少し似ていますが、\ nの代わりに%nを使用して改行を取得するという注目すべき例外があります。

    E.g, format:"The author of %h was %an, %ar%nThe title was >>%s<<%n" would show something like this:例えば、フォーマット: "%hの作者は%an、%ar%nでした。タイトルは>>%s <<%nでした"と表示されます。

    The author of fe6e0ee was Junio C Hamano, 23 hours ago
    The title was >>t4119: test autocomputing -p<n> for traditional diff input.<<

    The placeholders are:プレースホルダーは以下のとおりです。

    • %H: commit hash%H:ハッシュをコミット

    • %h: abbreviated commit hash%h:短縮コミットハッシュ

    • %T: tree hash%T:ツリーハッシュ

    • %t: abbreviated tree hash%t:省略形のツリーハッシュ

    • %P: parent hashes%P:親ハッシュ

    • %p: abbreviated parent hashes%p:省略形の親ハッシュ

    • %an: author name%an:著者名

    • %aN: author name (respecting .mailmap, see git-shortlog[1] or git-blame[1])%aN:作者名(.mailmapを尊重します。git -shortlog [1]またはgit-blame [1]を参照)

    • %ae: author email%ae:作者のメールアドレス

    • %aE: author email (respecting .mailmap, see git-shortlog[1] or git-blame[1])%aE:作者の電子メール(.mailmapを尊重します。git -shortlog [1]またはgit-blame [1]を参照)

    • %ad: author date (format respects --date= option)%ad:作成者の日付(形式は--date = optionを考慮しています)

    • %aD: author date, RFC2822 style%aD:作成者日付、RFC 2822スタイル

    • %ar: author date, relative%ar:作成者日付、相対パス

    • %at: author date, UNIX timestamp%at:作成者日付、UNIXタイムスタンプ

    • %ai: author date, ISO 8601-like format%ai:作成者日付、ISO 8601風フォーマット

    • %aI: author date, strict ISO 8601 format%aI:作成者日付、厳密なISO 8601フォーマット

    • %cn: committer name%cn:コミッタ名

    • %cN: committer name (respecting .mailmap, see git-shortlog[1] or git-blame[1])%cN:コミッタ名(.mailmapを尊重します。git -shortlog [1]またはgit-blame [1]を参照)

    • %ce: committer email%ceコミッタメール

    • %cE: committer email (respecting .mailmap, see git-shortlog[1] or git-blame[1])%cE:committer email(.mailmapを尊重します。git -shortlog [1]またはgit-blame [1]を参照)

    • %cd: committer date (format respects --date= option)%cd:committer date(フォーマットは--date = optionを考慮しています)

    • %cD: committer date, RFC2822 style%cD:コミッタ日付、RFC 2822スタイル

    • %cr: committer date, relative%crコミッタ日付、相対パス

    • %ct: committer date, UNIX timestamp%ctコミッタ日付、UNIXタイムスタンプ

    • %ci: committer date, ISO 8601-like format%ci:コミッタ日付、ISO 8601風の形式

    • %cI: committer date, strict ISO 8601 format%cIコミッタ日付、厳密なISO 8601フォーマット

    • %d: ref names, like the --decorate option of git-log[1]%dgit-logの --decorateオプションのような参照名[1]

    • %D: ref names without the " (", ")" wrapping.%D: "("、 ")"の折り返しのない参照名

    • %S: ref name given on the command line by which the commit was reached (like git log --source), only works with git log%S:コミットに到達したコマンドラインで与えられた参照名(のようにgit log --source)。git log

    • %e: encoding%e:エンコード

    • %s: subject%s:件名

    • %f: sanitized subject line, suitable for a filename%f:ファイル名に適したサニタイズされた件名

    • %b: body%b:ボディ

    • %B: raw body (unwrapped subject and body)%B:未加工ボディ(ラップされていないサブジェクトとボディ)

    • %GG: raw verification message from GPG for a signed commit%GG:署名されたコミットに対するGPGからの生の検証メッセージ

    • %G?: show "G" for a good (valid) signature, "B" for a bad signature, "U" for a good signature with unknown validity, "X" for a good signature that has expired, "Y" for a good signature made by an expired key, "R" for a good signature made by a revoked key, "E" if the signature cannot be checked (e.g. missing key) and "N" for no signature%G?:良い(有効な)署名には "G"、悪い署名には "B"、有効性が不明な有効な署名には "U"、期限が切れた有効な署名には "X"、有効な署名には "Y"を表示します。有効期限が切れた鍵によって作成されます。失効した鍵によって作成された良好な署名の場合は "R"、署名が確認できない場合は "E"(署名がないなど)

    • %GS: show the name of the signer for a signed commit%GS:署名されたコミットのための署名者の名前を表示します

    • %GK: show the key used to sign a signed commit%GK:署名されたコミットに署名するために使用されたキーを表示します

    • %GF: show the fingerprint of the key used to sign a signed commit%GF:署名されたコミットに署名するために使用されたキーのフィンガープリントを表示します

    • %GP: show the fingerprint of the primary key whose subkey was used to sign a signed commit%GP:署名付きコミットの署名にサブキーが使用された主キーのフィンガープリントを表示します

    • %gD: reflog selector, e.g., refs/stash@{1} or refs/stash@{2 minutes ago}; the format follows the rules described for the -g option. The portion before the @ is the refname as given on the command line (so git log -g refs/heads/master would yield refs/heads/master@{0}).%gD:reflogセレクタ、例えば、refs/stash@{1}またはrefs/stash@{2 minutes ago}; 形式は、-gオプションで説明されている規則に従います。の前の部分@は、コマンドラインで指定されているrefnameです(つまりgit log -g refs/heads/masteryield refs/heads/master@{0})。

    • %gd: shortened reflog selector; same as %gD, but the refname portion is shortened for human readability (so refs/heads/master becomes just master).%gd:reflogセレクタを短くしました。同様の%gD、しかしもしrefname部分は(そう人間の可読性のために短縮されるrefs/heads/masterだけとなりますmaster)。

    • %gn: reflog identity name%gn:ログID ID名

    • %gN: reflog identity name (respecting .mailmap, see git-shortlog[1] or git-blame[1])%gN:ログID名(.mailmapを尊重します。git -shortlog [1]またはgit-blame [1]を参照)

    • %ge: reflog identity email%ge:IDメールを再登録する

    • %gE: reflog identity email (respecting .mailmap, see git-shortlog[1] or git-blame[1])%gE:アイデンティティー電子メールを再ログ(.mailmapを尊重します。git -shortlog [1]またはgit-blame [1]を参照)

    • %gs: reflog subject%gs:件名を再ログ

    • %Cred: switch color to red%Cred:色を赤に変える

    • %Cgreen: switch color to green%Cgreen:色を緑色に切り替えます

    • %Cblue: switch color to blue%Cblue:色を青に変える

    • %Creset: reset colorクレスト%:色をリセット

    • %C(…​): color specification, as described under Values in the "CONFIGURATION FILE" section of git-config[1]. By default, colors are shown only when enabled for log output (by color.diff, color.ui, or --color, and respecting the auto settings of the former if we are going to a terminal). %C(auto,...) is accepted as a historical synonym for the default (e.g., %C(auto,red)). Specifying %C(always,...) will show the colors even when color is not otherwise enabled (though consider just using --color=always to enable color for the whole output, including this format and anything else git might color). auto alone (i.e. %C(auto)) will turn on auto coloring on the next placeholders until the color is switched again.%C(…)git-config [1]の "CONFIGURATION FILE"セクションの値で説明されている色指定。デフォルトでは、色は(でログ出力のために有効にする場合にのみ表示されcolor.diffcolor.uiまたは--color、そして尊重auto私たちは、端末しようとしている場合、元の設定)。%C(auto,...)デフォルトの歴史的同義語として受け入れられます(例:)%C(auto,red)%C(always,...)colorが他の方法で有効にされていない場合でも、指定すると色が表示されます(ただし--color=always、この形式やgitで色付けされる可能性があるものすべてを含め、出力全体に対してcolorを有効にすることを検討してください)。auto単独で(つまり%C(auto))色が再び切り替わるまで、次のプレースホルダーの自動色分けをオンにします。

    • %m: left (<), right (>) or boundary (-) mark%m:left(<)、right(>)、またはboundary(-)マーク

    • %n: newline%n:改行

    • %%: a raw %%%:生の

    • %x00: print a byte from a hex code%x00:16進コードから1バイトを印刷

    • %w([<w>[,<i1>[,<i2>]]]): switch line wrapping, like the -w option of git-shortlog[1].%w([<w> [、<i1> [、<i2>]]))git-shortlog [1]の -wオプションのように、行の折り返しを切り替えます。

    • %<(<N>[,trunc|ltrunc|mtrunc]): make the next placeholder take at least N columns, padding spaces on the right if necessary. Optionally truncate at the beginning (ltrunc), the middle (mtrunc) or the end (trunc) if the output is longer than N columns. Note that truncating only works correctly with N >= 2.%<(<N> [、trunc | ltrunc | mtrunc]):次のプレースホルダーに少なくともN列を取り、必要ならば右側にスペースを入れます。出力がN列よりも長い場合は、オプションで、先頭(ltrunc)、中央(mtrunc)、または末尾(trunc)を切り捨てます。切り捨ては、N> = 2でのみ正しく機能することに注意してください。

    • %<|(<N>): make the next placeholder take at least until Nth columns, padding spaces on the right if necessary%<|(<N>):次のプレースホルダーが少なくともN列目まで必要に応じて右にスペースを埋め込むようにします。

    • %>(<N>), %>|(<N>): similar to %<(<N>), %<|(<N>) respectively, but padding spaces on the left%>(<N>)%> |(<N>):それぞれ%<(<N>)%<|(<N>)に似ていますが、左側にスペースが埋め込まれています

    • %>>(<N>), %>>|(<N>): similar to %>(<N>), %>|(<N>) respectively, except that if the next placeholder takes more spaces than given and there are spaces on its left, use those spaces%>>(<N>)%>> |(<N>):それぞれ%>(<N>)%> |(<N>)に似ていますが、次のプレースホルダーが与えられたスペースよりも多くのスペースを必要とする場合は異なります。左側にスペースがあるので、それらのスペースを使う

    • %><(<N>), %><|(<N>): similar to %<(<N>), %<|(<N>) respectively, but padding both sides (i.e. the text is centered)%> <(<N>)%> <|(<N>):それぞれ%<(<N>)%<|(<N>)に似ていますが、両側にパディング(テキストの中央揃え)

    • %(trailers[:options]): display the trailers of the body as interpreted by git-interpret-trailers[1]. The trailers string may be followed by a colon and zero or more comma-separated options. If the only option is given, omit non-trailer lines from the trailer block. If the unfold option is given, behave as if interpret-trailer’s --unfold option was given. E.g., %(trailers:only,unfold) to do both.%(trailers [:options]):git-interpret-trailers [1]によって解釈された本体の予告編を表示します。trailersストリングは、結腸及びゼロ以上のカンマで区切られたオプションが続いてもよいです。onlyオプションが指定されている場合は、トレーラブロックから非トレーラ行を省略します。unfoldオプションが与えられた場合は、インタプリタトレーラの--unfoldオプションが与えられた場合と同じように振舞います。例えば、%(trailers:only,unfold)両方をすること。

Note Some placeholders may depend on other options given to the revision traversal engine. For example, the %g* reflog options will insert an empty string unless we are traversing reflog entries (e.g., by git log -g). The %d and %D placeholders will use the "short" decoration format if --decorate was not already provided on the command line. 一部のプレースホルダは、改訂トラバーサルエンジンに与えられた他のオプションに依存するかもしれません。例えば、%g*reflogオプションは、我々がreflogエントリをトラバースしているのでない限り(例えばbyでgit log -g)空の文字列を挿入します。あれば、プレースホルダ「ショート」の装飾形式を使用しますすでにコマンドラインで提供されていませんでした。 %d%D--decorate

If you add a + (plus sign) after % of a placeholder, a line-feed is inserted immediately before the expansion if and only if the placeholder expands to a non-empty string.プレースホルダの+後に(プラス記号)を追加すると、プレースホルダが空でない文字列に展開される場合に限り、展開の直前に改行が挿入されます。

If you add a - (minus sign) after % of a placeholder, all consecutive line-feeds immediately preceding the expansion are deleted if and only if the placeholder expands to an empty string.プレースホルダの-後に(マイナス記号)を追加すると、プレースホルダが空の文字列に展開された場合に限り、展開の直前の連続するすべての改行が削除されます。

If you add a ` ` (space) after % of a placeholder, a space is inserted immediately before the expansion if and only if the placeholder expands to a non-empty string.プレースホルダのの後に ``(スペース)を追加すると、プレースホルダが空でない文字列に展開される場合に限り、スペースが展開の直前に挿入されます。

  • tformat:tformat:

    The tformat: format works exactly like format:, except that it provides "terminator" semantics instead of "separator" semantics. In other words, each commit has the message terminator character (usually a newline) appended, rather than a separator placed between entries. This means that the final entry of a single-line format will be properly terminated with a new line, just as the "oneline" format does. For example:TFORMAT:フォーマットは、正確に同じように動作し形式:、それは代わりに「区切り」の意味の「ターミネーター」のセマンティクスを提供することを除いて。言い換えれば、各コミットはエントリ間に置かれる区切り文字ではなく、メッセージ終了文字(通常は改行)が追加されます。これは、 "oneline"フォーマットと同じように、単一行フォーマットの最後のエントリが新しい行で正しく終了することを意味します。例えば:

    $ git log -2 --pretty=format:%h 4da45bef \
      | perl -pe '$_ .= " -- NO NEWLINE\n" unless /\n/'
    4da45be
    7134973 -- NO NEWLINE
    $ git log -2 --pretty=tformat:%h 4da45bef \
      | perl -pe '$_ .= " -- NO NEWLINE\n" unless /\n/'
    4da45be
    7134973

    In addition, any unrecognized string that has a % in it is interpreted as if it has tformat: in front of it. For example, these two are equivalent:さらに、内にある認識されない文字列は、その前にある%かのように解釈されtformat:ます。たとえば、これら2つは同等です。

    $ git log -2 --pretty=tformat:%h 4da45bef
    $ git log -2 --pretty=%h 4da45bef

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

location.search

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る