request-pull

NAME

git-request-pull - Generates a summary of pending changesgit-request-pull - 保留中の変更の要約を生成する

SYNOPSIS概要

git request-pull [-p] <start> <url> [<end>]

DESCRIPTION説明

Generate a request asking your upstream project to pull changes into their tree. The request, printed to the standard output, begins with the branch description, summarizes the changes and indicates from where they can be pulled.上流のプロジェクトに変更をツリーに引き込むように依頼するリクエストを生成します。標準出力に出力された要求は、分岐の説明から始まり、変更内容を要約して、それらをどこから引き出すことができるかを示します。

The upstream project is expected to have the commit named by <start> and the output asks it to integrate the changes you made since that commit, up to the commit named by <end>, by visiting the repository named by <url>.上流のプロジェクトは、コミットされた名前のコミットを持つことが期待されていて<start>、出力は<end>、名前が付けられたリポジトリまで訪問して、コミットされた名前までのコミット以降の変更を統合するように求めます<url>

OPTIONSオプション

-p

Include patch text in the output.出力にパッチテキストを含めます。

<start> <開始>

Commit to start at. This names a commit that is already in the upstream history.にコミットします。これはすでに上流の歴史の中にあるコミットを指定します。

<url>

The repository URL to be pulled from.取得元のリポジトリのURL。

<end>

Commit to end at (defaults to HEAD). This names the commit at the tip of the history you are asking to be pulled.で終了するようにコミットします(デフォルトはHEADです)。これはあなたが引っ張られることを願っている歴史の先端でのコミットを示します。

When the repository named by <url> has the commit at a tip of a ref that is different from the ref you have locally, you can use the <local>:<remote> syntax, to have its local name, a colon :, and its remote name.によって名前が付けられたリポジトリが<url>あなたがローカルに持っている参照とは異なる参照の先端にコミットを持っているとき、あなたは<local>:<remote>ローカル名、コロン:、そしてリモート名を持つために構文を使うことができます。

EXAMPLES

Imagine that you built your work on your master branch on top of the v1.0 release, and want it to be integrated to the project. First you push that change to your public repository for others to see:あなたがあなたのmasterブランチの上にあなたの仕事をv1.0リリースの上に構築し、そしてそれをプロジェクトに統合させたいと想像してください。最初に、その変更をあなたの公開リポジトリにプッシュして、他の人が見られるようにします。

git push https://git.ko.xz/project master

Then, you run this command:次に、このコマンドを実行します。

git request-pull v1.0 https://git.ko.xz/project master

which will produce a request to the upstream, summarizing the changes between the v1.0 release and your master, to pull it from your public repository.これは、あなたの公開リポジトリからそれを引き出すために、v1.0リリースとあなたの間の変更を要約して、上流への要求を生成しmasterます。

If you pushed your change to a branch whose name is different from the one you have locally, e.g.ローカルに持っているものとは違う名前のブランチに変更をプッシュした場合

git push https://git.ko.xz/project master:for-linus

then you can ask that to be pulled withそれからあなたはそれを引っ張られるように依頼する

git request-pull v1.0 https://git.ko.xz/project master:for-linus

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

parseFloat

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る