Excelの日付や時間の表示形式(書式記号)の一覧

日付の書式記号
時間および時刻の書式記号

日付の書式記号

種類書式記号説明表示例
西暦 yy 西暦年を下2桁で表示する 2013年は『13』
Yyyy 西暦年を4桁で表示する 2013年は『2013』
和暦 元号 g 元号をアルファベットの頭文字で表示する T(大正)、S(昭和)、H(平成)など
gg 元号を漢字の頭文字で表示する 大(大正)、昭(昭和)、平(平成)など
ggg 元号を漢字で表示する 大正、昭和、平成など
e 和暦年を表示する 2013年は『25』
ee 1桁の和暦は0を付けて表示する 1994年は『06』
m 月を表示する 7月は『7』
mm 1桁の月は0を付けて表示する 7月は『07』
mmm 月を英語の3文字で表示する 7月は『Jul』
mmmm 月を英語で表示する 7月は『July』
mmmmm 月を英語の頭文字で表示する 6月は『J』、7月も『J』
d 日にちを表示する 2日は『2』
dd 1桁の日は0を付けて表示する 2日は『02』
曜日 ddd 曜日を英語の3頭文字で表示する Sun、Mon、Tue、Wed、Thu、Fri、Sat
dddd 曜日を英語で表示する 月曜日は『Monday』
aaa 曜日を漢字の頭文字で表示する 月曜日は『月』
aaaa 曜日を漢字で表示する 月曜日など

時間および時刻の書式記号

スポンサーリンク

種類書式記号説明表示例
h 時間を表示する 9:30:00は『9』
hh 1桁の時間は0を付けて表示する 9:30:04は『09』
m 分を表示する 9:30:04は『30』
mm 1桁の分は0を付けて表示する 9:06:04は『06』
s 秒を表示する 9:30:04は『4』
ss 1桁の秒は0を付けて表示する 9:30:04は『04』
午前/午後 h AM/PM 12時間表示で時刻の後にAMまたはPMを表示する 19:30:04は『7 PM』
h A/P 12時間表示で時刻の後にAまたはPを表示する 19:30:04は『7 P』
経過時間 [h]:mm 24時を越えても時で表示する 26:04など
[mm]:ss 60分を越えても分で表示する 1:26:04は『86:04』
[ss] 経過時間を秒で表示する 1:26:04は『5164』

分を表す m と mm は、h 、hh の直後、または s 、ss の直前に入力されていないと、分を表す書式記号として認識されません。分を表す m と mm を、これ以外の位置または単独で入力すると、分ではなく月の形式で表示されます。

関連記事

スポンサーリンク

名前が青色や緑色で表示されるファイルやフォルダの意味

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る