サイトの削除されたページや、ページの過去の状態を見る方法

Googleなどの検索エンジンのキャッシュ

検索サイトではクロールされたページのデータが保存されている場合があります。
Google、Yahoo!、bingともに次の検索ワードで、クロールされたページ情報を検索することができます。

site:【URL】

site:http://pentan.info/

この検索結果の「キャッシュ」リンクで、クロールされたときのページを見ることができます。
Google


Yahoo!


bing(msn)


Googleで直接キャッシュを表示させるには、次の検索ワードで表示できます。

cache:【URL】

cache:http://pentan.info/





検索サイトにgooがありますが、gooの情報はGoogleのものです。

検索サイトでのページ情報は、クロールされた時点でその前の情報が上書きされるので、新しいページデータを見るのに適しています。

Google
Yahoo!
bing(msn)

スポンサーリンク

Internet Archive

Internet Archiveはサイトの古いキャッシュを保存しているサイトです。
1つのページでも時系列に複数データを保持しています。

Internet Archive

ウェブ魚拓

ウェブ魚拓は、ページを引用するために用いられるサイトです。
検索サイトなどと違い、誰かが「記録する」ボタンをクリックした時点でページが保存されます。
このためだれも「記録する」ボタンをクリックしていなければ、ページデータは保存されていません。

ウェブ魚拓

関連記事

スポンサーリンク

RegExp.lastIndex

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る