PNG画像の特徴

Portable Network Graphicsの略です。
可逆圧縮の画像圧縮形式です。

[参考記事] GIF画像の特徴
[参考記事] JPEG画像の特徴

GIF形式が米ユニシス社による特許問題を抱えていたため代替の形式として使用されるようになりました。
W3CでもGIF形式は非推奨とされ、PNG形式が推奨されています。
当初は対応しているブラウザが少なかったこともありますが、今ではほとんどのブラウザで対応しています。

最大で48bit = 約280兆色を扱うことができる。
透過画像が扱える。
アルファチャンネルによる半透過ができる。
やはり可逆圧縮のためJPEG画像に比べるとファイルの容量は大きい。
アニメーションできる規格もある(APNG、MNGなど)。

アルファチャンネルはInternet Explorer6ではJavaScriptによる処理を使うなどしないと使用できません。

Fireworksの保存形式に使用され、レイヤー情報などを持たせることができます。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

画像リストマーカーとグリフリストマーカーとで配置法が異なる

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る