Googleなどの特定のサイト表示が遅い場合の対処法(Windows7など)

他のページの表示は速いのに、Googleなどのページのみ表示が遅いことがあります。
Windows7、WindowsVista、Windows Server 2008、MacOSXなどのIPv6に対応している端末で起こる場合があります。

これはWindows7などのOSがデフォルトでIPv6のサービスをオンになっていることが原因です。
IPv6とは、IPアドレスの次世代規格ですが、今のとこと使用できる環境は限られていて、IPv4が主流となっています。
IPv6が有効になっていると、IPv6に対応しているサイトに接続する際にIPv6で接続しようとして、タイムアウトを待って、IPv4で接続し、つながるというステップになります。

設定方法はローカル接続のプロパティを開いて、「インターネットプロトコル バージョン6」をオフにするだけです。

ネットワークのプロパティで「インターネットプロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外すと、Googleサービスの表示が遅くなるという現象は解消します。
Firefoxでは、about:configでnetwork.dns.disableIPv6 を true/false にすることで、個別にIPv6を使用するかどうかを設定することができます。

Windowsの設定
Firefoxの設定

ただし、IPv6をオフにすることでトラブルの原因となることもあるようなので注意が必要です。

そもそもIPv6がなぜインターネットで普及していないにもかかわらず、使用できる環境になっているかというと、NTTのフレッツ回線からIPが割り振られるからです。
フレッツのサービスはIPv6を使用しているものがあり、IPv6を無効にすることで、フレッツのサービスも使用できなくなることがあります。

またMicrosoftではIPv6オフのテストはしていないとのこと。
IPv6 を無効にしないことの勧め

Windows Vista と Windows Server 2008 では、IPv6 は既定でインストールされて有効になっていますが、残念ながら、一部の組織では、Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピュータで IPv6 が無効にされています。多くの組織では、IPv6 を使用するアプリケーションやサービスが実行されていないという仮定に基づいて、IPv6 を無効にしています。また、IPv4 と IPv6 の両方を有効にすると、DNS トラフィックと Web トラフィックが倍増するという誤解により、IPv6 を無効にしている組織もあるかもしれません。しかし、これは真実ではありません。
マイクロソフトの観点では、IPv6 は Windows オペレーティング システムの必須要素で、オペレーティング システムの開発段階で、標準的な Windows サービスとアプリケーションのテスト対象になっており、有効にされていました。これらのバージョンの Windows は IPv6 が有効になった状態を想定してデザインされているので、マイクロソフトでは IPv6 を無効にした場合の影響を確認するテストは行っていません。Windows Vista および Windows Server 2008 またはそれ以降のバージョンで IPv6 を無効にすると、一部のコンポーネントが機能しなくなります。また、リモート アシスタンス、ホームグループ、DirectAccess、Windows メールなど、IPv6 が使用されているとは考えにくいアプリケーションも機能しなくなる可能性があります。
そのため、マイクロソフトでは、IPv6 対応ネットワーク (ネイティブまたはトンネリングのどちらでも) がない場合でも、IPv6 を有効にしておくことをお勧めしています。IPv6 を有効にすると、IPv6 のみに対応したアプリケーションやサービス (たとえば、Windows 7 のホームグループ、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の DirectAccess は IPv6 にしか対応していません) を無効にすることなく、ホストでは IPv6 により強化された接続を活用できます。

Windowsの設定

コントロールパネルより

ネットワークの状態とタスクの表示を開く


アダプターの設定の変更


ローカルエリア接続を右クリックして「プロパティ」


「インターネットプロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外す


または
コントロールパネルより

ネットワークの共有センター


ローカルエリア接続


プロパティ


「インターネットプロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外す

Firefoxの設定

Firefoxではアドレスに

about:config

を入れて開きます。


network.dns.disableIPv6 を true にします。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ペンギン

RSS

はてなブックマークはてなブックマーク

リンク

メニュー

コメント

タイトルの一覧

投稿の一覧

お問い合わせ

お問い合わせ

ドメイン指定受信設定のURL

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る