Windows標準以外のデフラグツール

パソコンを長く使っていくと、だんだん動作が遅くなってくる。
ハードディスクへデータの書き込みと削除が繰り返し行われ次第にデータの書き込まれる位置がバラバラになり、ハードディスクへのアクセス効率が悪くなる。
これがいわゆる「断片化」という状態です。
断片化を解消するには「デフラグ」を行うことになるが、Windowsに標準のデフラグ機能は最低限の能力しか持ち合わせておらず、作業終了まで非常に長い時間がかかります。

デフラグにはWindows標準ではないデフラグツールを使うという手もあります。
実はWindows標準ではないデフラグツールは、有料・無料をあわせて100種類以上も存在する。

(1)よく使うファイルを外周に、使わないファイルを内周に配置するUltimate Defrag
(2)パソコンを使っていないときにデフラグしてくれるSmart Defrag

Windows標準のデフラグツール

マイコンピュータより最適化するドライブを右クリックし、プロパティを開きます。


ツールタブをクリックします。


最適化するボタンをクリックします。


最適化ボタンをクリックします。


次のような表示がでたら最適化は完了です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

DROP FUNCTION ストアードファンクションを削除する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る