コマンドプロンプトの文字コードを変える方法

Windowsのコマンドプロンプトの標準の文字コードはshift_jisになっています。
実際にはコマンドプロンプトでは文字コードではなくコードページで制御されています。
このためUTF-8で出力されるアプリやコマンドを使用すると文字化けが起こります。




そこでこの文字コードを変更する方法ですが、コードページを変更します。

[参考記事] コードページの一覧

UTF-8にするには、UTF-8のコードページは『65001』なので、次のようにします。

chcp 65001

スポンサーリンク





EUC-JPにするには

chcp 20932

shift_jisにするには

chcp 932

文字コード・コードページを変更しただけでは、フォントが対応していないため、文字化けします。

標準のshift_jisのときは『MS ゴシック』が選択できます。


UTF-8にすると『MS ゴシック』が選択できず、『ラスターフォント』などに指定すると文字化けが防げるようです。

関連記事

スポンサーリンク

SetLeftMargin - 左マージン指定

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る