MediaPlayer のメソッド一覧

[参考記事] 動画を再生する方法 MediaPlayer

スポンサーリンク

static機能
返り値
メソッド
static指定したリソースを再生するためのMediaPlayerを作ります
MediaPlayer
create(Context context, int resid)
static指定したUriを再生するためのMediaPlayerを作ります
アプリからネットワーク通信を行う場合
MediaPlayer
create(Context context, Uri uri)
static指定したUriを再生するためのMediaPlayerを作ります。サーフェイスSurfaceHolderを指定します
アプリからネットワーク通信を行う場合
MediaPlayer
create(Context context, Uri uri, SurfaceHolder holder)
 現在の再生ポジションを返します
int
getCurrentPosition()
 ファイルの長さ(時間)を返します
int
getDuration()
 動画の高さ(サイズ)を返します
int
getVideoHeight()
 動画の幅(サイズ)を返します
int
getVideoWidth()
 再生中かどうか返します
boolean
isPlaying()
 一時停止
void
pause()
 準備(同期)
void
prepare()
 準備(非同期)
void
prepareAsync()
 リソース開放
void
release()
 プレーヤーをリセット
void
reset()
 再生位置を指定のところにする
void
seekTo(int msec)
 音楽のストリームタイプをセットする
void
setAudioStreamType(int streamtype)
 Uriを指定してデータソースをセットする
アプリからネットワーク通信を行う場合
void
setDataSource(Context context, Uri uri)
 FileDescripterを指定してデータソースをセットする
void
setDataSource(FileDescriptor fd)
 FileDescripterを指定してデータソースをセットする。lengthは再生する時間
void
setDataSource(FileDescriptor fd, long offset, long length)
 ファイルのパスを指定してデータソースをセットする
void
setDataSource(String path)
 SurfaceHolderをセットする
void
setDisplay(SurfaceHolder sh)
 ループ再生の設定。trueはループ、falseはループなし
void
setLooping(boolean looping)
 ネットワークからバッファに読み込む場合にバッファに変化があった場合にコールされるコールバックメソッド。バッファリングのメーターを更新するのに使ったりする
void
setOnBufferingUpdateListener( MediaPlayer.OnBufferingUpdateListener l)
 再生中にデータファイルのENDが現れた場合にコールされるコールバックメソッド
void
setOnCompletionListener( MediaPlayer.OnCompletionListener l)
 再生中にエラーがあった場合にコールされるコールバックメソッド
void
setOnErrorListener( MediaPlayer.OnErrorListener l)
 メディアファイルが再生可能状態になった場合にコールされるコールバックメソッド
void
setOnPreparedListener( MediaPlayer.OnPreparedListener l)
 シーク(指定の位置に再生ポイントを移動すること)が完了した場合にコールされるコールバックメソッド
void
setOnSeekCompleteListener( MediaPlayer.OnSeekCompleteListener l)
 アタッチしたSurfaceHolderを動画再生中に維持するかどうかを指定する
void
setScreenOnWhilePlaying(boolean screenOn)
 左右の音量設定。setDataSource()メソッドの後にコールする。ユーザーが音量調整できるようになっていないアプリの場合、AudioManagerクラスのsetStreamVolumeメソッドよりこのメソッドのほうが推奨されます。ユーザーインターフェースを作る場合には、音量は聴覚の特性に合わせて対数的に変更するようにしてください
void
setVolume(float leftVolume,float rightVolume)
 プレーヤーが再生状態でないとき(setDisplay(SurfaceHolder)が実行されたSurfaceHolderによって)使用します。再生を行おうとしたときにデバイスのパワーコントロールサービスにアクセスすることができます。これを使うにはWAKE_LOCKパーミッションが必要です。デフォルトで、デバイスは再生中にウェークアップを維持するようになっていません
void
setWakeMode(Context context, int mode)
 スタート
void
start()
 ストップ
void
stop()

関連記事

スポンサーリンク

LEAST関数 引数のうち最小値を返す

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る