iPhoneアプリやAndroidアプリを簡単に作成する方法 ハイブリッドアプリケーション

iPhoneアプリはcocoaというObjective-Cで、AndroidアプリはJavaで作成しますが、これらの言語を使用しなくても開発できるフレームワークやツールがあります。
またiPhone、Androidの両方に対応しているものもあり、開発コストが1アプリ分に抑えることができます。

別の言語で作成してアプリ言語に変換するもの、アプリでwebブラウザを作成しその中でOSと連携させて動作するものなどがあります。

「ハイブリッドアプリケーション」という言葉もあります。

PhoneGap
Titanium Mobile
Adobe Flash CS5
Corona

PhoneGap

PhoneGapはオープンソースのスマートフォンフレームワークです。
HTMLを基本としていて、アプリ内ブラウザで動作します。
HTML・CSS・JavaScriptを駆使して、本体のカメラ、GPS、加速度センサーなどにアクセスすることができます。
iPhone・Androidだけでなく6種類のモバイルOSに対応しています。
iPhone、Palm WebOS、Google Android、Windows Mobile、Symbian OS、BlackBerry。

Macで開発する場合はXCodeのテンプレートとして配布されています。

公式サイト
日本ファンサイト

Titanium Mobile

JavaScriptで書いて動作させます。
iPhone、Androidともに対応しています。

公式サイト

Adobe Flash CS5

『Packager for iPhone』を使用すると、Flashで作成したものをiPhoneアプリにすることができます。
一時は開発が中止されていましたが、iOSの規約変更により開発が再開されています。
公式サイト

Corona

iPhoneとAndroidを同じソースでアプリに書き出すことができます。

公式サイト

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

文字コード表(コード対応表) 0xA

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る