Viewの表示・非表示を切り替える方法

Viewの表示・非表示を切り替えるには、view#setVisibility(int visibility)メソッドを使用します。

visibility引数には可視状態を表す定数を指定します。
非表示には2種類あり、CSSのvisibility:hidden、display:noneの違いに似ています。

引数説明
View.VISIBLE表示する。
これが初期値です。
View.INVISIBLE非表示にする。
非表示にした領域は詰めない。
viewが見えないだけで、領域は占める。
CSSのvisibility:hiddenに似ています。
View.GONE非表示にする。
非表示にした領域を詰める。
viewがそもそもなかったように振舞う。
CSSのdisplay:noneに似ています。

スポンサーリンク

ボタンで表示、非表示を切り替える場合のサンプル

public class TespApp extends Activity implements OnClickListener{
  Button btn_test1,btn_test2;
  
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    
    FrameLayout frameLayout = new FrameLayout(this);
    setContentView(frameLayout);

    btn_test1 = new Button(this);
    btn_test1.setOnClickListener(this);
    frameLayout.addView(btn_test1);

    btn_test2 = new Button(this);
    btn_test2.setOnClickListener(this);
    btn_test2.setVisibility(View.GONE);
    frameLayout.addView(btn_test2);
  }

  public void onClick(View v) {
    if (v == btn_test1){
      btn_test1.setVisibility(View.GONE);
      btn_test2.setVisibility(View.VISIBLE);
    }
    if (v == btn_test2){
      btn_test1.setVisibility(View.VISIBLE);
      btn_test2.setVisibility(View.GONE);
    }
  }
}

関連記事

スポンサーリンク

初期に作成されるデータベーステーブル

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る