Androidアプリの開発環境を作る方法

Androidアプリの開発環境を作るにはGoogleから公開されているAndroid SDKを使用します。
Android SDKでは、擬似端末を動かすことができます。(Virtual Machine)

Android SDK
特定の端末に合わせた環境を作る
Eclipseで開発する場合
[参考記事] apkファイルをAndroid端末にUSB接続でインストールする方法 (開発者ではない人向け)
[参考記事] EclipseでAndroidプロジェクトを作る方法
[参考記事] 開発中のアプリケーションを実機でテストする方法(アプリのインストール・削除)
[参考記事] 実機のスクリーンショットをとる方法
[参考記事] Xperia(Sony Ericsson)のUSBドライバをインストールする方法

このページより詳しく説明しているページ
apkファイルをAndroid端末にUSB接続でインストールする方法[開発者ではない人向け]

Android SDK

Android SDKのダウンロード

Android SDK はJavaを使用するので、Java JDKが必要です。
Java JREのみではインストールできません。
Java JRE、Java JDKのダウンロード

JDK(Javaの実行環境)のインストール

SDK Managerを起動します。
アップデートが行われるので、最新の状態に更新します。
追加のパッケージはAvailable packagesよりダウンロードします。ドライバファイルなどもここから追加ダウンロードできます。

Android SDKのインストール
Android SDKのアップデート

Windowsのユーザーアカウント制御が有効になっていると、アップデートに失敗することがあります。
[参考記事] ユーザーアカウント制御(UAC)を無効にする方法(Windows設定の変更通知を無効にする)

Android SDKは、更新時にProgram Filesフォルダに一時ファイルを作ることがあり、ユーザーアカウント制御でこの操作が制限され、アップデートに失敗します。


Virtual devicesから擬似端末を操作します。
『New』をクリックして、新規追加します。

項目名説明
NameVirtual devices名
Target対象OS
SD CardSDカード・外部記録領域
Snapshotスナップショットの有無
Skinスキン
画面の解像度
Hardwareハードウエア情報

ただこの解像度は横幅1280px以上にすると、起動しないようです。


これでVirtual devicesの一覧に追加されるので、選択して『start』をクリックします。
そうすると起動前にユーザデータを消すかどうかなど聞かれて、『Launch』をクリックすると、起動します。


起動した画面はこのようになります。


Ctrl + F11を押すと、画面方向を変更することができます。

特定の端末に合わせた環境を作る

Android端末を製作しているメーカーによっては、add-onを公開している端末があります。

Xperia

X10 add-on for the Android SDK
Sony Ericssonのダウンロード一覧
X10 add-on for the Android SDKのダウンロード

IS01

sharp_addon-JNDK01_r1.zip
Sharpのダウンロード

解凍したファイルをSDK(android-sdk-windows)のadd-onsフォルダ内にコピーします。

Eclipseで開発する場合

[参考記事] EclipseでAndroidプロジェクトを作る方法

ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール


サイトの『追加』をクリックします。

名前Android Plugins
ロケーションttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/



『開発ツール』にチェックを入れて、『次へ』をクリックします。


『次へ』をクリックします。


『使用条件の条項に同意します』にチェックを入れて、『完了』をクリックします。


『OK』をクリックします。


『今すぐ再起動』をクリックします。


これでAndroid開発環境の『DDMS』を選択することができるようになります。


[参考記事] EclipseでAndroidプロジェクトを作る方法

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

lang属性を明示しなければ欧文フォント指定が反映されない

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る