write-tree

NAME

git-write-tree - Create a tree object from the current indexgit-write-tree - 現在のインデックスからツリーオブジェクトを作成する

SYNOPSIS概要

git write-tree [--missing-ok] [--prefix=<prefix>/]

DESCRIPTION説明

Creates a tree object using the current index. The name of the new tree object is printed to standard output.現在のインデックスを使ってツリーオブジェクトを作成します。新しいツリーオブジェクトの名前は標準出力に出力されます。

The index must be in a fully merged state.索引は完全にマージされた状態になければなりません。

Conceptually, git write-tree sync()s the current index contents into a set of tree files. In order to have that match what is actually in your directory right now, you need to have done a git update-index phase before you did the git write-tree.概念的には、git write-tree sync()は現在のインデックスの内容を一連のツリーファイルにまとめます。現在のディレクトリに実際にあるものと一致させるには、git write-treeを実行する前にgit update-indexフェーズを実行しておく必要があります

OPTIONSオプション

--missing-ok

Normally git write-tree ensures that the objects referenced by the directory exist in the object database. This option disables this check.通常、git write-treeはディレクトリによって参照されるオブジェクトがオブジェクトデータベースに存在することを保証します。このオプションはこのチェックを無効にします。

--prefix=<prefix>/ --prefix = <prefix> /

Writes a tree object that represents a subdirectory <prefix>. This can be used to write the tree object for a subproject that is in the named subdirectory.サブディレクトリを表すツリーオブジェクトを書き込みます<prefix>。これは、指定されたサブディレクトリにあるサブプロジェクトのツリーオブジェクトを書くために使用できます。

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

window.moveBy

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る