shortlog

NAME

git-shortlog - Summarize git log outputgit-shortlog - gitログ出力の要約

SYNOPSIS概要

git shortlog [<options>] [<revision range>] [[--] <path>…​]
git log --pretty=short | git shortlog [<options>]

DESCRIPTION説明

Summarizes git log output in a format suitable for inclusion in release announcements. Each commit will be grouped by author and title.リリースアナウンスに含めるのに適した形式でgitログ出力を要約します。各コミットは作者とタイトルによってグループ化されます。

Additionally, "[PATCH]" will be stripped from the commit description.さらに、 "[PATCH]"はコミット記述から取り除かれます。

If no revisions are passed on the command line and either standard input is not a terminal or there is no current branch, git shortlog will output a summary of the log read from standard input, without reference to the current repository.リビジョンがコマンドラインに渡されず、標準入力が端末でないか現在のブランチがない場合、git shortlogは現在のリポジトリを参照せずに標準入力から読み込んだログの概要を出力します。

OPTIONSオプション

-n
--numbered - 番号付き

Sort output according to the number of commits per author instead of author alphabetic order.著者のアルファベット順ではなく、著者ごとのコミット数に従って出力をソートします。

-s
--summary - 概要

Suppress commit description and provide a commit count summary only.コミットの説明を抑制し、コミット数の要約のみを提供します。

-e
--email - Eメール

Show the email address of each author.各作者のEメールアドレスを表示します。

--format[=<format>] --format [= <format>]

Instead of the commit subject, use some other information to describe each commit. <format> can be any string accepted by the --format option of git log, such as * [%h] %s. (See the "PRETTY FORMATS" section of git-log[1].)コミットの件名の代わりに、他の情報を使って各コミットを説明します。<フォーマット>が受け付けた任意の文字列であってもよい--formatのオプションGitのログのような、* [%のH]%sの。(git-log [1]の "PRETTY FORMATS"セクションを見てください。)

Each pretty-printed commit will be rewrapped before it is shown.
-c
--committer - コミッター

Collect and show committer identities instead of authors.作者の代わりにコミッターIDを収集して表示します。

-w[<width>[,<indent1>[,<indent2>]]] -w [<幅> [、<インデント1> [、<インデント2>]]]

Linewrap the output by wrapping each line at width. The first line of each entry is indented by indent1 spaces, and the second and subsequent lines are indented by indent2 spaces. width, indent1, and indent2 default to 76, 6 and 9 respectively.で各行を折り返すことによって出力を折り返しますwidth。各エントリの最初の行はindent1スペースでインデントされ、2行目以降の行はindent2スペースでインデントされています。widthindent1、およびindent2それぞれ76、6及び9に既定。

If width is 0 (zero) then indent the lines of the output without wrapping them.widthが0(ゼロ)の場合は、折り返さずに出力行を字下げします。

<revision range> <改訂範囲>

Show only commits in the specified revision range. When no <revision range> is specified, it defaults to HEAD (i.e. the whole history leading to the current commit). origin..HEAD specifies all the commits reachable from the current commit (i.e. HEAD), but not from origin. For a complete list of ways to spell <revision range>, see the "Specifying Ranges" section of gitrevisions[7].指定されたリビジョン範囲内のコミットのみを表示します。<revision range>が指定されていない場合は、デフォルトHEAD(つまり、現在のコミットに至る全履歴)になります。origin..HEAD現在のコミット(すなわちHEAD)から到達可能であるが到達可能ではないすべてのコミットを指定しますorigin。<revision range>をつづる方法の完全なリストはgitrevisions [7]の "範囲の指定"セクションを参照してください。

[--] <path>…​ [ - ] <パス>…

Consider only commits that are enough to explain how the files that match the specified paths came to be.指定されたパスに一致するファイルがどのようになったのかを説明するのに十分なコミットのみを考慮してください。

Paths may need to be prefixed with -- to separate them from options or the revision range, when confusion arises.--混乱が生じた場合、パスはオプションやリビジョン範囲と区別するために前に付ける必要があるかもしれません。

MAPPING AUTHORSマッピング作者

The .mailmap feature is used to coalesce together commits by the same person in the shortlog, where their name and/or email address was spelled differently.この.mailmap機能は、ショートログの同一人物によるコミットを結合するために使用されます。ここでは、名前や電子メールアドレスのスペルが異なっています。

If the file .mailmap exists at the toplevel of the repository, or at the location pointed to by the mailmap.file or mailmap.blob configuration options, it is used to map author and committer names and email addresses to canonical real names and email addresses.ファイル.mailmapがリポジトリの最上位レベル、またはmailmap.fileまたはmailmap.blob設定オプションで指定された場所に存在する場合は、作成者およびコミッターの名前と電子メールアドレスを正規の実名と電子メールアドレスにマッピングするために使用されます。

In the simple form, each line in the file consists of the canonical real name of an author, whitespace, and an email address used in the commit (enclosed by < and >) to map to the name. For example:単純な形式では、ファイル内の各行は、作成者の正規の実名、空白、および名前にマップするためにコミットで使用される電子メールアドレス(<および>で囲まれています)で構成されています。例えば:

Proper Name <commit@email.xx>

The more complex forms are:より複雑な形式は次のとおりです。

<proper@email.xx> <commit@email.xx>

which allows mailmap to replace only the email part of a commit, and:これにより、mailmapはコミットのEメール部分のみを置き換えることができます。

Proper Name <proper@email.xx> <commit@email.xx>

which allows mailmap to replace both the name and the email of a commit matching the specified commit email address, and:これにより、mailmapは、指定されたコミットEメールアドレスに一致するコミットの名前とEメールの両方を置き換えることができます。

Proper Name <proper@email.xx> Commit Name <commit@email.xx>

which allows mailmap to replace both the name and the email of a commit matching both the specified commit name and email address.これにより、mailmapは、指定されたコミット名とEメールアドレスの両方に一致するコミットの名前とEメールの両方を置き換えることができます。

Example 1: Your history contains commits by two authors, Jane and Joe, whose names appear in the repository under several forms:例1:あなたの履歴には2人の作者JaneとJoeによるコミットが含まれています。それらの名前はいくつかの形式でリポジトリに表示されます。

Joe Developer <joe@example.com>
Joe R. Developer <joe@example.com>
Jane Doe <jane@example.com>
Jane Doe <jane@laptop.(none)>
Jane D. <jane@desktop.(none)>

Now suppose that Joe wants his middle name initial used, and Jane prefers her family name fully spelled out. A proper .mailmap file would look like:ここで、Joeが自分のミドルネームの頭文字を使用したいとし、Janeが彼女の姓を完全に綴ったものを好むとします。適切な.mailmapファイルは次のようになります。

Jane Doe         <jane@desktop.(none)>
Joe R. Developer <joe@example.com>

Note how there is no need for an entry for <jane@laptop.(none)>, because the real name of that author is already correct.<jane@laptop.(none)>その作者の本名はすでに正しいので、のためのエントリが必要ないことに注意してください。

Example 2: Your repository contains commits from the following authors:例2:あなたのリポジトリには、以下の作者からのコミットが含まれています。

nick1 <bugs@company.xx>
nick2 <bugs@company.xx>
nick2 <nick2@company.xx>
santa <me@company.xx>
claus <me@company.xx>
CTO <cto@coompany.xx>

Then you might want a .mailmap file that looks like:それならあなたは.mailmap次のようなファイルが欲しいかもしれません:

<cto@company.xx>                       <cto@coompany.xx>
Some Dude <some@dude.xx>         nick1 <bugs@company.xx>
Other Author <other@author.xx>   nick2 <bugs@company.xx>
Other Author <other@author.xx>         <nick2@company.xx>
Santa Claus <santa.claus@northpole.xx> <me@company.xx>

Use hash # for comments that are either on their own line, or after the email address.自分の行にある、またはEメールアドレスの後にあるコメントには、ハッシュを使用してください。

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

window.pageYOffset

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る