Live Commerceのインストール

Live Commerceをインストールする手順です。

まずLive Commerceで使用するMySQLサーバのデータベースを用意します。

パッケージをダウンロードして、解凍し
public_html
を公開層のルート階層にします。
オープンソース版パッケージのダウンロード

http://www.example.com
だった場合
http://www.example.com/install/
にアクセスするとインストール画面になります。

利用規約と必須環境チェック
ここでバツになっている項目があると、インストールできません。

スポンサーリンク

PHPのバージョンやZend Optimizerの有無などは
/public_html/install/index.php
の24行目から50行目を変更することでインストールはできます。

データベース情報を登録します。


パーミッションのチェックがされます。
ここでバツになっているディレクトリがあった場合は、パーミッションを書き込み可能に変更します。


URLやディレクトリの設定情報を登録します。


データの登録や設定ファイルの書き込みがされます。


インストールが完了したらinstallフォルダを削除します。


インストールが完了すると、フロント画面・管理画面にアクセスできます。

管理画面
http://www.example.com/admin/


フロント画面
http://www.example.com/
サンプルの商品が実際に存在するもののため、商品の登録などが完了するまでベーシック認証などでアクセス制限をしておいたほうがいいです。

関連記事

スポンサーリンク

iPhone3Gでテザリングをする方法 iPhoneモデム化

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る