Live Commerceとは

Live Commerceとは、日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)に対応した多言語ECサイト構築ソリューションです。
オープンソース版とASP版、商用版があります。
オープンソース版はGPLライセンスになります。

[参考記事] オープンソースライセンスの一覧と日本語訳

PHP、MySQL、Apacheで動作します。
Zend Frameworkをベースに作られていますが、ダウンロードできるオープンソース版パッケージソースにはZend Frameworkは含まれていないため、別途入手する必要があります。
またZend Frameworkを使用するなどの理由から、PHP5.2.4以降が必須となりますが、PHP5.3系では動作しないようです。

スポンサーリンク

PHP高速化モジュールのZend Optimizerも必須となっています。
このため動作させるには、他のオープンソースECソフトウエアより必須条件が厳しく、共有サーバでは条件を満たせないこともあります。

PHP5.1やPHP5.3でも動作はするようです。(PHP4系だとZend Frameworkが動作しません。)
Zend Optimizerがインストールされていない場合は、管理画面のログイン後のトップページが表示できません。

PHPのバージョンやZend Optimizerの有無などの要件を満たしていない場合でも、
/public_html/install/index.php
の24行目から50行目を変更することでインストールはできます。
要件を満たしていない場合は、サービスとしては適しません。あくまで開発環境での変更としたほうがいいです。

テーマ・プラグイン以外のカスタマイズは非推奨となっていて、Live Commerce本体のソースのカスタマイズ性は低いです。
resources以下にカスタマイズソースを集約し、Live Commerce本体のコードに変更を加えないようにすることで、 Live Commerceのアップデートに容易に対応できるようにします。

[参考記事] Zend Framework
[参考記事] Zend Frameworkのインストール
[参考記事] Zend Optimizerのインストール

公式サイト
オープンソース版パッケージのダウンロード

関連記事

スポンサーリンク

$cachingクラス変数 テンプレートの出力をキャッシュするかどうか

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る