『crontab -r』でcronの設定を間違って消してしまった場合の対処法

crontab -r

と実行すると現在設定されているcronがすべて消されます。
cronを編集するときのコマンド『crontab -e』とはキーボードでは隣り合わせになっているため、ミスにより消えてしまうことがあります。

このように間違ってcronの設定が消えてしまった場合の対処法です。

スポンサーリンク

cronの実行ファイルは

/var/spool/cron/【ユーザ名】

のファイルにキャッシュされているため、このファイルを復元する。
このファイルも消えてしまっていた場合にはcronの実行ログ /var/log/cron から実行されたcronを確認して復元する方法があります。

cronを指定するには『crontab -e』としてcron設定を編集する方法以外に

crontab 【ファイル名】

のように、ファイルに書かれているcronを登録することもできるので、cron設定をファイルに書いて、それをcrontabでcronに登録するようにするとミスを減らすことができます。

関連記事

スポンサーリンク

横画面に固定する、縦画面に固定する(表示モードの固定)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る