Apacheのインストール

Apacheをインストールするには、公式サイトよりApacheソースファイルをダウンロードします。

[参考記事] Apacheをyumでインストールする
[参考記事] httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName

Apache公式サイト
ダウンロード

CPUにあったソースファイルをダウンロードしますが、 コマンド(ターミナル)より直接ダウンロードする場合はURLを調べて、wgetコマンドを実行します。

ダウンロード

wget http://archive.apache.org/dist/httpd/httpd-2.2.14.tar.gz

ダウンロードしたファイルが正しいものかどうか検証するには次のコマンドを実行します。

md5sum httpd-2.2.14.tar.gz

これがダウンロードリンクにあるmd5チェックサムと一致するかを確認します。
またはチェックサムファイルを確認します。

cat httpd-2.2.14.tar.gz.md5

解凍

ダウンロードしたファイルは圧縮されいてるため、そのままではインストールできません。

一般的には、/usr/local/srcに解凍します。
解凍後は解凍されたディレクトリに移動します。

tar zxvf httpd-2.2.14.tar.gz -C /usr/local/src
cd /usr/local/src/httpd-2.2.14/

インストール

使用したい設定にあわせてconfigureオプションを指定し、makeでビルド、make installで実行します。

./configure --enable-ssl --enable-so --enable-module=so --enable-module=rewrite --enable-rewrite=shared
make
make install

Apacheの起動

Apacheを実行します。

/usr/local/apache2/bin/apachectl start

Apacheの再起動

再起動コマンドには2種類あります。

/usr/local/apache2/bin/apachectl restart

/usr/local/apache2/bin/apachectl graceful

restartは実行中のタスクを強制終了し、再起動します。
gracefulは実行中のタスクの終了を待って、再起動します。

Apacheの起動、再起動の前には設定ファイルが正しいかどうか確認してから行います。

/usr/local/apache2/bin/apachectl configtest

mod_rewriteを有効にする

mod_rewriteを有効にするには、コンパイルオプションに次のオプションを付けます。

--enable-rewrite=shared

次のような対処法は間違いです。

ln -s /usr/lib/httpd/modules/mod_rewrite.so /usr/local/apache2/modules/mod_rewrite.so

これはOSインストール時に組み込まれているApacheのものを使用する設定です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

各メーカーのルーターのID・パスワードの一覧 Q

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る