起動時に『UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY.』と出た場合の修復方法

Linux起動時に次のようなエラーが出ることがあります。

/dev/VolGroup-lv_root: UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY.
     (i.e., without -a or -p options)
                                                    [FAILED]

*** An error occurred during the file system check.
*** Dropping you to a shell; the system will reboot
*** when you leave the shell.
Give root password for maintenance
(or type Control-D for normal startup):

エラー内容の概要は次のようになります。

予期しない不整合が発生しているので、手動で fsck を実行してください。
(-a や -pオプションなしで)
*** ファイルシステムのチェック中にエラーが発生しました。
*** シェルを終了すると、システムが再起動します
メンテナンスのためrootのパスワードを入力してください。
(またはControl-Dを押して、通常の起動をします):

修復方法

スポンサーリンク

エラーメッセージにあるように『 fsck 』を実行します。
fsckはファイル・システムの検査と修復を行うコマンドです。

『UNEXPECTED INCONSISTENCY』の前に書かれているファイルシステムを修復します。

この場合

/dev/VolGroup-lv_root : UNEXPECTED INCONSISTENCY

エラーが発生しているファイルシステムは/dev/VolGroup-lv_rootなので、fsckに/dev/VolGroup-lv_rootを指定します。

fsck /dev/VolGroup-lv_root 

修復が完了したら、exitでシェルを終了すると再起動します。
正常に起動ができれば修復は完了です。

修復後の作業

修復できなかったファイルなどは /lost+found に保存されます。

関連記事

スポンサーリンク

clearでフロートへの隣接を禁止した要素がフロートに重なる

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る