/tmpや/var/tmpのファイル消えるタイミング

/tmpディレクトリは、テンポラリー(Temporary)つまり一時的なファイルを置くためのディレクトリです。

このディレクトリのファイルは毎日午前4時2分に行われるcron処理(自動処理)の1つによって消去される。
[参考]毎朝午前4時に行われる動作
[参考] updatedbに時間がかかるときの対処法

具体的には、/etc/cron.daily/tmpwatchで、 Red Hat LinuxとVine Linuxの場合、/etc/cron.daily/tmpwatchの内容は以下の通りです。

/usr/sbin/tmpwatch 240 /tmp
/usr/sbin/tmpwatch 720 /var/tmp
for d in /var/{cache/man,catman}/{cat?,X11R6/cat?,local/cat?}; do
    if [ -d "$d" ]; then
            /usr/sbin/tmpwatch -f 720 $d
    fi
done

240時間アクセスされていない/tmpのファイルを削除
720時間アクセスされていない/var/tmpのファイルを削除
/var/cache/manや/var/cache/catman以下の諸ファイルで720時間アクセスのないものを削除

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Ruby on Railsのマイグレーションの型とMySQLの型の対応表

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る