スペシャルファイル

デバイスファイルとも呼ばれます。
ファイルシステム上であたかも通常のファイルのような形で指定されるデバイスドライバのインタフェースです。
これを使うことによって、ソフトウェアが入出力システムコールを通してデバイスドライバを使うことができ、作業が単純化されます。

標準的な命名

名称説明
/dev/nullあらゆる入力を受け付けて、それを捨てる。出力はしません。ビットバケツの一種。
/dev/zeroASCIIのNUL文字(値がゼロ)の列を生成する。
/dev/random可変長の擬似乱数文字列を生成する(ブロックする)。
/dev/urandom可変長の擬似乱数文字列を生成する(ブロックしない)。

慣習的な命名

Linux系システムでよく使われるデバイスノード名のプレフィックスです。

名称説明
/dev/fdフロッピーディスク
/dev/hdIDE ハードディスクドライブ
/dev/lpプリンター
/dev/parパラレルポート
/dev/pt擬似端末(仮想端末)
/dev/sSCSIデバイス一般。特にハードディスク
/dev/scdSCSI 接続の音声用光ディスク装置
/dev/sdSCSI 接続のハードディスク
/dev/sgSCSI 接続の汎用装置
/dev/srSCSI 接続のデータ用光ディスク装置
/dev/stSCSI 接続の磁気テープ
/dev/tty(物理)端末

ハードディスクドライブなどは、複数あることを考慮して、指定するときには/dev/hd1のように数字が付いたりします。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

$$() 関数

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る