LinuxサーバでWindowsのファイルシステムNTFSを読み込む方法

NTFSはWindowsのファイルシステムで、NTFSでフォーマットされたハードディスクなどをLinuxサーバに取り付けても読み込むことはできません。
LinuxでNTFSを読み込むには『 ntfs-3g 』をインストールします。

CentOSのyumでNTFSをインストール追加する方法

ntfs-3gは標準のリポジトリにはないため、yumなどでインストールするには拡張リポジトリから読み込めるようにする必要があります。

EPELのインストール

NTFSはEPELにあります。

yum -y install epel-release

[参考記事] EPELのインストール

スポンサーリンク

NTFSのインストール

yum -y install ntfs-3g

NTFSファイルシステムのマウント(Linuxへの接続・組み込み)

まずデバイス名を調べます。

fdisk -l

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdc1               1       30015   145111706    7  HPFS/NTFS

マウント先のディレクトリを作成します。

mkdir /winfile

mountコマンドでマウントします。

mount /dev/sdc1 /winfile

これでマウントしたファイルシステムが使用できるようになります。

マウントを解除するには、umountコマンドを使用します。

umount /winfile

mountコマンドは一時的な接続で、サーバを再起動するとマウントは解除されます。
起動時にマウントをするには、『 /etc/fstab 』ファイルに記述します。

vi /etc/fstab

/dev/sdc1               /winfile                ntfs    defaults        0 0

LinuxでNTFSファイルシステムを使用するデメリット

NTFSはLinuxファイルシステムではないため、所有権やアクセス権(パーミッション)の設定ができません。
すべてのファイルがroot権限で読み込み書き込み可(0777)の設定になります。

関連記事

スポンサーリンク

文字コード表(コード対応表) 0x7

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る