毎朝午前4時に行われる動作

サーバーのそばに1日中いると、午前4時2分にハードディスクが激しく動き出す。
初めてこの現象に遭遇した人は、まるでウイルスか何かに攻撃されてるのではないかと勘違いしてしまうほどです。
これは実は毎日午前4時2分にcronによる動作です。

[参考] /tmpや/var/tmpのファイル消えるタイミング
[参考] updatedbに時間がかかるときの対処法

/etc/crontabを見ると、以下のような設定が行われており、/etc/cron.dailyディレクトリにあるスクリプトが実行されることが分かる。

$ cat /etc/crontab
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root
HOME=/

# run-parts
01 * * * * root run-parts /etc/cron.hourly
02 4 * * * root run-parts /etc/cron.daily
22 4 * * 0 root run-parts /etc/cron.weekly
42 4 1 * * root run-parts /etc/cron.monthly

Vine Linux 2.1.5の場合、/etc/cron.dailyの中は以下のようになっていて、 locateのアップデートやlogrotate、Postfixのチェックなどが行われる。

$ ls /etc/cron.daily/
inn-cron-expire   logrotate         postfix     slocate.cron
inn-cron-rnews    makewhatis.cron   ptex.cron   tmpwatch 

ちなみにこの動作はRed Hat Linux、Turbolinux、Vine Linuxのいずれでも発生するが、 /etc/cron.dailyの内容は各ディストリビューションによって異なる。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

dispatch.php

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る