ディレクトリの削除

ディレクトリを削除するには、ファイルの削除と同様にrmコマンドを使用する。
しかし、オプションなしでrmコマンドを実行すると、以下のようなエラーメッセージが表示される。

$ rm dirname
rm: `dirname` はディレクトリです 

ディレクトリを削除するときは、-r オプションを付けてrmコマンドを実行する。
ただし、ディレクトリ内にリードオンリーのファイルなどがあると以下のようなメッセージが表示される。

$ rm -r dirname
rm: 書き込み保護されたファイル `text/sample.txt` を削除しますか(yes/no)? no
rm: ディレクトリ ``dirname'' を削除できません: ディレクトリは空ではありません 

-f オプションを付けると、上記のようなメッセージは一切表示されず、強制的に削除できる。

$ rm -rf dirname

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

multibox

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る