基本的な特徴

フレームワーク

Zend Framework

[参考記事] Zend Framework

スポンサーリンク

URL

設置先のURLを
http://example.com/
とすると次のようになります。

区分アドレス
公開サイトhttp://example.com/catalog
管理サイトhttp://example.com/admin/admin
インストールサイトhttp://example.com/install/

文字コード

区分文字コード
ソースファイルUTF-8
テンプレートファイルUTF-8
データベースUTF-8
HTML出力UTF-8
CSV出力Shift-JIS

データベース

データベースはMySQLのみに対応しています。

テンプレートエンジン

Zend Framework標準で、拡張子phtmlです。

ソースカスタマイズ

カスタマイズはプラグイン形式で行い、resources/plugin以下に設置します。
Live Commerce本体のコードに変更を加えないようにすることで、Live Commerceのアップデートに容易に対応できます。

SSL

SSLに対応しています。
また共有SSLにも対応しています。

コーディングルール

Zend Framework標準です。
インデントは半角スペース4つです。

関連記事

スポンサーリンク

不正な@charsetの記述があるスタイルシートの全体が無視される

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る