Workflows

NAME

gitworkflows - An overview of recommended workflows with Gitgitworkflows - Gitによる推奨ワークフローの概要

SYNOPSIS概要

git *

DESCRIPTION説明

This document attempts to write down and motivate some of the workflow elements used for git.git itself. Many ideas apply in general, though the full workflow is rarely required for smaller projects with fewer people involved.このドキュメントはgit.gitそれ自身のために使用されるワークフロー要素のいくつかを書き留めてやる気を起こさせようとします。一般的に多くのアイデアが適用されますが、より少ない人員で小規模のプロジェクトに完全なワークフローが要求されることはめったにありません。

We formulate a set of rules for quick reference, while the prose tries to motivate each of them. Do not always take them literally; you should value good reasons for your actions higher than manpages such as this one.散文はそれらのそれぞれをやる気にさせることを試みている間私達は速い参照のための規則のセットを作り出す。常に文字通りにそれらを取りません。あなたはこのようなマンページよりもあなたの行動の高い正当な理由を高く評価するべきです。

SEPARATE CHANGES個別の変更

As a general rule, you should try to split your changes into small logical steps, and commit each of them. They should be consistent, working independently of any later commits, pass the test suite, etc. This makes the review process much easier, and the history much more useful for later inspection and analysis, for example with git-blame[1] and git-bisect[1].一般的な規則として、あなたはあなたの変更を小さな論理的なステップに分割し、それらのそれぞれをコミットすることを試みるべきです。これらは一貫性があり、後のコミットとは無関係に動作し、テストスイートに合格するなどです。これにより、レビュープロセスがはるかに簡単になり、履歴が後の検査や分析に非常に便利になります(git-blame [1]gitなど)。 - 二等分する[1]

To achieve this, try to split your work into small steps from the very beginning. It is always easier to squash a few commits together than to split one big commit into several. Don’t be afraid of making too small or imperfect steps along the way. You can always go back later and edit the commits with git rebase --interactive before you publish them. You can use git stash push --keep-index to run the test suite independent of other uncommitted changes; see the EXAMPLES section of git-stash[1].これを達成するために、最初から小さなステップにあなたの仕事を分割することを試みなさい。1つの大きなコミットをいくつかに分割するよりも、いくつかのコミットをまとめて潰す方が常に簡単です。途中で小さすぎる、または不完全な手順を踏むことを恐れないでください。git rebase --interactive公開する前にいつでも後で戻ってコミットを編集できます。git stash push --keep-index他のコミットされていない変更とは無関係にテストスイートを実行するために使用できます。git-stash [1]の使用例のセクションを参照してください。

MANAGING BRANCHESブランチの管理

There are two main tools that can be used to include changes from one branch on another: git-merge[1] and git-cherry-pick[1].あるブランチから別のブランチへの変更を含めるために使用できる2つの主要なツールがあります:git-merge [1]git-cherry-pick [1]

Merges have many advantages, so we try to solve as many problems as possible with merges alone. Cherry-picking is still occasionally useful; see "Merging upwards" below for an example.マージには多くの利点があるので、マージだけでできるだけ多くの問題を解決しようとします。チェリーピッキングはまだ時折便利です。例については、下記の「上方へのマージ」を参照してください。

Most importantly, merging works at the branch level, while cherry-picking works at the commit level. This means that a merge can carry over the changes from 1, 10, or 1000 commits with equal ease, which in turn means the workflow scales much better to a large number of contributors (and contributions). Merges are also easier to understand because a merge commit is a "promise" that all changes from all its parents are now included.最も重要なことは、マージはブランチレベルで行われ、チェリーピッキングはコミットレベルで行われるということです。これは、マージが1、10、または1000コミットからの変更を同じように簡単に引き継ぐことができることを意味します。つまり、ワークフローは、多数のコントリビュータ(およびコントリビューション)に対してはるかに優れたスケールになります。マージコミットは、そのすべての親からのすべての変更が含まれるという「約束」であるため、マージも理解しやすくなります。

There is a tradeoff of course: merges require a more careful branch management. The following subsections discuss the important points.もちろんトレードオフがあります:マージはより慎重なブランチ管理を必要とします。以下のサブセクションでは、重要な点について説明します。

Graduation卒業

As a given feature goes from experimental to stable, it also "graduates" between the corresponding branches of the software. git.git uses the following integration branches:与えられた機能が実験的から安定的になるにつれて、それはまたソフトウェアの対応するブランチ間で「卒業」します。git.git以下の統合ブランチを使用します。

  • maint tracks the commits that should go into the next "maintenance release", i.e., update of the last released stable version;maintは、次の "メンテナンスリリース"、すなわち最後にリリースされた安定版の更新に入るべきコミットを追跡します。

  • master tracks the commits that should go into the next release;masterは次のリリースに入るべきコミットを追跡します。

  • next is intended as a testing branch for topics being tested for stability for master.nextはmasterの安定性をテストされているトピックのテストブランチとしてのものです。

There is a fourth official branch that is used slightly differently:少し違った使い方をしている4番目の公式ブランチがあります。

  • pu (proposed updates) is an integration branch for things that are not quite ready for inclusion yet (see "Integration Branches" below).pu(更新の提案)は、まだ取り込む準備がまだ整っていないもののための統合ブランチです(下記の「統合ブランチ」を参照)。

Each of the four branches is usually a direct descendant of the one above it.4つの枝のそれぞれは通常その上のものの直接の子孫です。

Conceptually, the feature enters at an unstable branch (usually next or pu), and "graduates" to master for the next release once it is considered stable enough.概念的には、機能が不安定支店(普通に入り、またはPUする)、および「卒業生」をマスター、それが十分に安定したと見なされたら、次のリリースのために。

Merging upwards上方マージ

The "downwards graduation" discussed above cannot be done by actually merging downwards, however, since that would merge all changes on the unstable branch into the stable one. Hence the following:しかし、不安定なブランチ上のすべての変更を安定したブランチにマージするため、上で説明した「下向きの卒業」は実際には下向きにマージすることによっては実行できません。したがって、次のとおりです。

Rule: Merge upwards

Always commit your fixes to the oldest supported branch that requires them. Then (periodically) merge the integration branches upwards into each other.修正を必要とする最も古いサポートされているブランチに常に修正をコミットしてください。それから(定期的に)統合ブランチを互いに上方へマージします。

This gives a very controlled flow of fixes. If you notice that you have applied a fix to e.g. master that is also required in maint, you will need to cherry-pick it (using git-cherry-pick[1]) downwards. This will happen a few times and is nothing to worry about unless you do it very frequently.これは非常に制御された修正の流れを与えます。例えばmaintにも必要なmasterに修正を適用したことに気づいたら、それを(git-cherry-pick [1]を使って)下方向にcherry-pickする必要があります。これは数回起こるでしょう、そしてあなたがそれを非常に頻繁にしない限り心配することではありません。

Topic branchesトピックの枝

Any nontrivial feature will require several patches to implement, and may get extra bugfixes or improvements during its lifetime.重要でない機能は実装するためにいくつかのパッチを必要とし、その寿命の間に追加のバグ修正や改良を受けるかもしれません。

Committing everything directly on the integration branches leads to many problems: Bad commits cannot be undone, so they must be reverted one by one, which creates confusing histories and further error potential when you forget to revert part of a group of changes. Working in parallel mixes up the changes, creating further confusion.不正なコミットは元に戻すことができないため、1つずつ元に戻す必要があります。変更の一部を元に戻すのを忘れた場合、混乱した履歴とさらなるエラーの可能性が生じます。並行して作業すると変更が混同され、さらに混乱が生じます。

Use of "topic branches" solves these problems. The name is pretty self explanatory, with a caveat that comes from the "merge upwards" rule above:「トピックブランチ」の使用はこれらの問題を解決します。この名前は一目瞭然ですが、上記の「上方向にマージ」ルールから来る警告があります。

Rule: Topic branches

Make a side branch for every topic (feature, bugfix, …​). Fork it off at the oldest integration branch that you will eventually want to merge it into.すべてのトピック(機能、バグ修正、…)のためにサイドブランチを作ります。あなたが最終的にそれをマージしたいと思うであろう最も古い統合ブランチでそれを分岐してください。

Many things can then be done very naturally:そうすれば、非常に自然に多くのことができます。

  • To get the feature/bugfix into an integration branch, simply merge it. If the topic has evolved further in the meantime, merge again. (Note that you do not necessarily have to merge it to the oldest integration branch first. For example, you can first merge a bugfix to next, give it some testing time, and merge to maint when you know it is stable.)機能/バグ修正を統合ブランチに入れるには、単にそれをマージしてください。その間にトピックがさらに進化した場合は、もう一度マージします。(最初に最も古い統合ブランチにマージする必要はありません。たとえば、最初に次のバグ修正をマージし、テスト時間を与えて、安定していることがわかったらmaintにマージすることができます。)

  • If you find you need new features from the branch other to continue working on your topic, merge other to topic. (However, do not do this "just habitually", see below.)あなたがブランチからの新しい機能を必要と判明した場合は、他のトピックで作業を続けることが、合併その他トピック。(ただし、これを「習慣的に」行わないでください。下記を参照してください。)

  • If you find you forked off the wrong branch and want to move it "back in time", use git-rebase[1].もしあなたが間違ったブランチを分岐させて "時間をさかのぼって"戻すことを望むなら、git-rebase [1]を使ってください

Note that the last point clashes with the other two: a topic that has been merged elsewhere should not be rebased. See the section on RECOVERING FROM UPSTREAM REBASE in git-rebase[1].最後の点が他の2つと衝突していることに注意してください。他の場所でマージされたトピックはリベースするべきではありません。git-rebase [1]の「 UPSTREAM REBASEからの回復」の節を参照してください。

We should point out that "habitually" (regularly for no real reason) merging an integration branch into your topics — and by extension, merging anything upstream into anything downstream on a regular basis — is frowned upon:インテグレーションブランチをあなたのトピックにマージすること、さらには定期的にアップストリームのものをダウンストリームのものにマージすること - 「習慣的に」(実質的な理由なしに)定期的に眉をひそめていることに注意してください。

Rule: Merge to downstream only at well-defined points

Do not merge to downstream except with a good reason: upstream API changes affect your branch; your branch no longer merges to upstream cleanly; etc.正当な理由がある場合を除き、ダウンストリームにマージしないでください。アップストリームAPIの変更はブランチに影響します。あなたのブランチはもはや上流にきれいにマージしません。等

Otherwise, the topic that was merged to suddenly contains more than a single (well-separated) change. The many resulting small merges will greatly clutter up history. Anyone who later investigates the history of a file will have to find out whether that merge affected the topic in development. An upstream might even inadvertently be merged into a "more stable" branch. And so on.そうでなければ、マージされたトピックは突然、複数の(よく分離された)変更を含みます。結果として生じる多くの小さな合併は、歴史を大きく混乱させるでしょう。後でファイルの履歴を調査する人はだれでも、そのマージが開発中のトピックに影響を与えたかどうかを知る必要があります。上流は偶然にも "より安定した"ブランチにマージされるかもしれません。等々。

Throw-away integration使い捨て統合

If you followed the last paragraph, you will now have many small topic branches, and occasionally wonder how they interact. Perhaps the result of merging them does not even work? But on the other hand, we want to avoid merging them anywhere "stable" because such merges cannot easily be undone.最後の段落に従えば、今ではたくさんの小さなトピックブランチがあり、それらがどのように相互作用するのか疑問に思うことがあります。おそらくそれらをマージした結果でさえうまくいかないでしょうか。しかし、その一方で、そうしたマージは簡単に元に戻すことができないため、「安定した」場所でそれらをマージすることは避けたいと思います。

The solution, of course, is to make a merge that we can undo: merge into a throw-away branch.解決策は、もちろん、元に戻すことができるマージを行うことです。つまり、使い捨てブランチにマージします。

Rule: Throw-away integration branches

To test the interaction of several topics, merge them into a throw-away branch. You must never base any work on such a branch!いくつかのトピックの相互作用をテストするには、それらを使い捨てブランチにマージします。あなたは決してそのようなブランチをベースにして作業してはいけません

If you make it (very) clear that this branch is going to be deleted right after the testing, you can even publish this branch, for example to give the testers a chance to work with it, or other developers a chance to see if their in-progress work will be compatible. git.git has such an official throw-away integration branch called pu.このブランチがテストの直後に削除されることを(非常に)明確にしておけば、たとえばテスト担当者にそれを使用する機会を与えるために、または他の開発者が彼らの進行中の作業は互換性があります。git.gitそのような公式の使い捨て統合ブランチpuがあります。

Branch management for a releaseリリースのためのブランチ管理

Assuming you are using the merge approach discussed above, when you are releasing your project you will need to do some additional branch management work.上記で説明したマージアプローチを使用していると仮定して、プロジェクトをリリースするときには、さらにいくつかのブランチ管理作業を行う必要があります。

A feature release is created from the master branch, since master tracks the commits that should go into the next feature release.機能リリースは以下から作成されたマスターから、支店マスタは次の機能リリースに行くべきコミットを追跡します。

The master branch is supposed to be a superset of maint. If this condition does not hold, then maint contains some commits that are not included on master. The fixes represented by those commits will therefore not be included in your feature release.マスターブランチはのスーパーセットであると考えられるのmaint。この条件が満たされない場合、maintmasterに含まれていないいくつかのコミットを含みます。そのため、これらのコミットによって表される修正は、機能リリースに含まれません。

To verify that master is indeed a superset of maint, use git log:マスターが本当にmaintのスーパーセットであることを確認するには、git logを使います。

Recipe: Verify master is a superset of maint

git log master..maint

This command should not list any commits. Otherwise, check out master and merge maint into it.このコマンドはコミットをリストしてはいけません。そうでなければ、masterをチェックしてmaintをそれにマージしてください。

Now you can proceed with the creation of the feature release. Apply a tag to the tip of master indicating the release version:これで、機能リリースの作成に進むことができます。リリースバージョンを示すタグをマスターの先端に適用します。

Recipe: Release tagging

git tag -s -m "Git X.Y.Z" vX.Y.Z master

You need to push the new tag to a public Git server (see "DISTRIBUTED WORKFLOWS" below). This makes the tag available to others tracking your project. The push could also trigger a post-update hook to perform release-related items such as building release tarballs and preformatted documentation pages.新しいタグを公開Gitサーバーにプッシュする必要があります(下記の「配布ワークフロー」を参照)。これにより、プロジェクトを追跡している他のユーザーがタグを利用できるようになります。プッシュはまた、アップデート後のフックを起動して、リリース用のtarballやフォーマット済みのドキュメンテーションページの作成など、リリース関連の項目を実行する可能性があります。

Similarly, for a maintenance release, maint is tracking the commits to be released. Therefore, in the steps above simply tag and push maint rather than master.同様に、メンテナンスリリースでは、maintはリリースされるコミットを追跡しています。したがって、上記の手順では、masterではなくmaintにタグを付けてプッシュしてください

Maintenance branch management after a feature release機能リリース後の保守ブランチ管理

After a feature release, you need to manage your maintenance branches.機能リリース後は、メンテナンスブランチを管理する必要があります。

First, if you wish to continue to release maintenance fixes for the feature release made before the recent one, then you must create another branch to track commits for that previous release.まず、最近の機能リリースより前に行われた機能リリースに対するメンテナンス修正をリリースし続けたい場合は、その前のリリースのコミットを追跡するために別のブランチを作成する必要があります。

To do this, the current maintenance branch is copied to another branch named with the previous release version number (e.g. maint-X.Y.(Z-1) where X.Y.Z is the current release).これを行うには、現在のメンテナンスブランチを以前のリリースバージョン番号で名前を付けた別のブランチにコピーします(例:maint-XY(Z-1)、ここでXYZは現在のリリース)。

Recipe: Copy maint

git branch maint-X.Y.(Z-1) maint

The maint branch should now be fast-forwarded to the newly released code so that maintenance fixes can be tracked for the current release:maintメンテナンスフィックスは現在のリリースのために追跡できるように枝は、新しくリリースされたコードを早送りする必要があります:

Recipe: Update maint to new release
  • git checkout maint

  • git merge --ff-only master

If the merge fails because it is not a fast-forward, then it is possible some fixes on maint were missed in the feature release. This will not happen if the content of the branches was verified as described in the previous section.早送りではないためにマージが失敗した場合は、maintに対するいくつかの修正が機能リリースに欠けていた可能性があります。前のセクションで説明したようにブランチの内容が検証された場合、これは起こりません。

Branch management for next and pu after a feature release機能リリース後のnextとpuのブランチ管理

After a feature release, the integration branch next may optionally be rewound and rebuilt from the tip of master using the surviving topics on next:機能リリースの後、次に統合ブランチをオプションで巻き戻して、nextの残りのトピックを使用してマスターの先端から再構築することができます。

Recipe: Rewind and rebuild next
  • git checkout next

  • git reset --hard master

  • git merge ai/topic_in_next1

  • git merge ai/topic_in_next2

  • …​

The advantage of doing this is that the history of next will be clean. For example, some topics merged into next may have initially looked promising, but were later found to be undesirable or premature. In such a case, the topic is reverted out of next but the fact remains in the history that it was once merged and reverted. By recreating next, you give another incarnation of such topics a clean slate to retry, and a feature release is a good point in history to do so.これを行う利点は、nextの履歴がきれいになることです。たとえば、次にマージされたトピックの中には、最初は有望に見えたものもありますが、後になって望ましくないものや時期尚早なものであることが判明しました。そのような場合、トピックはから元に戻されますが、それは一度マージされて元に戻されたという事実に残ります。次に再作成することで、そのようなトピックのもう1つの具体化を再試行するためのクリーンスレートにします。機能リリースはそうするための歴史の中で良いポイントです。

If you do this, then you should make a public announcement indicating that next was rewound and rebuilt.あなたがこれをするならば、あなたはが巻き戻されて再建されたことを示す公示をするべきです。

The same rewind and rebuild process may be followed for pu. A public announcement is not necessary since pu is a throw-away branch, as described above.puについても同じ巻き戻しおよび再作成プロセスを実行できます。上で説明したように、pu使い捨てブランチなので、公示は必要ありません。

DISTRIBUTED WORKFLOWS配布されたワークフロー

After the last section, you should know how to manage topics. In general, you will not be the only person working on the project, so you will have to share your work.最後のセクションを終えたら、トピックの管理方法を知っておく必要があります。一般に、あなたはプロジェクトに取り組んでいる唯一の人ではないので、あなたはあなたの仕事を共有しなければならないでしょう。

Roughly speaking, there are two important workflows: merge and patch. The important difference is that the merge workflow can propagate full history, including merges, while patches cannot. Both workflows can be used in parallel: in git.git, only subsystem maintainers use the merge workflow, while everyone else sends patches.大まかに言って、マージとパッチという2つの重要なワークフローがあります。重要な違いは、マージワークフローはマージを含む完全な履歴を伝播できますが、パッチはできないことです。両方のワークフローを並行して使用することができgit.gitます。つまり、サブシステムメンテナだけがマージワークフローを使用し、他の人はパッチを送信します。

Note that the maintainer(s) may impose restrictions, such as "Signed-off-by" requirements, that all commits/patches submitted for inclusion must adhere to. Consult your project’s documentation for more information.メンテナが「サインオフ」要件のような、包含のために提出されたすべてのコミット/パッチが順守しなければならないという制限を課すかもしれないことに注意してください。詳細についてはプロジェクトのドキュメントを参照してください。

Merge workflowマージワークフロー

The merge workflow works by copying branches between upstream and downstream. Upstream can merge contributions into the official history; downstream base their work on the official history.マージワークフローは、アップストリームとダウンストリームの間でブランチをコピーすることによって機能します。上流では貢献を公式の歴史に統合することができます。下流では公的な歴史に基づいて彼らの仕事を築きます。

There are three main tools that can be used for this:これに使用できる主なツールは3つあります。

  • git-push[1] copies your branches to a remote repository, usually to one that can be read by all involved parties;git-push [1]はあなたのブランチをリモートリポジトリ、通常は関係する全ての人が読むことができるものにコピーします。

  • git-fetch[1] that copies remote branches to your repository; andリモートブランチをリポジトリにコピーするgit-fetch [1]。そして

  • git-pull[1] that does fetch and merge in one go.一度にフェッチとマージを行うgit-pull [1]

Note the last point. Do not use git pull unless you actually want to merge the remote branch.最後の点に注意してください。んではない使用Gitのプルをあなたが実際にリモートブランチをマージする場合を除き。

Getting changes out is easy:変更を出すのは簡単です:

Recipe: Push/pull: Publishing branches/topics

git push <remote> <branch> and tell everyone where they can fetch from.git push <remote> <branch> そしてどこから彼らがフェッチすることができるかを皆に言いなさい。

You will still have to tell people by other means, such as mail. (Git provides the git-request-pull[1] to send preformatted pull requests to upstream maintainers to simplify this task.)それでも、郵便などの他の方法で人々に知らせる必要があります。(Gitは、このタスクを簡単にするために、前フォーマットされたプルリクエストを上流のメンテナに送るためのgit-request-pull [1]を提供します。)

If you just want to get the newest copies of the integration branches, staying up to date is easy too:統合ブランチの最新のコピーを入手したいだけの場合は、最新の状態に維持するのも簡単です。

Recipe: Push/pull: Staying up to date

Use git fetch <remote> or git remote update to stay up to date.git fetch <remote>またはgit remote updateを使用して最新の状態に保ちます。

Then simply fork your topic branches from the stable remotes as explained earlier.それから先に説明したように、あなたのトピックブランチを安定したリモートからフォークするだけです。

If you are a maintainer and would like to merge other people’s topic branches to the integration branches, they will typically send a request to do so by mail. Such a request looks likeあなたがメンテナで、他の人のトピックブランチを統合ブランチにマージしたい場合、彼らは通常そうするためのリクエストをメールで送ります。このようなリクエストはこんな感じです

Please pull from
    <url> <branch>

In that case, git pull can do the fetch and merge in one go, as follows.その場合、git pullは以下のようにフェッチとマージを一度に行うことができます。

Recipe: Push/pull: Merging remote topics

git pull <url> <branch>

Occasionally, the maintainer may get merge conflicts when they try to pull changes from downstream. In this case, they can ask downstream to do the merge and resolve the conflicts themselves (perhaps they will know better how to resolve them). It is one of the rare cases where downstream should merge from upstream.時折、メンテナが下流から変更を引き出そうとすると、メンテナが衝突する可能性があります。この場合、彼らはマージを実行して衝突を自分で解決するよう下流に依頼することができます(おそらく彼らはそれらを解決する方法をもっとよく知っているでしょう)。これはダウンストリームがアップストリームからマージする必要があるまれなケースの1つです。

Patch workflowパッチワークフロー

If you are a contributor that sends changes upstream in the form of emails, you should use topic branches as usual (see above). Then use git-format-patch[1] to generate the corresponding emails (highly recommended over manually formatting them because it makes the maintainer’s life easier).あなたが電子メールの形で上流に変更を送る貢献者であれば、いつものようにトピックブランチを使うべきです(上を見てください)。それからgit-format-patch [1]を使って対応するEメー??ルを生成してください(メンテナの作業を楽にするので手動でフォーマットすることを強くお勧めします)。

Recipe: format-patch/am: Publishing branches/topics
  • git format-patch -M upstream..topic to turn them into preformatted patch filesgit format-patch -M upstream..topic それらをフォーマット済みのパッチファイルに変換する

  • git send-email --to=<recipient> <patches>

See the git-format-patch[1] and git-send-email[1] manpages for further usage notes.さらなる使用上の注意についてはgit-format-patch [1]およびgit-send-email [1]のマンページを参照してください。

If the maintainer tells you that your patch no longer applies to the current upstream, you will have to rebase your topic (you cannot use a merge because you cannot format-patch merges):あなたのパッチが現在のアップストリームには適用されないとメンテナから指示された場合、あなたはあなたのトピックをリベースする必要があるでしょう(あなたはフォーマット - パッチマージができないのでマージを使うことができません):

Recipe: format-patch/am: Keeping topics up to date

git pull --rebase <url> <branch>

You can then fix the conflicts during the rebase. Presumably you have not published your topic other than by mail, so rebasing it is not a problem.その後、リベース中に競合を修正できます。おそらくあなたは郵便以外であなたのトピックを公表していないので、それをリベースすることは問題ではない。

If you receive such a patch series (as maintainer, or perhaps as a reader of the mailing list it was sent to), save the mails to files, create a new topic branch and use git am to import the commits:もしあなたがそのような一連のパッチ(メンテナとして、あるいはおそらくそれが送られてきたメーリングリストの読者として)を受け取ったら、そのメールをファイルに保存し、新しいトピックブランチを作成し、git amを使ってコミットをインポートしてください。

Recipe: format-patch/am: Importing patches

git am < patch

One feature worth pointing out is the three-way merge, which can help if you get conflicts: git am -3 will use index information contained in patches to figure out the merge base. See git-am[1] for other options.指摘しておく価値のある機能の1つは、競合が発生した場合に役立つ3方向のマージgit am -3です。パッチに含まれるインデックス情報を使用してマージベースを把握します。他のオプションについてはgit-am [1]を見てください。

SEE ALSO関連項目

gittutorial[7], git-push[1], git-pull[1], git-merge[1], git-rebase[1], git-format-patch[1], git-send-email[1], git-am[1]gittutorial [7]git-push [1]git-pull [1]git-merge [1]git-rebase [1]git-format-patch [1]git-send-email [1]git-am [1]

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

OpenPNE3のデータベースの設定

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る