fsck

NAME

git-fsck - Verifies the connectivity and validity of the objects in the databasegit-fsck - データベース内のオブジェクトの接続性と有効性を検証する

SYNOPSIS概要

git fsck [--tags] [--root] [--unreachable] [--cache] [--no-reflogs]
	 [--[no-]full] [--strict] [--verbose] [--lost-found]
	 [--[no-]dangling] [--[no-]progress] [--connectivity-only]
	 [--[no-]name-objects] [<object>*]

DESCRIPTION説明

Verifies the connectivity and validity of the objects in the database.データベース内のオブジェクトの接続性と有効性を確認します。

OPTIONSオプション

<object> <オブジェクト>

An object to treat as the head of an unreachability trace.到達不能トレースの先頭として扱うオブジェクト。

If no objects are given, git fsck defaults to using the index file, all SHA-1 references in refs namespace, and all reflogs (unless --no-reflogs is given) as heads.オブジェクトが指定されていない場合、git fsckはデフォルトでインデックスファイル、refs名前空間内のすべてのSHA-1参照、およびすべてのreflog(--no-reflogsが指定されていない場合)をヘッドとして使用します。

--unreachable - 到達不能

Print out objects that exist but that aren’t reachable from any of the reference nodes.存在するがどの参照ノードからも到達できないオブジェクトを出力します。

--[no-]dangling - ダングリング

Print objects that exist but that are never directly used (default). --no-dangling can be used to omit this information from the output.存在しているが直接使用されていない印刷オブジェクト(デフォルト)。--no-danglingこの情報を出力から除外するために使用できます。

--root - ルート

Report root nodes.ルートノードを報告します。

--tags - タグ

Report tags.タグを報告します。

--cache - キャッシュ

Consider any object recorded in the index also as a head node for an unreachability trace.インデックスに記録されているすべてのオブジェクトを到達不能トレースのヘッドノードとしても考慮します。

--no-reflogs

Do not consider commits that are referenced only by an entry in a reflog to be reachable. This option is meant only to search for commits that used to be in a ref, but now aren’t, but are still in that corresponding reflog.reflog内のエントリによってのみ参照されるコミットが到達可能であると見なさないでください。このオプションは、ref内にあったコミットを検索することだけを目的としていますが、今はそうではありませんが、それでも対応するreflog内にあります。

--full - フル

Check not just objects in GIT_OBJECT_DIRECTORY ($GIT_DIR/objects), but also the ones found in alternate object pools listed in GIT_ALTERNATE_OBJECT_DIRECTORIES or $GIT_DIR/objects/info/alternates, and in packed Git archives found in $GIT_DIR/objects/pack and corresponding pack subdirectories in alternate object pools. This is now default; you can turn it off with --no-full.GIT_OBJECT_DIRECTORY($ GIT_DIR / objects)内のオブジェクトだけでなく、GIT_ALTERNATE_OBJECT_DIRECTORIESまたは$ GIT_DIR / objects / info / alternatesにリストされている代替オブジェクトプール、および$ GIT_DIR / objects / packにあるパックドGitアーカイブにも含まれます。代替オブジェクトプールにサブディレクトリをパックします。これは現在デフォルトです。--no-fullで無効にできます。

--connectivity-only

Check only the connectivity of tags, commits and tree objects. By avoiding to unpack blobs, this speeds up the operation, at the expense of missing corrupt objects or other problematic issues.タグ、コミット、ツリーオブジェクトの接続性のみを確認してください。BLOBを解凍しないようにすることで、破損したオブジェクトや他の問題のある問題を見逃すことを犠牲にして、操作をスピードアップします。

--strict - 厳格

Enable more strict checking, namely to catch a file mode recorded with g+w bit set, which was created by older versions of Git. Existing repositories, including the Linux kernel, Git itself, and sparse repository have old objects that triggers this check, but it is recommended to check new projects with this flag.より厳密なチェックを可能にします。すなわち、Gitの古いバージョンで作成されたg + wビットセットで記録されたファイルモードを捉えるためです。Linuxカーネル、Git自体、スパースリポジトリなどの既存のリポジトリには、このチェックをトリガする古いオブジェクトがありますが、このフラグを使用して新しいプロジェクトをチェックすることをお勧めします。

--verbose - 冗談

Be chatty.おしゃべりしてください。

--lost-found - 探し物を見つけた

Write dangling objects into .git/lost-found/commit/ or .git/lost-found/other/, depending on type. If the object is a blob, the contents are written into the file, rather than its object name.ダングリングオブジェクトをタイプに応じて.git / lost-found / commit /または.git / lost-found / other /に書き込みます。オブジェクトがBLOBの場合は、オブジェクト名ではなく内容がファイルに書き込まれます。

--name-objects

When displaying names of reachable objects, in addition to the SHA-1 also display a name that describes how they are reachable, compatible with git-rev-parse[1], e.g. HEAD@{1234567890}~25^2:src/.到達可能なオブジェクトの名前を表示するとき、SHA-1に加えてgit-rev-parse [1]と互換性のある、それらが到達可能である方法を記述する名前も表示します。HEAD@{1234567890}~25^2:src/

--[no-]progress - 進捗状況

Progress status is reported on the standard error stream by default when it is attached to a terminal, unless --no-progress or --verbose is specified. --progress forces progress status even if the standard error stream is not directed to a terminal.進行状況は、--no-progressまたは--verboseが指定されていない限り、端末に接続されたときにデフォルトで標準エラーストリームに報告されます。--progressは標準エラーストリームが端末に向けられていなくても進行状況を強制します。

DISCUSSION討論

git-fsck tests SHA-1 and general object sanity, and it does full tracking of the resulting reachability and everything else. It prints out any corruption it finds (missing or bad objects), and if you use the --unreachable flag it will also print out objects that exist but that aren’t reachable from any of the specified head nodes (or the default set, as mentioned above).git-fsckはSHA-1と一般的なオブジェクトの健全性をテストし、そしてそれは結果として得られる到達可能性と他のすべてを完全に追跡します。それは発見したあらゆる破損(不足しているか悪いオブジェクト)を出力します、そしてあなたが--unreachableフラグを使用するならそれは存在するが指定されたヘッドノードのいずれからも到達できないオブジェクトも出力します)

Any corrupt objects you will have to find in backups or other archives (i.e., you can just remove them and do an rsync with some other site in the hopes that somebody else has the object you have corrupted).あなたがバックアップや他のアーカイブで見つけなければならないどんな壊れたオブジェクトでも(すなわち、あなたはそれらを削除して他の誰かがあなたが壊れたオブジェクトを持っていることを期待してrsyncをすることができます)。

If core.commitGraph is true, the commit-graph file will also be inspected using git commit-graph verify. See git-commit-graph[1].core.commitGraphがtrueの場合、コミットグラフファイルもgit commit-graph verifyを使用して検査されます。git-commit-graph [1]を参照してください。

Extracted Diagnostics抽出された診断

expect dangling commits - potential heads - due to lack of head information ダングリングコミット - 潜在的なヘッド - ヘッド情報の欠如による

You haven’t specified any nodes as heads so it won’t be possible to differentiate between un-parented commits and root nodes.どのノードもヘッドとして指定していないので、親ではないコミットとルートノードを区別することはできません。

missing sha1 directory <dir> sha1ディレクトリ<dir>がありません

The directory holding the sha1 objects is missing.sha1オブジェクトを保持しているディレクトリがありません。

unreachable <type> <object> 到達不能な<type> <object>

The <type> object <object>, isn’t actually referred to directly or indirectly in any of the trees or commits seen. This can mean that there’s another root node that you’re not specifying or that the tree is corrupt. If you haven’t missed a root node then you might as well delete unreachable nodes since they can’t be used.<type>オブジェクト<object>は、実際には、見たどのツリーまたはコミットでも直接的または間接的に参照されていません。これは、指定していない別のルートノードがあるか、ツリーが破損していることを意味します。ルートノードを見逃していないのであれば、到達できないノードは使用できないので削除することをお勧めします。

missing <type> <object> <type> <object>がありません

The <type> object <object>, is referred to but isn’t present in the database.<type>オブジェクト<object>が参照されていますが、データベースに存在しません。

dangling <type> <object> ぶら下がっている<type> <object>

The <type> object <object>, is present in the database but never directly used. A dangling commit could be a root node.<type>オブジェクト<object>はデータベースに存在しますが、直接使用されることはありません。ダングリングコミットは、ルートノードになる可能性があります。

hash mismatch <object> ハッシュの不一致<オブジェクト>

The database has an object whose hash doesn’t match the object database value. This indicates a serious data integrity problem.データベースに、ハッシュがオブジェクトデータベースの値と一致しないオブジェクトがあります。これは深刻なデータ整合性の問題を示しています。

Environment Variables環境変数

GIT_OBJECT_DIRECTORY

used to specify the object database root (usually $GIT_DIR/objects)オブジェクトデータベースのルートを指定するために使用されます(通常$ GIT_DIR / objects)

GIT_INDEX_FILE

used to specify the index file of the index索引の索引ファイルを指定するために使用されます

GIT_ALTERNATE_OBJECT_DIRECTORIES

used to specify additional object database roots (usually unset)追加のオブジェクトデータベースルートを指定するために使用されます(通常は未設定)。

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

IN演算子 入っているか

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る