check-ignore

NAME

git-check-ignore - Debug gitignore / exclude filesgit-check-ignore - gitignore / excludeファイルをデバッグする

SYNOPSIS概要

git check-ignore [<options>] <pathname>…​
git check-ignore [<options>] --stdin

DESCRIPTION説明

For each pathname given via the command-line or from a file via --stdin, check whether the file is excluded by .gitignore (or other input files to the exclude mechanism) and output the path if it is excluded.コマンドライン経由またはファイル経由--stdinで与えられた各パス名について、ファイルが.gitignore(または除外メカニズムへの他の入力ファイル)によって除外されているかどうかを確認し、除外されている場合はそのパスを出力します。

By default, tracked files are not shown at all since they are not subject to exclude rules; but see ‘--no-index’.デフォルトでは、追跡ファイルは除外ルールの対象にならないため、まったく表示されません。しかし '--no-index'を見てください。

OPTIONSオプション

-q, --quiet -q、 - 静か

Don’t output anything, just set exit status. This is only valid with a single pathname.何も出力せず、終了ステータスを設定するだけです。これは単一のパス名でのみ有効です。

-v, --verbose -v、 - verbose

Also output details about the matching pattern (if any) for each given pathname. For precedence rules within and between exclude sources, see gitignore[5].与えられたそれぞれのパス名のためのマッチングパターン(もしあれば)についての詳細も出力します。除外ソース内および除外ソース間の優先順位規則については、gitignore [5]を参照してください。

--stdin

Read pathnames from the standard input, one per line, instead of from the command-line.コマンドラインからではなく、標準入力から1行に1つずつパス名を読み取ります。

-z

The output format is modified to be machine-parseable (see below). If --stdin is also given, input paths are separated with a NUL character instead of a linefeed character.出力フォーマットは機械解析可能に変更されています(下記参照)。--stdinも指定されている場合、入力パスは改行文字ではなくNUL文字で区切られます。

-n, --non-matching -n、 - non-matching

Show given paths which don’t match any pattern. This only makes sense when --verbose is enabled, otherwise it would not be possible to distinguish between paths which match a pattern and those which don’t.どのパターンとも一致しないパスを表示します。これ--verboseが有効になっている場合にのみ意味があります。そうでなければ、パターンに一致するパスと一致しないパスを区別することはできません。

--no-index

Don’t look in the index when undertaking the checks. This can be used to debug why a path became tracked by e.g. git add . and was not ignored by the rules as expected by the user or when developing patterns including negation to match a path previously added with git add -f.チェックを行うときにインデックスを調べないでください。これは、パスが例えばによって追跡git add .され、ユーザーが予期したとおりにルールによって無視されなかった理由、または以前に追加されたパスに一致するように否定を含むパターンを作成するときにデバッグするために使用できますgit add -f

OUTPUT出力

By default, any of the given pathnames which match an ignore pattern will be output, one per line. If no pattern matches a given path, nothing will be output for that path; this means that path will not be ignored.デフォルトでは、無視パターンに一致する任意のパス名が1行に1つずつ出力されます。与えられたパスにマッチするパターンがなければ、そのパスには何も出力されません。これはパスが無視されないことを意味します。

If --verbose is specified, the output is a series of lines of the form:場合は--verbose、指定され、出力がフォームの一連の線です。

<source> <COLON> <linenum> <COLON> <pattern> <HT> <pathname><source> <COLON> <linenum> <COLON> <パターン> <HT> <パス名>

<pathname> is the path of a file being queried, <pattern> is the matching pattern, <source> is the pattern’s source file, and <linenum> is the line number of the pattern within that source. If the pattern contained a ! prefix or / suffix, it will be preserved in the output. <source> will be an absolute path when referring to the file configured by core.excludesFile, or relative to the repository root when referring to .git/info/exclude or a per-directory exclude file.<pathname>は照会されているファイルのパス、<pattern>は一致パターン、<source>はパターンのソースファイル、そして<linenum>はそのソース内のパターンの行番号です。パターンに!接頭辞または/接尾辞が含まれている場合、それは出力に保存されます。<source>は、参照されているときcore.excludesFile、または.git/info/excludeディレクトリごとの除外ファイルによって設定されているファイルを参照する場合は絶対パスになります。

If -z is specified, the pathnames in the output are delimited by the null character; if --verbose is also specified then null characters are also used instead of colons and hard tabs:-z指定すると、出力内のパス名はヌル文字で区切られます。--verbosecolも指定されている場合は、コロンやハードタブの代わりにnull文字も使用されます。

<source> <NULL> <linenum> <NULL> <pattern> <NULL> <pathname> <NULL><ソース> <空白> <行番号> <空白> <パターン> <空白> <パス名> <空白>

If -n or --non-matching are specified, non-matching pathnames will also be output, in which case all fields in each output record except for <pathname> will be empty. This can be useful when running non-interactively, so that files can be incrementally streamed to STDIN of a long-running check-ignore process, and for each of these files, STDOUT will indicate whether that file matched a pattern or not. (Without this option, it would be impossible to tell whether the absence of output for a given file meant that it didn’t match any pattern, or that the output hadn’t been generated yet.)-nまたは--non-matchingを指定した場合、一致しないパス名も出力されます。その場合、<pathname>を除く各出力レコードのすべてのフィールドは空になります。これは非対話的に実行している場合に便利です。そうすれば、長時間実行されるチェック無視プロセスのSTDINにファイルを段階的にストリーミングすることができ、STDOUTはそのファイルごとにそのファイルがパターンと一致したかどうかを示します。(このオプションがなければ、与えられたファイルに出力がないことが、それがどのパターンとも一致しなかったことを意味しているのか、それともまだ出力が生成されていなかったのかを知ることは不可能です。)

Buffering happens as documented under the GIT_FLUSH option in git[1]. The caller is responsible for avoiding deadlocks caused by overfilling an input buffer or reading from an empty output buffer.バッファリングGIT_FLUSHgit [1]のオプションの下で文書化されているように起こります。呼び出し側は、入力バッファーをいっぱいにしたり、空の出力バッファーから読み取ったりすることによって引き起こされるデッドロックを回避する責任があります。

EXIT STATUS終了ステータス

0

One or more of the provided paths is ignored.指定された1つ以上のパスが無視されます。

1

None of the provided paths are ignored.提供されたパスはどれも無視されません。

128

A fatal error was encountered.致命的なエラーが発生しました。

SEE ALSO関連項目

gitignore[5] git-config[1] git-ls-files[1]gitignore [5] git-config [1] git-lsファイル[1]

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

CHAR_LENGTH関数 文字列長を求める

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る