gitmodules

NAME

gitmodules - Defining submodule propertiesgitmodules - サブモジュールプロパティの定義

SYNOPSIS概要

$GIT_WORK_DIR/.gitmodules$ GIT_WORK_DIR / .gitmodules

DESCRIPTION説明

The .gitmodules file, located in the top-level directory of a Git working tree, is a text file with a syntax matching the requirements of git-config[1]..gitmodulesGit作業ツリーの最上位ディレクトリにあるこのファイルは、git-config [1]の要件に一致する構文を持つテキストファイルです。

The file contains one subsection per submodule, and the subsection value is the name of the submodule. The name is set to the path where the submodule has been added unless it was customized with the --name option of git submodule add. Each submodule section also contains the following required keys:このファイルには、サブモジュールごとに1つのサブセクションが含まれており、サブセクション値はサブモジュールの名前です。名前は--namegit submodule addのオプションでカスタマイズされていない限り、サブモジュールが追加されたパスに設定されます。各サブモジュールセクションには、次の必須キーも含まれています。

submodule.<name>.path サブモジュール。<名前> .path

Defines the path, relative to the top-level directory of the Git working tree, where the submodule is expected to be checked out. The path name must not end with a /. All submodule paths must be unique within the .gitmodules file.サブモジュールがチェックアウトされると予想されるGit作業ツリーの最上位ディレクトリからの相対パスを定義します。パス名は/。で終わってはいけません。すべてのサブモジュールパスは、.gitmodulesファイル内で一意である必要があります。

submodule.<name>.url サブモジュール。<名前> .url

Defines a URL from which the submodule repository can be cloned. This may be either an absolute URL ready to be passed to git-clone[1] or (if it begins with ./ or ../) a location relative to the superproject’s origin repository.サブモジュールリポジトリのクローン元となるURLを定義します。これは、git-clone [1]に渡す準備ができている絶対URLか、(./または../で始まっている場合)スーパープロジェクトの起点リポジトリからの相対位置のいずれかです。

In addition, there are a number of optional keys:さらに、いくつかのオプションのキーがあります。

submodule.<name>.update サブモジュール。<名前> .update

Defines the default update procedure for the named submodule, i.e. how the submodule is updated by "git submodule update" command in the superproject. This is only used by git submodule init to initialize the configuration variable of the same name. Allowed values here are checkout, rebase, merge or none. See description of update command in git-submodule[1] for their meaning. Note that the !command form is intentionally ignored here for security reasons.名前付きサブモジュールのデフォルトの更新手順、すなわちスーパープロジェクトの "git submodule update"コマンドによるサブモジュールの更新方法を定義します。これはgit submodule init、同じ名前の設定変数を初期化するためにだけ使用されます。ここで許可されている値は、checkoutrebasemerge、またはnoneです。その意味についてはgit-submodule [1]updateコマンドの説明を参照してください。セキュリティ上の理由から、!コマンド形式は意図的に無視されています。

submodule.<name>.branch サブモジュール。<名前> .branch

A remote branch name for tracking updates in the upstream submodule. If the option is not specified, it defaults to master. A special value of . is used to indicate that the name of the branch in the submodule should be the same name as the current branch in the current repository. See the --remote documentation in git-submodule[1] for details.アップストリームサブモジュール内の更新を追跡するためのリモートブランチ名。このオプションが指定されていない場合は、デフォルトのmasterになります。.サブモジュール内のブランチの名前は、現在のリポジトリ内の現在のブランチと同じ名前にする必要があることを示すために、特別な値が使用されます。詳細はgit-submodule [1]--remoteドキュメントを参照してください。

submodule.<name>.fetchRecurseSubmodules submodule。<name> .fetchRecurseSubmodules

This option can be used to control recursive fetching of this submodule. If this option is also present in the submodules entry in .git/config of the superproject, the setting there will override the one found in .gitmodules. Both settings can be overridden on the command line by using the "--[no-]recurse-submodules" option to "git fetch" and "git pull".このオプションは、このサブモジュールの再帰的フェッチを制御するために使用できます。このオプションがスーパープロジェクトの.git / config内のサブモジュールエントリにも存在する場合、その設定は.gitmodulesにある設定を上書きします。両方の設定は、 " - [no-] recurse-submodules"オプションを "git fetch"と "git pull"に使用することでコマンドラインで上書きすることができます。

submodule.<name>.ignore サブモジュール。<名前> .ignore

Defines under what circumstances "git status" and the diff family show a submodule as modified. The following values are supported:どのような状況下で "git status"とdiffファミリが変更されたサブモジュールを表示するかを定義します。以下の値がサポートされています。

all すべて

The submodule will never be considered modified (but will nonetheless show up in the output of status and commit when it has been staged).サブモジュールは変更されたと見なされることはありません(ただし、ステータスの出力に表示され、ステージングされたときにコミットされます)。

dirty 汚れた

All changes to the submodule’s work tree will be ignored, only committed differences between the HEAD of the submodule and its recorded state in the superproject are taken into account.サブモジュールの作業ツリーへのすべての変更は無視され、サブモジュールのHEADとスーパープロジェクト内のその記録された状態との間の確定された違いのみが考慮されます。

untracked 未追跡

Only untracked files in submodules will be ignored. Committed differences and modifications to tracked files will show up.サブモジュール内の追跡されていないファイルのみが無視されます。追跡されたファイルへの献身的な違いと修正が現れるでしょう。

none 無し

No modifiations to submodules are ignored, all of committed differences, and modifications to tracked and untracked files are shown. This is the default option.サブモジュールへの変更は無視されず、すべてのコミットされた違い、および追跡されたファイルと追跡されていないファイルへの変更が表示されます。これはデフォルトのオプションです。

If this option is also present in the submodules entry in .git/config of the superproject, the setting there will override the one found in .gitmodules.このオプションがスーパープロジェクトの.git / config内のサブモジュールエントリにも存在する場合、その設定は.gitmodulesにある設定を上書きします。

Both settings can be overridden on the command line by using the "--ignore-submodule" option. The git submodule commands are not affected by this setting.両方の設定は、 " - ignore-submodule"オプションを使用してコマンドラインで上書きすることができます。gitのサブモジュールのコマンドは、この設定の影響を受けません。

submodule.<name>.shallow サブモジュール。<名前> .shallow

When set to true, a clone of this submodule will be performed as a shallow clone (with a history depth of 1) unless the user explicitly asks for a non-shallow clone.trueに設定すると、ユーザーが明示的に非シャロークローンを要求しない限り、このサブモジュールのクローンはシャロークローン(履歴の深さが1)として実行されます。

EXAMPLES

Consider the following .gitmodules file:次の.gitmodulesファイルを検討してください。

[submodule "libfoo"]
	path = include/foo
	url = git://foo.com/git/lib.git
[submodule "libbar"]
	path = include/bar
	url = git://bar.com/git/lib.git

This defines two submodules, libfoo and libbar. These are expected to be checked out in the paths include/foo and include/bar, and for both submodules a URL is specified which can be used for cloning the submodules.これは、二つのサブモジュールを定義し、libfooそしてlibbar。これらはinclude / fooinclude / barのパスでチェックアウトされることが期待されており、両方のサブモジュールに対してサブモジュールのクローン作成に使用できるURLが指定されています。

SEE ALSO関連項目

git-submodule[1] git-config[1]git-submodule [1] git-config [1]

GIT

Part of the git[1] suite一部のgit [1]スイート

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

SSHのインストール

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る