Windows7内で互換モードで動作しないアプリケーションを実行するXPモード

Windows7には、それ以前のアプリケーション用に「互換モード」があります。


ただこの互換モードは完全ではなく、起動しないアプリケーションもあります。

そんなときにはWindows7に用意されている「XPモード」を使用することで、アプリケーションを実行することができる場合があります。

XPモードとはWindows7(ホストOS)上に、仮想OSとしてWinsowsXP(ゲストOS)を立ち上げます。
WindowsXPのウインドウをWindows7上に開いて、アプリケーションを実行することもできますが、Windows7上で仮想的にWindowsXPにインストールされたアプリケーションも実行することができます。

[参考記事] VMWare Server、仮想OSのインストール

XPモードはWindows7のProfessional、Ultimate、Enterpriseのエディションで使用できます。Home Premiumエディションでは使用できません。 また標準ではインストールされていないため、追加でインストールする必要があります。

ただしMicrosoftのサイトには次のような注意書きがあります。

Windows XP モードは主に、ビジネスで Windows XP から Windows 7 への移行を促すために設計されました。 これは、3D ゲームなど、グラフィックに対する要求の高いプログラムに対して最適化されていません。 TV チューナー など、ハードウェアの要件を持つプログラムにも適していません。

Windows 7 で Windows XP モードをインストールして使用する
Windows XP Mode および Windows Virtual PC
Windows XP Mode のダウンロード

次の3つのファイルをダウンロードして実行します。
WindowsXPMode_ja-jp.exe
Windows6.1-KB958559-x64.msuまたはWindows6.1-KB958559-x86.msu
Windows6.1-KB977206-x64.msuまたはWindows6.1-KB977206-x86.msu

WindowsXPMode_ja-jp.exeの容量は600MBあります。これにはWindowsXPのOSが含まれるからです。

Windows XP Modeのインストール






Windows Virtual PCのインストール [Windows用更新プログラム(KB958559)]






Windows用更新プログラム(KB977206)のインストール


Windows XP Modeのセットアップ






Windows7の中で、WindowsXPが起動します。


終了オプションはなく、ログオフしかありません。


ゲストOS(WindowsXP)のウインドウを閉じると、ゲストOSは休止状態となります。


Windows7とWindowsXPの2つのOSが立ち上がっているため、ネットワークでは両方のPCが確認できます。


インストールされるOSはWindowsXP Service Pack3(SP3)の32bit版となります。


ちなみに64bit版WindowsXPのシステムのプロパティは次のような表示です。


USBデバイスをゲストOS(WindowsXP)で使用するには、メニューバーの「USB」から「接続」を選びます。


またゲストOSのWindowsXPにインストールされているInternet Explorerのバージョンは6です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

サイトを公開するときの設定

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る