Thunderbirdのデータをエクスポート、インポートする手順

Thunderbird本体には、データ(受信ボックスや送信済みボックス)をバックアップする機能はついていません。

[参考記事] Outlook Expressのバックアップと復元
[参考記事] Windows Liveメールのバックアップと復元 エクスポート・インポート
[参考記事] Outlook ExpressからWindows Liveメールにメールを移行する方法

バックアップ

Thunderbirdのデータは次のフォルダに保存されています。

C\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles\任意の英数字.default

場所がわからなければ、Thunderbirdのローカルフォルダを右クリックして、プロパティを開くとわかります。

AppDataは隠しフォルダです。
表示されない場合はフォルダオプションから表示する設定に変更するかアドレスバーに直接書きます。
コントロールパネル\デスクトップのカスタマイズ\フォルダーオプション
「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れます。

この「〜〜〜.default」フォルダがThunderbirdの個人用のファイルなので、これをバックアップします。

このフォルダに含まれるデータは次のものがあります。
受信ボックス
送信済みボックス
メッセージフィルタ
アカウント情報
アドレス帳

復元

復元する方法は、バックアップしたときと同じフォルダ

C\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles

の英数字.defaultフォルダにバックアップしたファイルの中身をすべてコピーします。
このとき英数字.defaultフォルダがなければ、一度Thunderbirdを立ち上げて、設定をキャンセルして閉じます。
また復元のときにはThunderbirdは閉じておきます。

これでThunderbirdを起動すると復元されていることが確認できます。

ツールによるバックアップと復元

インポート、エクスポートの機能を追加する拡張機能にImport Export Tools(旧名:Mbox Import)があります。

各アカウントフォルダ(ローカルフォルダを含む)又は、 トレイ上で右クリック→インポート・エクスポートから、すべてのフォルダをエクスポートやフォルダをエクスポートで、 mboxファイルにバックアップできます。

復元は、同様に右クリックからサブフォルダにインポートができます。

Import Export Tools公式サイト
Import Export Toolsダウンロード

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

EclipseでRuby開発環境を作る RDT(Ruby Development Tool)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る