event.x

イベントが発生したX座標を示します。Internet Explorerの場合はeventオブジェクトのxプロパティに座標値がピクセルで入っています。Safari、Operaはeventオブジェクトだけでなくイベントハンドラに渡されたパラメータ(イベントオブジェクト)のxプロパティにも格納されます。Safari、Operaの場合は、どちらから読み出しても同じ結果になります。また、FirefoxはxプロパティでX座標値を読み出すことはできません。

構文

event.x
イベントオブジェクト.x

例文

<html>
 <head>
  <title>event.x</title>
  <script type="text/javascript"><!--
  window.onload = function() {
   document.getElementById("fButton").onclick = function(evt) {
    try {
     document.getElementById("result").innerHTML = "evt.x = "+evt.x;
    }catch(e){
     document.getElementById("result").innerHTML = "event.x = "+event.x;
    }
   }
  }
  // --></script>
 </head>
 <body>
 <form>
  <input type="button" id="fButton" value="クリックしてください">
 </form>
 <div id="result"></div>
 </body>
</html>

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

MySQLサーバに接続できるかどうかを確認する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る