onDragLeave

ドラッグ可能なオブジェクトから離れた時に発生します。Windows版Internet Explorer 5以降、Safariで利用することができます。

構文

<タグ名 onDragLeave="イベント発生時の処理">
オブジェクト.ondragleave = "イベント発生時の処理"

例文

<html>
 <head>
  <title>onDragLeave</title>
  <script type="text/javascript"><!--
  window.onload = function() {
   document.getElementById("imgObj").ondragleave = function() {
    document.getElementById("result").innerHTML = "Drag Leave";
   }
  }
  // --></script>
 </head>
 <body>
 <div id="result"></div>
 <img src="photo.jpg" id="imgObj" width="300" height="195">
 </body>
</html>

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

各メーカーのルーターのID・パスワードの一覧 W

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る