event.pageX

イベントが発生したページ上のX座標を示します。この座標値はブラウザウィンドウ上でのX座標値になります。ページ全体でのX座標値を示すわけではないので注意が必要です。 このプロパティはFirefox、Safari、Operaで使用することができます。

構文

イベントオブジェクト.pageX

例文

<html>
 <head>
  <title>event.pageX</title>
  <script type="text/javascript"><!--
  window.onload = function() {
   document.onclick = function(evt) {
    try {
     document.getElementById("result").innerHTML = "evt.pageX = "+evt.pageX;
    }catch(e){
     document.getElementById("result").innerHTML = "event.pageX = "+event.pageX;
    }
   }
  }
  // --></script>
 </head>
 <body>
 <form style="margin-left:800px;">
  <input type="button" id="fButton" value="ページ上のどこかでクリックしてください">
 </form>
 <div id="result"></div>
 </body>
</html>

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Flash8でゲーム6種類 イースターエッグ

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る