Outlook ExpressからWindows Liveメールにメールを移行する方法

WindowsXPまで標準でインストールされていたOutlook Expressは、WindowsVistaやWindows7にはインストールされていませんし、インストールすることもできません。
代替としてWindowsVistaではWindowsメール、Windows7ではWindows Liveメールがあります。
そこでWindowsXPからWindows7にPCを買い換えたときなど、Outlook ExpressからWindowsメール・Windows Liveメールへメールメッセージを移行する方法です。

[参考記事] Windows8でOutlook ExpressやWindowsメール、WindowsLiveメールのデータを移行する方法
[参考記事] Windows Liveメールのバックアップと復元 エクスポート・インポート
[参考記事] Outlook Expressのバックアップと復元
[参考記事] Thunderbirdのバックアップと復元

Outlook Expressからバックアップ
Windwos Liveメールへのリストア(復元)

Outlook Expressからバックアップ

Outlook Expressにはメールメッセージをバックアップ(エクスポート)する機能はありません。
保存されているフォルダを直接バックアップします。

保存されている場所は

C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Application Data\Identities\{xxxxxxxxxxxxxx}\Microsoft\Outlook Express

この『Outlook Express』フォルダを移行先のPCにコピーします。
Outlook Expressを立ち上げていると、このフォルダはロックがかかっていますし、メールの送受信が行われないようOutlook Expressは閉じておきます。

正確な場所は受信トレイなどを右クリックして、『プロパティ』を開くと、どこにあるかがわかります。


Windwos Liveメールへのリストア(復元)

[メッセージのインポート]


インポートする形式を選択します。
Windwos Liveメールでは、Windwosメール・Outlook Expressのメッセージデータのインポートもできます。



インポートするフォルダを選択します。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Deprecatedの修正例(POSIX)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る