Macでスリープにしても勝手に解除される

Macは電源ボタンを押すと、スリープに出来る機能があります。
しかしスリープにしても10〜15秒で自動的にスリープが解除され手しまう現象が発生する。

これは外部の信号によってスリープが解除されている状態です。
USBなどの外部機器をはずしても解消されない場合は、ネットワーク、Bluetoothによるものと考えられます。
LANケーブルをはずして、BluetoothをOffにしてみましょう。

それでも解決できない場合は、AirMacをオフにします。
多くの原因が実はこのAirMacによるものです。

MacをwifiにつないでいなくてもAirMacは無線電波を飛ばして外部と交信をしています。
「ネットワークアクセスによってスリープを解除」をオフにしていてもこの現象は発生するようです。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Subversion(SVN)でファイルのコミットを除外する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る