$security_settingsクラス変数 セキュリティ設定の指定や、オーバーライドの指定

$security が有効な場合に、これらを使用してセキュリティ設定の指定やオーバーライドを行います。
以下のような設定があります。

boolean
設定値説明
PHP_HANDLINGbooleanTRUE の場合は、セキュリティのための $php_handling のチェックを行いません。
IF_FUNCS配列{if} ステートメントで使用できる PHP 関数の名前を指定します。
INCLUDE_ANYboolean TRUE の場合は $secure_dir のリストの内容にかかわらず、ファイルシステムからテンプレートを インクルード できます。
PHP_TAGSbooleanTRUE の場合は、テンプレート内で {php}{/php} タグが使用できるようになります。
MODIFIER_FUNCS配列TRUE の場合は、テンプレート内で {$smarty.const.FOO} のようにして定数を使用することができます。
ALLOW_CONSTANTSbooleanTRUE の場合は、テンプレート内で {php}{/php} タグが使用できるようになります。
PHP_TAGSbooleanTRUE の場合は、テンプレート内で {php}{/php} タグが使用できるようになります。
PHP_TAGSbooleanTRUE の場合は、テンプレート内で {php}{/php} タグが使用できるようになります。

デフォルト

$security_settings  = array(
                            'PHP_HANDLING'    => false,
                            'IF_FUNCS'        => array('array', 'list',
                                                       'isset', 'empty',
                                                       'count', 'sizeof',
                                                       'in_array', 'is_array',
                                                       'true', 'false', 'null'),
                            'INCLUDE_ANY'     => false,
                            'PHP_TAGS'        => false,
                            'MODIFIER_FUNCS'  => array('count'),
                            'ALLOW_CONSTANTS'  => false
                           );

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Twiiterのロゴに使用されているフォント(ただし e 以外)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る