SeaHouse (Sleipnir拡張機能)

Sleipnirと拡張機能(SeaHouseとUserAction Extension)のインストール
まず、Sleipnirと拡張機能がインストールされていない場合は公式ページ

「カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。」

(http://www.fenrir.co.jp/sleipnir/)

からダウンロードしてインストール。

Sleipnirをインストールした後にUserAction Extention*1をインストール。その後にSeaHorse*2をインストールという順です。

SeaHouse用のスクリプトUser Style Sheetをインストール
SeaHouse用のスクリプトUser Style Sheetを

「スクリプト|Sleipnir Unofficial Extensions Center」

(http://w5.abcoroti.com/~suec/script/)

からダウンロード。解凍後は付属のReadmeに従って

(Sleipnirインストールディレクトリ)/plugins/seahorse/ へ以下の3つのファイルをコピー
userStyleSheet.js
userStyleSheetConfig.js
userStyleSheet.css
(Sleipnirインストールディレクトリ)/plugins/seahorse/ にuserStyleSheetフォルダを作成
(Sleipnirインストールディレクトリ)/plugins/scripts/ へ以下のファイルをコピー
ToggleUserStyleSheet.js
とすればよい。最期のToggleUserStyleSheet.jsはマウスゼスチャやショートカットでユーザスタイルシートを適応するかどうかに使うものなのでオプションですが。

ユーザスタイルシートの利用
Sleipnirのメニューの「ツール」→「Sleipnir オプション」を選択
開いたウィンドウで「拡張機能」→「SeaHorse」を選択
「再読み込み」を選択してスクリプトを再読み
アドレスバーに「about:cssconfig」と打ち込む
ページに入力画面が表示されるので「URL」に「http://mixi.*」と入力し「CSS」のプルダウンメニューで「新規作成」を選択して、IEのときと同じCSSをコピペしてOKを押す
入力画面の「URL」の右側にある「追加」をクリック
で、FirefoxでStylishを使っているのと同じように表示を操作できます。2回目以降はアドレスバーにabout:cssconfigと打ち込んで随時追加していけばできます。

http://www.google.com/webhp*

body {
background-color:#f00;
}

input {
background-color:#f00;
}

div {
background-color:#f00;
}

.pgtabside {
visibility:hidden;
}

.pgtabselected,.pgtab{
 background:none;
}
a:hover.pgtab{
 background:none !important;
background-color:#900;
}

div a{
background:none;
}

center div div {
display:none;
background:none;
top:0 !important;
left:0px !important;
}
center div{
background:none !important;
}

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

&& 演算子

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る