Linux・WindowsでMTUを変更する方法(ジャンボフレーム)

ネットワークでデータを転送する際は、MTUで定義されたバイト数でデータが分割され転送されます。
MTUの規定値はだいたい1500Bとなっています。

大きなファイルを転送するときなど、データを分割する区切りを大きくすることで分割するロスを少なくし高速にデータを転送することができます。
またルータなどのMTUと合っていないと変換ロスが発生します。

MTUを1500以上のジャンボフレームを使用するには、ネットワーク経路の全ての機器がジャンボフレームに対応していてかつMTUの設定が正しくされている必要があります。

LinuxでMTUを変更する方法
WindowsでMTUを変更する方法
[参考記事] 10GbEのLANカードで、速度が遅いときの設定方法(ジャンボフレーム・ジャンボパケット)

10Gbps対応のLANカード

全ポートが10Gbps対応のLANハブ

LinuxでMTUを変更する方法

現在のMTU値とデバイス名を調べる

$ ip link show | grep mtu
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
2: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP mode DEFAULT group default qlen 1000

MTUを変更します。

# ip link set enp1s0 mtu 9000

このコマンドでは一時的に変更されるだけで、再起動すると元の値に戻ります。

再起動後もMTUを恒久的に変更するには設定ファイルにMTUを記述します。

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp1s0

MTU=9000

現在のネットワークの状態を確認するのは下記のコマンドです。

$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 9000 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:ff:ee:dd:09:a0 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.2/24 brd 192.168.1.255 scope global noprefixroute enp1s0
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 2222:aa:aaa:6500:ccc:aaaa:9999:7777/64 scope global dynamic noprefixroute 
       valid_lft 8828sec preferred_lft 8828sec
    inet6 3333::cccc:bbbb:cccc:5555/64 scope link noprefixroute 
       valid_lft forever preferred_lft forever

WindowsでMTUを変更する方法

WindowsではNICのドライバが対応していないとMTUを1500より大きい値にすることはできません。

コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。

現在のMTU値とデバイスIDを調べる

> netsh interface ipv4 show interface

Idx     Met         MTU          状態                 名前
---  ----------  ----------  ------------  ---------------------------
  1          75  4294967295  connected     Loopback Pseudo-Interface 1
 23           5        1500  connected     イーサネット
 13          35        1500  disconnected  Wi-Fi

MTUを変更します。

> netsh interface ipv4 set interface 23 mtu=9000
OK

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

フロートが常に直前のフロートの下辺より下に配置されてしまう

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る