RAIDの種類

[参考記事] ソフトウエアRAIDでストレージを構築しマウントする方法 ディスクの高速化・冗長化
[参考記事] WindowsでソフトウエアRAIDを構築する方法

レベル0ストライピングディスクの結合
レベル1ディスクミラーリングデータの二重化
レベル2ストライピング(ハミングコード)データ本体とエラー修正用の分割
レベル3ストライピング(パリティコード)データをバイト単位で分割し、エラー訂正コード(パリティコード)を作成
レベル4独立R/Wアクセス(パリティディスク固定)データをブロック単位で分割し、エラー訂正コード(パリティコード)を単一のディスクに作成
レベル5独立R/Wアクセス(パリティディスク分散)データをブロック単位で分割し、エラー訂正コード(パリティコード)をディスクに分散して作成
レベル6独立R/Wアクセス(パリティディスク分散)データをブロック単位で分割し、2つのエラー訂正コード(パリティコード)をディスクに分散して作成
レベル0+1ストライピングミラーリング結合して二重化
レベル1+0ミラーリングストライピング二重化して結合

RAID0は、1つのデータを複数のディクスに分割して書き込むので高速化します。
RAID1は、複数のディクスに同一のデータを書き込むので冗長化されます。
RAID5は、1つのデータとエラー訂正コードを複数のディクスに分割して書き込むので冗長化され高速化します。
RAID6は、RAID5のエラー訂正コードを2つのディクスに書き込むのでRAID5がさらに冗長化されます。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

EC-CUBEのダウンロードページ(過去のバージョン)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る