各ストレージの速度一覧 規格速度や実効速度(HDD/SSD/M2/NVMe/USBメモリ)

おおよその測定速度比較
接続規格の最大転送速度と実効転送速度

[参考記事] CPUやストレージの温度を調べる方法(CPU HDD SSD NVMe)
[参考記事] ストレージの型番やシリアルを確認する方法(HDD SSD NVMe)

おおよその測定速度比較

ストレージ種類 読出し速度 書き込み速度 メリット デメリット
HDD 7,200rpm 140〜220MB/秒 130〜210MB/秒 安い 大きい
うるさい
HDD 5,400rpm 60〜160MB/秒 60〜150MB/秒
SSD SATA 530〜560MB/秒 500〜530MB/秒 HDDと規格が同じ 高い
SSD M.2 2280 SATA 530〜560MB/秒 500〜530MB/秒 小さい
SSD M.2 2280 NVMe 低速 1800〜2400MB/秒 1200〜1750MB/秒
SSD M.2 2280 NVMe 高速 7000MB/秒 5300MB/秒 高温
USB2.0メモリ 20〜60MB/秒 20〜50MB/秒
USB3.0メモリ 80〜380MB/秒 70〜360MB/秒

接続規格の最大転送速度と実効転送速度

bpsはビット/秒です。
1 Byte(バイト) = 8 bit(ビット)

SATAなどの実効転送速度は誤り訂正符号などを付与するため、1バイトの転送に10ビット使用し(8B/10B符号)、最大転送速度の8/10になります。
PCI Express Gen3では、128B/130B符号化を採用しているため、実効転
送速度がほぼ最大転送速度になります。

実効転送速度の計算例
SATA3
6.0Gbps(ビット/秒) × (8B/10B) ÷ 8bit = 600MB/秒

PCIe3.0
32Gbps(ビット/秒) × (128B/130B) ÷ 8bit = 3.9384GB/秒

規格種類 最大転送速度 実効転送速度 備考
IDE(ATA/ATAPI) 1.0Gbps 133.3MB/秒
SATA1 1.5Gbps 150MB/秒
SATA2 3.0Gbps 300MB/秒
SATA3 6.0Gbps 600MB/秒
PCIe3.0(NVMe) 32Gbps 3.94GB/秒
USB1.0 12Mbps Type-A
Type-B
USB2.0 480Mbps 40MB/秒程度
USB3.0 5Gbps 600〜1,100MB/秒程度
USB3.1(Gen1) 5Gbps
USB3.1(Gen2) 10Gbps Type-A
Type-B
Type-C
USB3.2 20Gbps Type-C

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

絶対配置/固定配置/フロート状態のリストアイテム要素のリストマーカーが消える

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る