SELinuxを無効にする方法

[参考記事] SELINUXのpermissiveとdisableの違い

一時的に無効にするには、次のコマンドです。

# setenforce 0

逆に有効に戻すには、次のコマンドです。

# setenforce 1

再起動しても恒久的に無効にするには、設定ファイルを編集します。

# vi /etc/selinux/config

SELINUX=disabled

他のサイトでは、/etc/sysconfig/selinuxを編集するという記事がありますが、/etc/sysconfig/selinuxは/etc/selinux/configのシンボリックリンクです。

現在の状態を確認するには、getenforceコマンドです。

有効になっている場合は、Enforcing

$ getenforce
Enforcing

無効になっている場合は、PermissiveまたはDisabled
[参考記事] SELINUXのpermissiveとdisableの違い

$ getenforce
Permissive
$ getenforce
Disabled

Disabledの状態から、setenforce 1で有効にすることはできません。
設定ファイルでpermissiveにしてから、ログなどで動作を確認し有効にするのが正しい手順です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

プラグインvagrant-vbguestを使うときの注意点

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る